385件中 121 - 130件表示
  • トリフルオロメタンスルホン酸塩

    トリフルオロメタンスルホン酸塩から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    トリフルオロメタンスルホン酸リチウムは、リチウムイオン二次電池の電解質として使用されることがある。トリフルオロメタンスルホン酸塩 フレッシュアイペディアより)

  • トリフルオロメタンスルホナート

    トリフルオロメタンスルホナートから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    トリフルオロメタンスルホン酸リチウムは、リチウムイオン二次電池の電解質として使用されることがある。トリフルオロメタンスルホナート フレッシュアイペディアより)

  • マイクロマウス

    マイクロマウスから見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    ニッケル水素電池またはリチウムイオン電池(他のロボット競技では使用不可の場合もあるが、マイクロマウスでは使用可能)が主流である。マイクロマウス フレッシュアイペディアより)

  • 空気マグネシウム電池

    空気マグネシウム電池から見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    2012年12月11日、東北大学未来科学技術共同研究センター(小濱泰昭教授ら)と古河電池、産業技術総合研究所などのグループがマグネシウム電池搭載の3輪電気自動車(EV)の走行実験を福島県のいわき市?仙台市間、走行距離は約100キロで行い、平均時速50?55キロで走行し完走した。ただ、このときの走行はリチウムイオン電池で行われており、マグネシウム電池はリチウムイオン電池を充電しただけであるとの一部報道もあるが事実は不明である。空気マグネシウム電池 フレッシュアイペディアより)

  • 電気ドリル

    電気ドリルから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    コードレスドリル(cordless drill)の開発は、1961年、ブラック・アンド・デッカー社が世界で初めて成功した。充電式の二次電池(バッテリー)を使用した電気ドリルの事。充電ドリルとも言う。電池のボルト(V)が大きい方が力強い。12V,14.4V、充電時間も短時間(15分程度)から30分程度が主流である。リチウムイオン電池を最初にコードレスドリルに採用したのは、アメリカのミルウォーキー(Milwaukee)である。電気ドリル フレッシュアイペディアより)

  • 電気用品安全法

    電気用品安全法から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    これまで電安法の対象となっていたのは、主として商用電源を直接用いる機器に限られていたが、近年発生したリチウムイオン二次電池による事故等を受け、2007年の法改正に合わせ一部の蓄電池も規制の対象となった。電気用品安全法 フレッシュアイペディアより)

  • プジョー・908

    プジョー・908から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    当初は2012年もル・マン24時間、そして同年より復活するFIA 世界耐久選手権への参戦が予定されていたものの、2012年1月にプジョー本社が耐久レース活動全般の打ち切りを決定したことに伴い活動を終了した。リチウムイオンバッテリーを搭載するディーゼルハイブリッドカー908 HYbrid4での参戦を計画し、2011年11月にはテスト走行を行っていたが、実戦投入を前にお蔵入りすることになった。プジョー・908 フレッシュアイペディアより)

  • 溶融塩

    溶融塩から見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン電池は正極(プラス極)がリチウム含有金属酸化物、負極(マイナス極)が炭素系材料で非水系の電解質を用いた二次電池である。2010年時点で電解質として有機溶媒などが使用されている。これを自動車用電池として用いた場合、自動車事故に際し電池が発火する事が危惧されている。イオン液体は難燃性が高い事からそれらに替わる電解質として用いる自動車用の安全なリチウムイオン電池の開発がなされている。溶融塩 フレッシュアイペディアより)

  • Brain (電子辞書)

    Brain (電子辞書)から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    新機能として、間違って覚えやすい言葉や複数の読み方がある言葉を調べる際、調べたい言葉の候補が表示されて内容を確認して調べる「あいまいチェック」、日本語・英語対応の音声入力機能、内蔵辞書から用途に応じて複数の辞書を指定して検索できる「一括検索選択モード」を搭載。一方で、SA1に搭載されていた「お気に入りツール」は非搭載となった。既採用の「パワーボディ(アルミ合金フレーム+バスタブ構造)」はアルミ合金フレームの強度をSH1比で30%向上。また、リチウムイオン電池の性能向上により、使用時間がSA1比約40%アップの約70時間となった。収録コンテンツ数・動画コンテンツ数はSA1と同じである。本体カラーはSA1から継続設定のブラックとホワイトに加え、生活・教養モデルではA7200以来となるピンクが再設定された。Brain (電子辞書) フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙服衛星

    宇宙服衛星から見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    ところが地球を2周回程したところでリチウムイオン電池が低温で凍結し、送信出力が極端に低下。その後、機器からの発熱で宇宙服内が熱平衡状態に達し、微弱ながらも自動的に送信を再開した。当初予定では地上から軽便な無線機でも受信できるはずだったが、衛星通信やEME用の本格的な設備においても好条件が揃わないと受信できない珍局になってしまった。2月5日からはARISS(Amateur Radio station on ISS, NA1SS)基地局が 437.80MHz FM 10W でクロスバンドレピータ中継を急遽実施したが、受信状態はほとんど改善されなかった。宇宙服衛星 フレッシュアイペディアより)

385件中 121 - 130件表示

「リチウムイオン電池」のニューストピックワード