385件中 131 - 140件表示
  • リン酸鉄(III)

    リン酸鉄(III)から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    リン酸鉄(III)(リンさんてつ、英Iron(III) phosphateもしくはferric orthophosphate)は鉄のリン酸塩の一種で、組成式がFePO4で表される無機化合物である。リン酸第二鉄とも呼ばれる。有機農業において、ナメクジやカタツムリの駆除に用いられるが、従来使われていたメタアルデヒドに比べ、ペットや野生動物に対する毒性は低い。リン酸鉄リチウムイオン電池の正極に使われるリン酸鉄リチウムの原料ともなる。五水和物の形で市販されている。リン酸鉄(III) フレッシュアイペディアより)

  • 炭酸リチウム

    炭酸リチウムから見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    炭酸リチウムは工業的に重要な化合物である。シリカや他の材料とともに低溶融剤を形成し、炭酸リチウムに由来するガラス製品は耐熱容器として役立つ。炭酸リチウムから作られたセメントは、より早くタイルを接着される。三フッ化アルミニウムに付加するとアルミニウムの処理にとって上質な電解質であるフッ化リチウムを形成する。また、大部分のリチウムイオン電池の正極活物質の製造に使われるが、これはコバルト酸リチウム LiCoO2 でできている。炭酸リチウム フレッシュアイペディアより)

  • 硫化リチウム

    硫化リチウムから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池に使用される。硫化リチウム フレッシュアイペディアより)

  • F-Cell

    F-Cellから見たリチウムイオンバッテリーリチウムイオン二次電池

    2010年にはBクラスを改造したF-Cellがリリースされた。100kWの電動モーターを備え、最大航続距離は約400km、0-100km/hの加速に要する時間は11.40秒だった。1.4 kWhの容量のリチウムイオンバッテリーは、燃料電池スタックや水素タンクとともに、2重床のサンドイッチフロア構造を利用して床下に設置される。F-Cell フレッシュアイペディアより)

  • 液体窒素エンジン

    液体窒素エンジンから見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    液体窒素エンジンはランキンサイクルの一種で液体窒素が気化時に膨張する時の膨張エネルギーを利用する。液体窒素は−196 ℃の低温でエネルギーを蓄積する媒体として利用できる。液体窒素の用途は従来は冷媒としての用途が主だったが、蒸発時には体積が694倍に膨張するのでこれを利用する。アメリカのワシントン大学のヘルツベルグが考案した。液体窒素のエネルギー密度は97W?h/kgでリチウムイオン電池の100-250 W?h/kgよりは劣るものの、製造には高度な技術を必要としないのでコストを低減可能で、充填回数によって劣化が少ないので長寿命とされる。液体窒素エンジン フレッシュアイペディアより)

  • メルセデス・ベンツ・SLS AMG

    メルセデス・ベンツ・SLS AMGから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    SLS AMGの構造をほぼそのまま流用した電気自動車。2010年7月に発表された。2013年に市販化が計画されている。リチウムイオン二次電池と、4つの車輪それぞれに直結したモーターを搭載し、ガソリンエンジンのSLS AMGに近い性能を発揮する。メルセデス・ベンツ・SLS AMG フレッシュアイペディアより)

  • 内部抵抗

    内部抵抗から見たリチウムイオン充電池リチウムイオン二次電池

    電池の内部抵抗は、その種類によっておおきく異なる。ニッケルカドミウム蓄電池、ニッケル水素充電池、リチウムイオン充電池などは、アルカリ電池などと比較して内部抵抗の小さい電池として知られており、大電流でも出力電圧が落ちにくく、高出力を必要とする電気工作機械の電源などに良く用いられている。燃料電池や太陽電池(厳密には電池ではなく半導体光電変換装置)は内部抵抗が大きい。内部抵抗 フレッシュアイペディアより)

  • 日立ビークルエナジー

    日立ビークルエナジーから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    日立ビークルエナジー株式会社はハイブリッド自動車などの車載用リチウムイオン電池のマーケティングおよび開発、製造を主に行う日立グループ3社(日立製作所、新神戸電機、日立マクセルエナジー)による合弁会社である。日立グループでは2000年に世界初となる自動車用リチウムイオン電池の開発に成功。同年より生産を開始し、これまでにハイブリッド自動車向けなどで200万セル以上の市場実績を持つ。日立ビークルエナジー フレッシュアイペディアより)

  • 五塩化リン

    五塩化リンから見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    ヘキサフルオロリン酸リチウム LiPF6 の前駆体であり、リチウムイオン電池の電解質に用いられる。五塩化リン フレッシュアイペディアより)

  • マグネシウム硫黄二次電池

    マグネシウム硫黄二次電池から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    このマグネシウム硫黄二次電池は、マグネシウムが負極にあることで充電され、マグネシウムイオンが正極と反応することで放電される。マグネシウムイオンはリチウムイオンと大きさはほぼ同じだが、1価のリチウムイオンとは違い、2価のイオンを運び、貯蔵することが出来るので、エネルギー密度を大きく高めることが出来る。エネルギー密度は、従来のリチウムイオン二次電池の約6 - 7倍と高く、マグネシウムは豊富で安価な資源であり、硫黄も石油精製時に生じる副産物なので、資源を有効活用できるという利点もある。マグネシウム硫黄二次電池 フレッシュアイペディアより)

385件中 131 - 140件表示

「リチウムイオン電池」のニューストピックワード