150件中 121 - 130件表示
  • テスラ・ロードスター

    テスラ・ロードスターから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    ロードスターは2シーターオープンカーのスタイルをした電気自動車で、ボディは軽量化を図るために炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を使用した。シャシー開発には英ロータスからの援助を受けており、部品の一部はロータス・エリーゼから流用されている。組み立てもイギリス・ヘセルにあるロータスの工場で行われており、そこに世界各地にあるテスラの工場から送られたパーツを集め、車体を組み立てている。テスラ・ロードスター フレッシュアイペディアより)

  • インディカー・シリーズ

    インディカー・シリーズから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    2012年のマニュファクチャラーズチャンピオンシップ復活に伴い、ロータスがジャッドと提携し参戦したが、1年限りで撤退した。。インディカー・シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・76

    ロータス・76から見たロータス・カーズロータス・カーズ

    ロータスはこの76からメインスポンサーであるインペリアル・タバコの銘柄にちなんで、F1マシンを"John Prayer Special Mark.○"と呼ぶようになった。車名にスポンサー名を冠するのはアメリカのレース界でよく見られる手法であり、初代の76が "Mark. I" 、後継の77は "Mark. II" 、78は "Mark.III" 、79は "Mark. IV" と命名された。これに伴い、シャーシコードも"JPS"の付く通し番号とされた。なお、76とは自動車メーカーのロータスとコンストラクターのチーム・ロータスが共有してきたタイプナンバーである(75はこの年デビューした2代目ロータス・エリート)。ロータス・76 フレッシュアイペディアより)

  • 石川彩夏

    石川彩夏から見たロータス・カーズロータス・カーズ

    2015年1月9日?2015年1月11日、幕張メッセ国際展示場で開催された東京オートサロン2015において、LOTUSブースのロータスガールを水谷望愛(9日のみ)、華(10日、11日)と共に務める。石川彩夏 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・2000GT

    トヨタ・2000GTから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    古典的スポーツカーらしくボディとは別体となるシャーシは、ジャガー・Eタイプやロータス・エランなどでの先行例に倣ったX型バックボーンフレームで、低重心・高剛性を実現した。トヨタはそれ以前にX型バックボーンフレームを、より一般乗用車向けな形態で導入していたゼネラル・モーターズに倣って2代目クラウンに採用してもいた。2000GTのシャーシが短期間で開発できたのは、これらの著名な先行メーカー製品での手法を巧みに取り込んだという一面もある。トヨタ・2000GT フレッシュアイペディアより)

  • スバル・ビッグホーン

    スバル・ビッグホーンから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    1992年、いすゞでのモデルチェンジにあわせて2代目に移行、3200ccDOHCガソリンと3100ccディーゼルターボの5MTないしは4AT(特に、ガソリンは4速ATのみ)となる。全グレードがロータスのチューンモデルとなる。スバル・ビッグホーン フレッシュアイペディアより)

  • いすゞ・ビッグホーン

    いすゞ・ビッグホーンから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    1989年(平成元年)11月 - スペシャルエディション・バイ・ロータス追加。エクスポートとイルムシャーG廃止。いすゞ・ビッグホーン フレッシュアイペディアより)

  • レベリオン・レーシング

    レベリオン・レーシングから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    2012年2月1日にニック・ハイドフェルドがドライバーラインナップに加わり、同年開幕のFIA 世界耐久選手権(WEC)に参戦することが発表された。またロータスがスポンサーにつくことが発表され、エントリー名はロータス・レベリオン・レーシングとなった。セブリング12時間レースで12号車のニコラス・プロスト/ニック・ハイドフェルド/ニール・ジャニが3位表彰台を獲得した。また同年プチ・ル・マンにも参戦、総合優勝を収めている。レベリオン・レーシング フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・ホライゾン

    ホンダ・ホライゾンから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    グレードはガソリン・ディーゼルともにロータスチューンの足回りを持つ「ハンドリング・バイ・ロータス」と「ハンドリング・バイ・ロータス SE」の2グレードで、いずれもロングホイールベース・4ドア・3列シートの7人乗りのみであり、イルムシャーシリーズ、LS、ショートホイールベース(2ドア)は一貫して設定されなかった。1995年(平成7年)8月下旬には、廉価グレードとして「XS」(ビッグホーンでは「プレジールXS」のロングに相当するモデル)も追加された。ホンダ・ホライゾン フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・アレジ

    ジャン・アレジから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    2012年はアンバサダーを務めるロータスのエンジンを搭載するマシンでインディ500にエントリー。しかしエンジンの戦闘力が低く予選通過さえ危ぶまれる有様で、予選エントリー台数が決勝出場枠と同数だったため予選最下位でなんとか決勝レースに進んだが、決勝レースではペースの遅い車両を排除する「105パーセントルール(トップのマシンからラップタイムで5パーセントを超えるタイム)」によりわずか10周でレースから除外された。また、日本グランプリでは表彰台インタビューを担当した。ジャン・アレジ フレッシュアイペディアより)

150件中 121 - 130件表示

「ロータス」のニューストピックワード