307件中 141 - 150件表示
  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た毎日映画コンクール

    第46回(1991年度)毎日映画コンクール 脚本賞(『12人の優しい日本人』)三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た清須会議 (小説)

    2012年はチェーホフの『桜の園』での初めての自作以外の演出、初の文楽作品『其礼成心中』の作、演出と新しい挑戦が続いた。6月には「三谷幸喜大感謝祭」で発表予定だった小説『清須会議』を上梓し、翌年に自らの監督作品として映画化することを発表した。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た神野三鈴

    朗読劇 LOVE LETTERS(2008年は八木亜希子と、2012年は神野三鈴と共演) - アンディ 役三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た紫綬褒章

    紫綬褒章(2017年11月3日)三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た2009年

    2009年には、かつて幾度も公演を行った新宿の小劇場THEATER/TOPSの閉館公演として、東京サンシャインボーイズが15年ぶりに再結成し、『returns』を上演した。相島一之の呼びかけに応じて三谷が新作を書き下ろし、短い準備期間ながら元劇団員のほとんどが参加し、三谷も「一橋壮太朗」として出演した。終演後には戸田恵子の声で「これより15年間の休憩に入ります」とアナウンスが流された。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たキネマ旬報社

    これもまた別の話(キネマ旬報社、1999年11月) のち新潮文庫三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た宝島社

    別冊宝島 三谷幸喜の全仕事 面白さのツボ!(宝島社、2004年1月)三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たスパイラル (建築物)

    声(2013年、スパイラルホール、作:ジャン・コクトー)三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た東京海上日動あんしん生命保険

    東京海上日動あんしん生命保険「あんしん生命」セエメエ始まる篇 あんしんセエメエ役三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たメディアファクトリー

    オンリー・ミー 私だけを(メディアファクトリー、1993年11月) のち幻冬舎文庫三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

307件中 141 - 150件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード