531件中 81 - 90件表示
  • 山元竜一

    山元竜一から見たロート製薬ロート製薬

    ロート製薬、フラッシュキッズ(1999年)山元竜一 フレッシュアイペディアより)

  • 五十川健一

    五十川健一から見たロート製薬ロート製薬

    「OXY」男性用化粧品(ロート製薬五十川健一 フレッシュアイペディアより)

  • 塙理恵

    塙理恵から見たロート製薬ロート製薬

    ロート製薬「メンソレータムAD」塙理恵 フレッシュアイペディアより)

  • 福井洋介

    福井洋介から見たロート製薬ロート製薬

    2008年:『ママはぐ』(歌:田中千架子)福井洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 清水美那

    清水美那から見たロート製薬ロート製薬

    ロート製薬 アクネージア 大人ニキビ篇(2006年)清水美那 フレッシュアイペディアより)

  • 竹花梓

    竹花梓から見たロート製薬ロート製薬

    ロート製薬『サンプレイ』竹花梓 フレッシュアイペディアより)

  • 山田安邦

    山田安邦から見たロート製薬ロート製薬

    山田 安邦(やまだ やすくに、1926年12月24日 - 2003年3月31日)は、日本の実業家。元ロート製薬社長。大阪府出身。山田安邦 フレッシュアイペディアより)

  • 1960年のテレビ (日本)

    1960年のテレビ (日本)から見たロート製薬ロート製薬

    ダイラケ二等兵(朝日放送。主演:中田ダイマル・ラケット) - ロート製薬一社提供(TBS初)1960年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • A面で恋をして

    A面で恋をしてから見たロート製薬ロート製薬

    大滝詠一によれば、後にアルバムへと発展することになる佐野元春、杉真理とのトライアングル構想は、大滝のアルバム『A LONG VACATION』発売がきっかけだという。大滝は「まぁ、売れるか売れないかはわからないし、期待半分、ダメだろう半分。プロモーションにあたって、周りはみんながいいって言うんだよ。でもリード・トラックとしては以外はダメだ、と。あれが最初にレコーディングしたものだし、これがナイアガラ・サウンドだからって。ソニーは、じゃで推します。ただ、シングルが売れないとアルバムは売れないからCM取ってきますって。で、春のキャンペーンの話が来たの。カネボウから。でも、商品名を入れてくれって言うんだよ。で、やめた。最初から最後まで商品名なら歌わないこともないよ。でも、すでにできあがった曲の歌詞を商品名で歌い替えるなんて、殺されたって出来ない。このアルバムはシングルなんかなくたって売れるんだってスタッフに言ったんだけど、初登場70位だったの。でも、77年の『CMスペシャル』以来、アルバムは4年間チャート・インなし。70位だってめったにない話だったからうれしいですよ。それで、とりあえず10万枚達成。6月末にみんなでお疲れさん会をして。よかったねぇって。ところがその後、夏にかけて急に売れ始めたんだよ。ロート製薬がとをCMに使ってくれて。それが功を奏して8?10月に10万枚ずつ売れた。前にも言ったけど、『ロング・バケイション』は初めて自分を歌手として作ったアルバムなんですね。それまではキーを自分に合わせたことすらなかった。で、歌手として受けたからもういいなと思ったの。3か月くらいで。もしダメだったら、あれがファイナル・アルバムとなった可能性もあったわけですよ。でも、ふと思ったのは、これナイアガラだよな、と。コロムビア時代には失敗したけれども、ここはレーベル構想を再び生かすところじゃないか。歌手として一般に認知されたから、プロデューサーとしても認知されなければならない。だから、次は歌手は置いておこう、と。そのときに来た仕事が二つ。ひとつは松田聖子のの次のシングル。もうひとつはONアソシエイツから来た資生堂の秋のキャンペーン。春にカネボウやってたら秋に資生堂は来ません。これがね、何の因縁か。まぁ、断ったんだけどね」「『ロング・バケイション』は1回チャートで下がったのにまた上がった。ひと月に10万枚ずつ売れている。そんなときに資生堂の秋キャン、大滝詠一のソロ・シングルっていうと、黙ってたって売れるでしょ。シングルは全然売れない。だけど、資生堂のキャンペーンで出たら大滝詠一の決定打になっちゃうじゃない。そうなると歌手として引けなくなるのよ。だから断ったわけ。でも、キャッチ・コピーが出来てるっていうからさ。とりあえず、“キャッチ・コピーなに?”って聞いたのが運の尽き」という。そして「(コピーが“A面で恋をして”で)言われたときパッとできちゃった。あぁ、できちゃったなぁ。大滝詠一で、売れそうだなぁ、と。でも待てよ、レーベル構想として、プロデューサーとして、何かいいアイデアはないか。その時、松田聖子のシングルってのも言われているわけでしょ。聖子はずーっとシングル1位を続けている。と松田聖子、同時に出たら片方はベスト10確実、もう一方は間違いなく1位。話題になっちゃう。じゃ、ここで大滝詠一という名前を使わないですむ手はないか。で、思いついたのが『ナイアガラ・トライアングルVol.2』しかない、と。まだ“A面で恋をして”の部分しか出来てなかったけど、これをトライアングルでやるんだと思った瞬間、バディ・ホリーのスペクター・サウンドっていうイメージができちゃった。そうすると、あと二人いないと成立しない」ということで、佐野と杉の二人に決まったという。佐野とは『NIAGARA TRIANGLE Vol.1』のメンバーだった伊藤銀次が佐野のバンド“ザ・ハートランド”に参加していたことから1980年8月24日、『A LONG VACATION』収録曲「さらばシベリア鉄道」のレコーディング・スタジオに伊藤と見学に来たことで、一方の杉とは1979年11月、かつて杉のソロ・デビュー以前のバンド“マリ & レッド・ストライプス”を手がけたビクターのディレクター(当時)川原伸司の結婚式で出会うなど、既に二人とは面識があった。A面で恋をして フレッシュアイペディアより)

  • トイレタリー

    トイレタリーから見たロート製薬ロート製薬

    ロート製薬(ハンドクリーム・リップクリーム・入浴剤など)トイレタリー フレッシュアイペディアより)

531件中 81 - 90件表示

「ロート製薬」のニューストピックワード