111件中 21 - 30件表示
  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たファビオ・カペッロ

    クライフ監督時代のドリームチームの影響が強く、FCバルセロナを筆頭に他国リーグと比べ、単に勝つだけでなく観ていて面白い内容のサッカーをすることを求められる傾向が強い。このため、レアル・マドリードのファビオ・カペッロ監督は、2回のリーグ優勝を果たしたにもかかわらずその試合内容があまりにもつまらないとされ、サポーターから激しい批判を浴び、2度解任されるという事態が起こった。同様にバルセロナでも、ルイス・ファン・ハール監督は優勝したにもかかわらず、カタルーニャ人を使わずオランダ人を多く使い、サッカーも単調な内容だったことで地元ファンからは嫌われていた。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たバレンシアCF

    1961年から1980年まではレアル・マドリードがプリメーラ・ディビシオンを支配し、この期間だけで14回も優勝した。1960-61シーズンから1964-65シーズンまで5連覇を達成し、その他にも2回の3連覇(1966-67シーズンから1968-69シーズン、1977-78シーズンから1979-80シーズン)を果たした。アトレティコ・マドリードも1965-66シーズン、1969-70シーズン、1972-73シーズン、1976-77シーズンの4回優勝したが、その他のクラブではバレンシアCFが1970-71シーズンに、ヨハン・クライフを擁したバルセロナが1973-74シーズンにマドリード勢の牙城を崩すのみに終わった。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たUEFAヨーロッパリーグ

    エクトル・クーペル監督に率いられたバレンシアCFは1999-2000シーズンと2000-01シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで準優勝した。後任のラファエル・ベニテス監督は2001-02シーズンにリーグ優勝し、2003-04シーズンには国内リーグとUEFAカップの2冠に導いた。国内外でバレンシアとタイトルを争ったのがレアル・マドリードであり、2000-01シーズンと2002-03シーズンにリーグ優勝し、1999-2000シーズンと2001-02シーズンにUEFAチャンピオンズリーグで優勝。1999-2000シーズンのUEFAチャンピオンズリーグはスペイン勢同士の決勝となった。2001-02シーズンは決勝でバイエル・レバークーゼン(ドイツ)と対戦し、グラスゴーのハムデン・パークでジネディーヌ・ジダンが決勝点を決めた。2000年代前半から中盤にかけてのレアル・マドリードはロス・ガラクティコスと呼ばれ、ルイス・フィーゴ、ジダン、ロナウド、デビッド・ベッカムなどのスター選手が在籍した。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たレアル・ソシエダ

    各クラブが地域と非常に密着している。その最たるものはバスク州の名門アスレティック・ビルバオで、このクラブは地元バスク人のみで構成されている。また、自然と各試合は街を挙げた対抗戦となるので、ワールドカップ並の注目を集めるエル・クラシコや世界一激しいことで有名なアンダルシアダービー(レアル・ベティス対セビージャFC)など大きなダービーマッチも多い。またバスク地方の人々の結束力の強さ故に、バスクダービー(アスレティック・ビルバオ対レアル・ソシエダ)の試合は互いのサポーターが肩を組んで応援するという珍しい光景を見ることが出来る。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たサンタンデール銀行

    リーガ・エスパニョーラ (') は、プリメーラ・ディビシオン、セグンダ・ディビシオンからなるスペインのプロサッカーリーグである。スペインではラ・リーガ (La Liga) と呼ばれる。2016年7月サンタンデール銀行 (Banco Santander) と2016-17シーズンから3年6千万ユーロでスポンサー契約を結び、プリメーラ・ディビシオンをラ・リーガ サンタンデール (La Liga Santander) 、セグンダ・ディビシオンをラ・リーガ ウン・ドス・トレス' (La Liga 1|2|3) と呼称する。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たヨハン・クライフ

    1961年から1980年まではレアル・マドリードがプリメーラ・ディビシオンを支配し、この期間だけで14回も優勝した。1960-61シーズンから1964-65シーズンまで5連覇を達成し、その他にも2回の3連覇(1966-67シーズンから1968-69シーズン、1977-78シーズンから1979-80シーズン)を果たした。アトレティコ・マドリードも1965-66シーズン、1969-70シーズン、1972-73シーズン、1976-77シーズンの4回優勝したが、その他のクラブではバレンシアCFが1970-71シーズンに、ヨハン・クライフを擁したバルセロナが1973-74シーズンにマドリード勢の牙城を崩すのみに終わった。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たジョゼップ・グアルディオラ

    1988年にはヨハン・クライフがバルセロナ監督に就任し、1990-91シーズンにはエル・ドリーム・チームと呼ばれるチームで3年ぶりの優勝を飾った。1991-92シーズンのUEFAチャンピオンズカップでは決勝に進出し、ロンドンのウェンブリー・スタジアムで行なわれた決勝ではUCサンプドリア(イタリア)を破って初優勝を飾った。国内リーグでは1993-94シーズンまで4連覇を達成した。クライフ監督は在任中に国内外で10個のタイトルを獲得し、ひとりの監督によるタイトル数のスペイン記録を作った。エル・ドリーム・チームはジョゼップ・グアルディオラ、ロナルト・クーマン、ミカエル・ラウドルップ、ロマーリオ、フリスト・ストイチコフなどで構成された。1984年から1996年にかけて、リーガのトロフィーは2強が独占した。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たUEFAチャンピオンズリーグ

    1950年代はFCバルセロナとレアル・マドリードの2強のリーグ支配が開始された時代だった。1930年代から1950年代には外国人選手数に厳しい制限が課せられ、ほとんどの期間は外国人選手の登録は3人までに限られた。しかし1950年代、2強はルールの穴を突いてアルフレッド・ディ・ステファノ、フェレンツ・プスカシュ、ラディスラオ・クバラなど外国出身スター選手を出場させた。クバラに率いられたバルセロナは1951-52シーズンと1952-53シーズンに2連覇し、ディ・ステファノやプシュカーシュ、フランシスコ・ヘントなどが核となったレアル・マドリードは1950年代後半のリーグを支配した。1953-54シーズンと1954-55シーズンに2連覇し、1955-56シーズンはアスレティック・ビルバオが間隙を突いたが、1956-57シーズンと1957-58シーズンにもレアル・マドリードが優勝した。またこの時代のレアル・マドリードはUEFAチャンピオンズカップで5連覇を達成した。エレーラ監督に率いられたバルセロナは、ルイス・スアレスを擁して1958-59シーズンと1959-60シーズンに2連覇し、スアレスはスペイン人として初めてバロンドールを受賞した。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たレアル・ベティス

    各クラブが地域と非常に密着している。その最たるものはバスク州の名門アスレティック・ビルバオで、このクラブは地元バスク人のみで構成されている。また、自然と各試合は街を挙げた対抗戦となるので、ワールドカップ並の注目を集めるエル・クラシコや世界一激しいことで有名なアンダルシアダービー(レアル・ベティス対セビージャFC)など大きなダービーマッチも多い。またバスク地方の人々の結束力の強さ故に、バスクダービー(アスレティック・ビルバオ対レアル・ソシエダ)の試合は互いのサポーターが肩を組んで応援するという珍しい光景を見ることが出来る。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たエクトル・クーペル

    エクトル・クーペル監督に率いられたバレンシアCFは1999-2000シーズンと2000-01シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで準優勝した。後任のラファエル・ベニテス監督は2001-02シーズンにリーグ優勝し、2003-04シーズンには国内リーグとUEFAカップの2冠に導いた。国内外でバレンシアとタイトルを争ったのがレアル・マドリードであり、2000-01シーズンと2002-03シーズンにリーグ優勝し、1999-2000シーズンと2001-02シーズンにUEFAチャンピオンズリーグで優勝。1999-2000シーズンのUEFAチャンピオンズリーグはスペイン勢同士の決勝となった。2001-02シーズンは決勝でバイエル・レバークーゼン(ドイツ)と対戦し、グラスゴーのハムデン・パークでジネディーヌ・ジダンが決勝点を決めた。2000年代前半から中盤にかけてのレアル・マドリードはロス・ガラクティコスと呼ばれ、ルイス・フィーゴ、ジダン、ロナウド、デビッド・ベッカムなどのスター選手が在籍した。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

111件中 21 - 30件表示

「リーガエスパニョーラ」のニューストピックワード