230件中 151 - 160件表示
  • ネヴァー・ア・ダル・モーメント

    ネヴァー・ア・ダル・モーメントから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    『ネヴァー・ア・ダル・モーメント』(Never a Dull Moment)は、ロッド・スチュワートが1972年に発表した4作目のソロ・アルバム。ネヴァー・ア・ダル・モーメント フレッシュアイペディアより)

  • ピープル・ゲット・レディ

    ピープル・ゲット・レディから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ジェフ・ベックとロッド・スチュワートが録音した「ピープル・ゲット・レディ」のカヴァーは、ベックのアルバム『フラッシュ』(1985年)に収録され、シングル・カットされた。カーマイン・アピス(ベック・ボガート & アピスでベックと共演した後、スチュワートのバンドでも活動)とデュアン・ヒッチングス(スチュワートのバンドのキーボーディスト)がアレンジやレコーディングに協力しており、アピスによれば、ベックのヴァージョンで追加されたギター・リフはヒッチングスのアイディアとのことである。完成されたヴァージョンでは、アピスはドラムマシンのプログラミングを担当し、更にアピスの声のサンプリングがバックグラウンド・ボーカルとして使用されている。1992年には、カップリング曲を「トレイン・ケプト・ア・ローリン」(映画『ツインズ』のサウンドトラックに提供された1988年の録音)に変更したイギリス盤シングルもリリースされ、同年に全英シングルチャートでオリジナル・リリース時を上回る49位を記録した。ピープル・ゲット・レディ フレッシュアイペディアより)

  • アイド・ラザー・ゴー・ブラインド

    アイド・ラザー・ゴー・ブラインドから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワート - 1972年のアルバム『ネヴァー・ア・ダル・モーメント』に収録。アイド・ラザー・ゴー・ブラインド フレッシュアイペディアより)

  • ルビー・チューズデイ

    ルビー・チューズデイから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    ロッド・スチュワート/編集アルバム『Lead Vocalist』(1993年)に収録。ルビー・チューズデイ フレッシュアイペディアより)

  • カリブ (アルバム)

    カリブ (アルバム)から見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    リマスター盤CD発売の際にオリジナルアルバム未収録の4曲が追加。「ピンボールの魔術師」はザ・フーのロックオペラ『トミー』映画版に出演した際の役名かつ歌った楽曲であり、これをシングルとして発売したもの。当初魔術師役は、ロッド・スチュワートにオファーが来ていた。ロッドから役を受けるべきか相談されたエルトンは「メリットがないから断ったほうがいい」とアドバイスしたが、今度はエルトンにオファーが来てしまい、エルトンはこれを引き受けた。数メートルあるブーツを履き、ピンボールしながら熱唱する、けばけばしいピンボールの魔術師を演じている。なお、映画に出損ねたロッドは、後にミュージカル版で同役を演じた。カリブ (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • シェイク・ユア・マネーメイカー

    シェイク・ユア・マネーメイカーから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    この曲はまた、2010年のフォガットのアルバム『Last Train Home』にも収録されている。さらに、ロッド・スチュワートの2013年のアルバム『タイム?時の旅人? (Time)』にも、ボーナス・トラックとして収録されている。シェイク・ユア・マネーメイカー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ポール・ジョーンズ (ミュージシャン)

    ジョン・ポール・ジョーンズ (ミュージシャン)から見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    15歳の時に最初のバンド、ザ・デルタズに加わった。その後、ロンドンのジャズ/ロックバンド、ジェッツ・ブラックスでベーシストを務めた。彼の大きな転機は、1962年にジェット・ハリスとトニー・ミーハンに出会ったことだった。ジョンは、彼らのバンドで2年間演奏した。彼ら最大のヒット作「ダイヤモンズ」にはジミー・ペイジも参加していた。1964年になると、ジョンはミーハンの推薦でデッカ・レコードのセッション・ミュージシャンとなる。1964年?68年まで、彼は多数の編曲やキーボード、ベースの演奏をこなしていた。彼がレコーディングに参加したアーティストは、ローリング・ストーンズやハーマンズ・ハーミッツ、ミッシェル・ポルナレフ、ドノヴァン、ジェフ・ベック、キャット・スティーヴンス、ロッド・スチュワート、シャーリー・バッシー、ルルなど多数。ダスティ・スプリングフィールドとのセッションでは、彼女の「トーク・オブ・ザ・タウン」シリーズでベースで参加している。ドノヴァンの「サンシャイン・スーパーマン」での彼の演奏と編曲で、プロデューサーのミッキー・モストは自身の多くのプロジェクト、トム・ジョーンズ、ニコ、ウェイン・フォンタナ、ザ・ウォーカー・ブラザースのレコーディングにジョーンズを参加させることを決心した。ジョン・ポール・ジョーンズ (ミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • ティナ・ターナー

    ティナ・ターナーから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    デイヴィスはターナーに、「今のバンドはここで解散して、もっと時代に合ったロックンロールバンドを組んで、ショーの内容を見直したほうがよい」とアドバイスした。1981年、デイヴィスはティナにニューヨークのリッツでの公演の話を取ってきた。この公演の後、ロッド・ステュワートがターナーを雇い入れ、「サタデイ・ナイト・ライヴ」で彼のヒット曲である「ホット・レッグズ」のデュエットヴァージョンを歌うことになった。さらには、ステュワートの全米ツアーの前座を務めることに決定したのである。その後、ローリング・ストーンズの前座を三度務めた。1982年には、ロバート・クレイをフィーチャーしたイギリスのバンドB.E.F.の、テンプテーションズのカヴァー曲である「ボール・オヴ・コンフュージョン」がヨーロッパのダンスクラブでヒットとなった。ターナーは、チャック・ベリーとの共演に続いてイギリスとヨーロッパでの短期間のツアーを行った後、再び1982年12月にリッツでライヴを行った。その結果、デヴィッド・ボウイの後押しもあって、キャピトル・レコードとの間でシングルを発売する契約を結ぶことになったのである。ティナ・ターナー フレッシュアイペディアより)

  • 沙粧妙子-最後の事件-

    沙粧妙子-最後の事件-から見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    主題歌 - ロッド・スチュワート「LADY LUCK」沙粧妙子-最後の事件- フレッシュアイペディアより)

  • ティム・ボガート

    ティム・ボガートから見たロッド・スチュワートロッド・スチュワート

    このトリオが消滅した後もビリー・コブハム、ロッド・スチュワートなど様々なミュージシャンと精力的に活動。ティム・ボガート フレッシュアイペディアより)

230件中 151 - 160件表示

「ロッド・スチュワート」のニューストピックワード