174件中 111 - 120件表示
  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たサッカータイ王国代表

    フェラーの後任として監督に就任したユルゲン・クリンスマンの下でも引き続き代表メンバーに招集され、同年12月21日に行われたタイ代表戦で初得点を記録。2005年6月に行われたFIFAコンフェデレーションズカップ2005の代表メンバーに選出されると、4試合に出場し3得点をあげる活躍を見せ同国の3位入賞に貢献した。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たUEFA EURO 2012

    2012年5月、ポーランドとウクライナで共同開催されるUEFA EURO 2012の代表メンバーに選出されると、グループリーグ3試合に先発出場し最終戦のデンマーク代表戦では国際Aマッチ100試合出場を達成。デンマーク戦では19分にミュラーからゴメスへとつないだボールに素早く反応し先制点を挙げる活躍を見せた。一方で準々決勝のギリシャ代表戦では若手選手のアンドレ・シュールレが左サイドのポジションで起用されたため出場機会はなく、準決勝のイタリア代表戦では先発メンバーに復帰したものの45分間の出場のみでマルコ・ロイスと交代、試合も1-2で敗れた。優勝候補と目されながら準決勝敗退という結果に終わり、ポドルスキ自身も周囲の期待に反するパフォーマンスに終わったことから、代表OBのトーマス・ドルは「準決勝の舞台では最良の人選を行わなければならない。イタリア戦では勝者のメンタリティを欠いていた」とレーヴの起用法を批判し、同じく代表OBのトーマス・ヘルマーは「ポドルスキは準々決勝のギリシャ戦を欠場したにもかかわらず、イタリア戦では変化がなかった。全く理解ができない」と批判した。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見た2010 FIFAワールドカップ

    2010年に南アフリカ共和国で行われる本大会の代表メンバーに選出。グループリーグ初戦のオーストラリア代表戦では8分に、右サイドからペナルティエリア内に侵入したトーマス・ミュラーの折り返しをクローゼがスルーしたボールを左足で決め先制点を挙げると、68分にはシュヴァインシュタイガーとのパス交換から中央を突破しミュラーの得点をアシストし4-0と勝利した。グループリーグ第2戦のセルビア代表戦では後半にメスト・エジルのアシストからの2度の決定機を外し、60分にはネマニャ・ヴィディッチがペナルティエリア内でハンドの反則を犯したことにより獲得したPKをヴラディミル・ストイコヴィッチに阻まれ0-1と敗れたが、決勝トーナメント1回戦のイングランド代表戦では32分に右サイドでのパス交換から抜け出したミュラーからの折り返しを、左サイドに開いた位置からエリア内へ走り込んだポドルスキが決め2点目の得点を挙げるなど4-1と勝利。準々決勝のアルゼンチン代表戦では68分にミュラーのポストプレーから左サイドのペナルティエリア内に侵入、中央に位置するクローゼの得点をアシストするなど4-0と勝利。準決勝のスペイン戦にも出場したが0-1と敗れ、3位決定戦のウルグアイ代表戦は風邪の影響もあり出場機会はなかった。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見た喜劇

    2006年、(WDR)傘下の若者向けラジオ放送局「」は『ルーカス日記』()と題した架空のコメディを発表した。ポドルスキは番組の内容が名誉棄損にあたると主張し弁護士を通じて番組の差し止めを申請したが、WDRは番組の継続を発表。これに対してドイツサッカー連盟 (DFB) も全面的な支援を約束し、WDRに対して訴訟を起こしたが1年後の2007年に訴えを取り下げた。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たポーランド系ドイツ人

    ルーカス・ポドルスキ(, 本名 : ルーカス・ヨーゼフ・ポドルスキ, , 1985年6月4日 - )は、ドイツのサッカー選手。ポーランド・グリヴィツェ出身のポーランド系ドイツ人。Jリーグ・ヴィッセル神戸所属。元ドイツ代表。ポジションは主にフォワードを務めるが、サイドハーフやトップ下としてもプレーする。愛称はポルディ。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たプレミアリーグ

    2012年4月30日、イングランド・プレミアリーグのアーセナルFCへの移籍が発表された。移籍金は約1300万ユーロ(約13億7500万円)と推定されている。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たコンヤスポル

    2017年6月3日に行われたコンヤスポル戦が最後の試合出場となった。試合は2-1のスコアでガラタサライが勝利し、リーグ4位という成績でシーズンを終えた。ガラタサライでの主な成績はスュペル・リグ56試合出場20得点、テュルキエ・クパス9試合出場12得点、2試合出場となっている。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たドイツ

    ルーカス・ポドルスキ(, 本名 : ルーカス・ヨーゼフ・ポドルスキ, , 1985年6月4日 - )は、ドイツのサッカー選手。ポーランド・グリヴィツェ出身のポーランド系ドイツ人。Jリーグ・ヴィッセル神戸所属。元ドイツ代表。ポジションは主にフォワードを務めるが、サイドハーフやトップ下としてもプレーする。愛称はポルディ。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たUEFA U-21欧州選手権2004

    ポドルスキは2001年にU-17ドイツ代表に選出されたことを皮切りに各年代の代表に招集され、2004年にはバスティアン・シュヴァインシュタイガーらと共にU-21ドイツ代表としてUEFA U-21欧州選手権2004に出場したがグループリーグで敗退した。ポドルスキはポーランド国籍も有しているためポーランド代表としてプレーすることも可能だったが、ポーランドサッカー協会は国外に在住するポーランド国籍の選手の招集について関心を示すことはなかった。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たゴールパフォーマンス

    日常生活では人をからかうことを好み、真面目なのか不真面目なのかよくわからないタイプだという。ドイツのタブロイド紙『ビルト』が2006年にドイツ代表を特集した際には「いつも冗談を言っている人」と紹介している。ムードメーカーや、サービス精神が旺盛な人物とも評されるが、生意気な性格と見做されることもある。その一方で「私の身体の中に二つの心臓が鳴り響いている」と語るなどドイツとポーランドのどちらの立場に立つのかを明確にアピールすることはない。2008年に行われたUEFA EURO 2008ではグループリーグでポーランド代表と対戦し、ポドルスキの2得点でドイツが勝利したが得点後のゴールパフォーマンスは自粛している。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

174件中 111 - 120件表示

「ルーカス・ポドルスキ」のニューストピックワード