三内丸山遺跡 ニュース&Wiki etc.

三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)は、青森県青森市大字三内字丸山にある、縄文時代前期中頃から中期末葉の大規模集落跡。沖館川右岸の河岸段丘上に立地する。2000年に国の特別史跡に指定。遺跡跡には住居群、倉庫群のほか、シンボル的な3層の掘立柱建物が再現されており、資料館もある。青森県教育庁文化財保護課三内丸山遺跡保存活用… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「三内丸山遺跡」のつながり調べ

  • 縄文時代

    縄文時代から見た三内丸山遺跡

    縄文前期から中期にかけては最も典型的な縄文文化が栄えた時期であり、現在は三内丸山遺跡と呼ばれる場所に起居した縄文人たちが保持していたのも、主にこの時期の文化形式である。この時期には日本列島に大きく分けて9つの文化圏が成立していたと考えられている(後述)。海水面は縄文前期の中頃には現在より3mほど高くなり、気候も現在よりなお温暖であった。この時期のいわゆる縄文海進によって沿岸部には好漁場が増え、海産物の入手も容易になったと林謙作は指摘している。植生面では関ヶ原より西は概ね照葉樹林帯となった。(縄文時代 フレッシュアイペディアより)

  • 円筒土器文化圏

    円筒土器文化圏から見た三内丸山遺跡

    この文化圏内では、土器ばかりではなく石器の種類(たとえば石篦)、竪穴住居の形や構造、土偶や岩偶のような精神文化に関わる遺物などにも強い共通性を有する。縄文海進の最も進んだ縄文時代前期には北海道函館市のサイベ沢遺跡や青森県青森市の三内丸山遺跡、秋田県大館市の池内遺跡などの巨大集落が営まれ、そこでは従来の縄文時代のイメージを一新する発掘成果が相次いだ。巨大な竪穴住居(超大型住居)の検出例としては三内丸山遺跡のほか秋田県能代市の杉沢台遺跡などがある。(円筒土器文化圏 フレッシュアイペディアより)

「三内丸山遺跡」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「三内丸山遺跡」
地図情報

「三内丸山遺跡」のニューストピックワード