385件中 111 - 120件表示
  • フォード・トランジット コネクト

    フォード・トランジット コネクトから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    後の同年のジュネーヴ・モーターショーでフォード社は、トランジット コネクトと類似の乗用バンであるフォード・トルネオ コネクト(Ford Tourneo Connect)のバッテリー駆動版試作車を披露した。フォード社は、元々スミス・エレクトリック・ヴィークル社(Smith Electric Vehicles)がこの車に電動駆動系とリチウムイオン二次電池パックを搭載したと発表したが、後にジョンソンコントロールズ社をバッテリーの供給者とするアジュール・ダイナミクス社を共同事業者とした。フォード・トランジット コネクト フレッシュアイペディアより)

  • MiEV

    MiEVから見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    MiEV(ミーブ、Mitsubishi innovative Electric Vehicle:ミツビシ・イノヴェイティヴ・エレクトリック・ヴィークル)とは三菱自動車工業が開発したリチウムイオン電池、駆動モーターを搭載した次世代電気自動車技術の総称。MiEV フレッシュアイペディアより)

  • インベンテック開発

    インベンテック開発から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    バッテリー持続時間が公称1時間強であり、モバイル用途はあまり考慮されていない。インベンテック開発 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ・PAS

    ヤマハ・PASから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    モデルチェンジを繰り返すたびにモーターの小型化やリチウムイオン電池の採用、それら自体及びそれを支える車体の軽量化により航続距離は増大。2010年代にはアシスト機能を働かせたまま100km以上走行可能な機種も投入されている。また、三輪車や三人乗り(子供乗せ自転車)仕様などのバリエーションも増えている。また、スポーツモデルの開発・販売も行われており、2000年シドニーオリンピックではケイリン競技の先導車に特別仕様車(ケイリンパス)が採用されている。ヤマハ・PAS フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・ユニカブ

    ホンダ・ユニカブから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    ユニカブは、大きさ 510 x 315 x 620 mm で、重さ 25 kg、リチウムイオン電池で駆動し、最高速度 6km/h で、走行距離 6km である。体重を支える大口径車輪で前に進み、後部に横置きされた旋回用車輪で左右に旋回する二輪構成である。大口径車輪の接地部分は横移動用の小型ローラーの集合体となっており、これと旋回用車輪を合わせて真横への移動も可能となっている。座面の高さは 620mm で、畳まれたフットレストは、広げて延ばすと支持スタンドとなる。発売予定はまだ発表されておらず、ホンダは、その潜在的な活用法や、価格設定に応じた需要、デザインの改良などの検討を継続している。ユニカブ・プロジェクトは、ホンダのロボット技術を披露するものであり、実際に市場に供給する前に現実世界の様々な局面で試走を重ねることが予定されている。ホンダ・ユニカブ フレッシュアイペディアより)

  • アルゴンヌ国立研究所

    アルゴンヌ国立研究所から見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    原子力の父と言われるエンリコ・フェルミを中心とした研究チームが1942年に世界最初の制御核分裂連鎖反応を成功させたシカゴ大学(The University of Chicago)冶金研究所を母体として原子力の平和利用を研究する目的で1946年に設立された。その後原子力以外にも研究対象を広げ、現在は研究者約1,000名(うち4分の3は博士号を有する)を擁するアメリカ屈指の研究施設となった。現在は電気自動車(電池自動車)の普及に必要なリチウムイオン電池の、米国内での生産に向けた研究開発に注力している。アルゴンヌ国立研究所 フレッシュアイペディアより)

  • ゼロスポーツ

    ゼロスポーツから見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    6月 - リチウムイオン電池搭載のエレクシードRSを発表。ゼロスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 泥漿

    泥漿から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    二次電池 - 充電池のうち、リチウムイオン二次電池やニッケル・カドミウム蓄電池に用いられる高分子ポリマーなどゲル状の電解液をスラリーと呼ぶ。泥漿 フレッシュアイペディアより)

  • ニコン・COOLPIX

    ニコン・COOLPIXから見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    現在(2007年)のところ、ニコンがCOOLPIX用として供給する電池は、EN-ELで始まる型番のリチウムイオン二次電池と、EN-MH1-B2の単三型ニッケル水素二次電池のみ。100や900など、単三型電池を四本必要とする機種もあるが、MH-70/MH-71は一度に二本しか充電できない(もともとE100やE900発売時には、ニコンはニッケル水素電池を供給していない)。ニコン・COOLPIX フレッシュアイペディアより)

  • オリンパス E-3

    オリンパス E-3から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    このE-3は安全基準を満たすため、電源としてリチウムイオン二次電池の代わりに単3乾電池とバッテリーホルダーの組み合わせが用いられている。また、レンズキャップは特別製の透明なものに変更されている。レンズはZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5 および ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDが選択されている。オリンパス E-3 フレッシュアイペディアより)

385件中 111 - 120件表示

「リチウムイオン電池」のニューストピックワード