230件中 131 - 140件表示
  • キャット・スティーヴンス

    キャット・スティーヴンスから見たRod Stewartロッド・スチュワート

    In March 2006, Yusuf Islam finished recording his first all-new pop album since 1978. The album, An Other Cup, was released internationally in November 2006 on his own label, Ya Records (distributed by Polydor Records in the UK and internationally by Atlantic Records) - the 40th anniversary of his first album, Matthew and Son. A single was simultaneously released from the album, called "Heaven/Where True Love Goes". The album was produced with Rick Nowels, who has worked with Dido and Rod Stewart. The performer is noted as "Yusuf", with a cover label identifying him as "the artist formerly known as Cat Stevens". The art on the album is credited to Yoriyos. Yusuf Islam wrote all of the songs except "Don't Let Me Be Misunderstood", and recorded it in the United States and the United Kingdom.キャット・スティーヴンス フレッシュアイペディアより)

  • キャット・スティーヴンス

    キャット・スティーヴンスから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    彼が1967年の12月に発売した2枚目のアルバム『ニュー・マスターズ』は、イギリスではチャートに入ることができなかった。このアルバムは現在「ザ・ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペスト」を収録した作品としてよく知られている。この楽曲はこれまでP.P.アーノルド、キース・ハンプシャー、ロッド・スチュワートやシェリル・クロウといった多くのアーティストによってカヴァーされてその都度世界各国でヒットし、いくつかの作曲賞も受賞している。キャット・スティーヴンス フレッシュアイペディアより)

  • クレイジー・ラヴ (ヴァン・モリソンの曲)

    クレイジー・ラヴ (ヴァン・モリソンの曲)から見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワート - アルバム『グレイト・ロック・クラシックス』(2006年)に収録。クレイジー・ラヴ (ヴァン・モリソンの曲) フレッシュアイペディアより)

  • トゥイッケナム・スタジアム

    トゥイッケナム・スタジアムから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ラグビー以外での使用としては2016年以降NFLの公式戦、コンサートではローリング・ストーンズやポリス、ロッド・スチュワート、ボン・ジョヴィ、R.E.M.、U2、アイアン・メイデン、レディー・ガガなど、多くのコンサートも開催された。トゥイッケナム・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ジェラス・ガイ

    ジェラス・ガイから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    フェイセズ - ロッド・スチュワート&フェイセズ名義のライヴ・アルバム『ライヴ』(1974年)に収録。ジェラス・ガイ フレッシュアイペディアより)

  • 生まれたところを遠く離れて

    生まれたところを遠く離れてから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    歌詞カードのクレジットに「Inspiration by Lamont Dozier with Rod Stewart. Can you dig it?」との表記があり、ロッド・スチュワートに影響を受けたことを自己申告している。当初の予定では、大貫妙子とデュエットする計画だった。生まれたところを遠く離れて フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジ・ベンジョール

    ジョルジ・ベンジョールから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    1975年には、パリのオランピア劇場でショーを大成功させ、さらにジルベルト・ジルとのジャム・セッションを収録したアルバム『Gil e Jorge(ブラジリアン・ホット・デュオ)』を発表した。しかし1970年代後半に事件が起こる。1979年に大ヒットになったロッド・スチュワートの曲「アイム・セクシー」について、ジョルジ・ベン自作の「タジ・マハール」の盗作であるとして、訴訟沙汰になった。これは両者の曲の製作年から「タジ・マハール」の方が古く、ロッド側が彼の曲を聞いて既に知っていたとして敗訴、ジョルジ・ベン側の全面勝訴となった。そして「アイム・セクシー」の印税は、ユニセフに寄付されることとなる。ロッド・スチュアートは2012年の自伝の中で、無意識に盗作していたことを認めている。ジョルジ・ベンジョール フレッシュアイペディアより)

  • スマイル (チャールズ・チャップリンの曲)

    スマイル (チャールズ・チャップリンの曲)から見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワートは2003年のアルバム『ザ・グレイト・アメリカン・ソングブック Vol. 2』に収録した(後にシングルカットされている)。スマイル (チャールズ・チャップリンの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 柳生武芸帳

    柳生武芸帳から見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ED:ロッド・スチュワート「キープ・ミー・ハンギング・オン」柳生武芸帳 フレッシュアイペディアより)

  • カルメン・マキ

    カルメン・マキから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    OZ解散後、1979年に数回の渡米を経て、ドラマーで当時ロッド・スチュアート・バンドの一員でもあったカーマイン・アピス(元ヴァニラ・ファッジ→カクタス→BB&A)の知己を得、同年彼のプロデュースのもとでソロ『NIGHT STALKER』を発表。カルメン・マキ フレッシュアイペディアより)

230件中 131 - 140件表示

「ロッド・スチュワート」のニューストピックワード