前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
178件中 1 - 10件表示
  • クリーブランド・キャバリアーズのチーム記録

    クリーブランド・キャバリアーズのチーム記録から見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    16,994 レブロン・ジェームズ(現役)クリーブランド・キャバリアーズのチーム記録 フレッシュアイペディアより)

  • カイリー・アービング

    カイリー・アービングから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2014年のオールスターでは、ファン投票でオールスターに選出され、イースタン・カンファレンスの先発ポイントガードとして、31得点、14アシストをあげて、MVPに選ばれた。2月28日、ユタ・ジャズ戦で21ポイント、12アシスト、10リバウンドで初のトリプルダブルを達成した。これはキャバリアーズでは2010年3月16日にレブロン・ジェームズが記録した以来の記録だった。4月15日のシャーロット・ボブキャッツ戦ではキャリアハイの44得点をあげたが、チームはオーバータイムの末、敗れた。この年、平均20.8得点、6.1アシスト、3.6リバウンド、1.5スティールをあげた。カイリー・アービング フレッシュアイペディアより)

  • コービー・ブライアント

    コービー・ブライアントから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    ジャクソン退任後の新HCには、一昨年までクリーブランド・キャバリアーズを指揮していたマイク・ブラウンが就任した。トライアングルオフェンスからの脱却に伴いメンバーの改革を図ったレイカーズは、33歳になったコービーの負担を軽減するため一流ポイントガードの補強に着手した。そして、ガソル、オドムの絡んだ三角トレードでクリス・ポール獲得に動き、チーム間で合意に達したが、正式承認直前にNBAコミッショナーのデビッド・スターンが介入し、トレードを阻止するという異例の事態が起きた。これは昨シーズン、ドウェイン・ウェイド、レブロン・ジェームズ、クリス・ボッシュの各チームでエースだった3人がマイアミ・ヒートに集結して物議を醸し出したように、一部のチームにスター選手が集中してしまうリーグの事態を懸念してのものだった。結果的にトレードは中止となったものの、選手の知らない水面下で進んでいたトレード内容が公になったことで、トレードに絡んでいたことにショックを受けた昨シーズン6thマン賞のオドムが自身を放出するようチームに要求するなど、一転して補強の計画が全て狂ったレイカーズは、昨シーズンより戦力が低下した状態で開幕を迎える事となってしまった。コービー・ブライアント フレッシュアイペディアより)

  • デリック・ローズ

    デリック・ローズから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    プレーオフではレブロン・ジェームス率いる2年連続リーグ最高勝率チームのクリーブランド・キャバリアーズと対戦。レギュラーシーズンを大きく上回る平均26.8得点7.2アシストの成績で健闘するものの、1勝4敗で敗退し2年目のシーズンを終えた。デリック・ローズ フレッシュアイペディアより)

  • ドウェイン・ウェイド

    ドウェイン・ウェイドから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    シーズン前にロサンゼルス・レイカーズから当時リーグを支配していたトップセンター、シャキール・オニールがヒートに移籍。コービー・ブライアントとともにレイカーズの黄金時代を築き上げたオニールだが、レイカーズ時代にはコービーとの不仲説が絶えなかった。オニールはウェイドの謙虚さをいたく気に入り、良好な関係を築いた2人はNBAでも屈指のデュオとなり、チームはイースタンカンファレンス1位という好成績でレギュラーシーズンを終えた。プレーオフでもヒートの快進撃は止まらず、1回戦、カンファレンスセミファイナルを全勝で制したが、カンファレンスファイナルのデトロイト・ピストンズとのシリーズでウェイドは故障してしまい、惜しくもファイナル初出場を逃した。また、レブロン・ジェームズと共にオールスターゲームに初めて選出された。ドウェイン・ウェイド フレッシュアイペディアより)

  • 2008-2009シーズンのNBA

    2008-2009シーズンのNBAから見たレブロン・ジェームスレブロン・ジェームズ

    2010年FA市場の最大の目玉となるレブロン・ジェームス獲得を狙ってニューヨーク・ニックスやニュージャージー・ネッツは多くの主力選手を放出。各球団もこぞって財務整理に勤しんだ。 ESPN.comによる2010年にFAになる選手リスト。2008-2009シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • デビン・ブッカー

    デビン・ブッカーから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2015年10月28日、19歳の誕生日を迎える直前の2015-16シーズン開幕戦のダラス・マーベリックス戦で早速公式戦初出場を果たし、14得点3アシストを記録。2016年1月2日のサクラメント・キングス戦で21得点を記録し、コービー・ブライアント、トレイシー・マグレディ、レブロン・ジェームズ、ケビン・ガーネット、ケビン・デュラント、ドワイト・ハワードらに次ぐ10代の選手が1試合19得点以上を記録した選手となった。その後もブッカーは先発に定着し、平均13.8得点を記録するなど活躍し、2015-16シーズンのNBAオールルーキーチームの1stチームに選出された。デビン・ブッカー フレッシュアイペディアより)

  • 2014-2015シーズンのNBA

    2014-2015シーズンのNBAから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    On June 23, 2014, マイアミ・ヒートがレブロン・ジェームズがフリーエージェントとなると発表。2014-2015シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • サンアントニオ・スパーズ

    サンアントニオ・スパーズから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    画像:NBA FINAL CHAMP.png画像:NBA FINAL CHAMP.png画像:NBA FINAL CHAMP.png画像:NBA FINAL CHAMP.png2006-2007シーズンのNBAは、ジノビリがシックスマンへと移向。スターター級のジノビリがベンチに控えることは相手チームにとっては脅威となり、「行き詰った試合の流れを変える」というシックスマンの仕事はうってつけであった。地味ではあるがファブリシオ・オベルト、マット・ボナーの加入も効果が現れ、7割以上の勝率でプレーオフに進出した。また、このシーズンで、10年間続けて50勝以上に相当する戦績(勝率61%以上)でプレーオフに進出した。1回戦のデンバー・ナゲッツとのシリーズ第5戦ではジノビリに替わりスターターとなったマイケル・フィンリーがスリーポイント9本のうち8本を決めるなど活躍。ナゲッツ、サンズ、ジャズを次々と下し、ウェスタンカンファレンス優勝を勝ち取った。ファイナルでは、レブロン・ジェームズ率いるイースタンカンファレンス優勝のクリーブランド・キャバリアーズを、02年のロサンゼルス・レイカーズ以来の四戦全勝で退け、2年ぶりの王座に返り咲いた。ファイナルでは、レブロン・ジェームズに、強固なディフェンダーであるブルース・ボーエンをマッチアップし、フィールドゴール成功率を35%に抑え込む一方、オフェンスでは、トニー・パーカーが独擅場とも言える働き振りを見せ、平均24.5得点5リバウンド3.3アシスト、フィールドゴール成功率は57%を記録し、ファイナルMVPを受賞した。欧州出身選手としては初受賞となった。これでスパーズは出場した4回のNBAファイナルですべて優勝を成し遂げている。また、4-0、4-1、4-2、4-3と勝利のすべてのケースを経験しており、通算16勝6敗(勝率72.7%)のファイナルに強いチームである。サンアントニオ・スパーズ フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・デュラント

    ケビン・デュラントから見たレブロン・ジェームズレブロン・ジェームズ

    2007年のNBAドラフトには多くのスター候補生がエントリーしたため、レブロン・ジェームズらが指名された2003年のNBAドラフト以来の豊作の年として期待された。前述の通り前年からドラフトエントリーに年齢制限が課せられたために2006年のNBAドラフトへのエントリーを見送った選手たちが、こぞってエントリー宣言をしたのである 。デュラントと共に2006-07シーズンのカレッジバスケの話題を二分したもう一人の怪物一年生、グレッグ・オデンもエントリーを宣言し、またフロリダ大学をNCAAトーナメント二連覇に導いたアル・ホーフォード、ジョアキム・ノアらも候補生の名簿に名を連ねた。焦点は一位指名権を獲得したポートランド・トレイルブレイザーズがオデンとデュラントのどちらを指名するかであったが、大方の予想通りトレイルブレイザーズはオデンを指名し、デュラントは2位指名でシアトル・スーパーソニックスに入団することが決まった。ドラフト後には大手スポーツメーカーナイキと7年6000万ドルの巨額契約を結ぶが、この数字は新人としてはレブロン・ジェームズに次ぐ歴代2位の数字となった(アディダスからは7000万ドルの契約を持ちかけられていた)。ケビン・デュラント フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
178件中 1 - 10件表示