307件中 161 - 170件表示
  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た子供、ほしいね

    1989年から、フジテレビの深夜枠のドラマ『やっぱり猫が好き』の脚本を多くの回で担当し、翌年の同枠の『子供、ほしいね』のほとんどの回を担当したことからテレビドラマの世界でも注目を集めるようになる。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たみんなのいえ

    2000年に上演した初のオリジナル・ミュージカル『オケピ!』は、「演劇界の芥川賞」とも呼ばれる岸田國士戯曲賞を受賞した。2001年には自宅を新築した際の体験を元にした、映画監督としての第2作『みんなのいえ』がヒットし、前作『ラヂオの時間』と同様にイギリスやドイツなどでも上映会が催された。2002年は劇団員だった伊藤俊人の急逝という不幸に見舞われる。また、舞台『You Are The Top 〜今宵の君〜』の主演の鹿賀丈史が初日直前に急病で降板するというトラブルも起こるが、急遽、代役として参加した浅野和之の努力により、初日を5日延期して開幕させることができた。同年、念願のシットコム『HR』で、脚本と共に総合演出も手がけた。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た今夜、宇宙の片隅で

    1993年に『振り返れば奴がいる』で連続テレビドラマの脚本家としてデビューする。しかし、プロデューサーの石原隆は三谷が喜劇専門であったことを知らなかったため、依頼された内容はシリアスな医療ものだった。結果、脚本の喜劇調の部分は制作スタッフに書き換えられ、三谷の意図からは外れた作品になってしまったが、この作品の成功により、翌1994年には田村正和主演の倒叙ミステリードラマ『古畑任三郎』の脚本を手がけることになる。番組は好評を得、気弱な刑事の今泉慎太郎を演じた東京サンシャインボーイズの劇団員、西村雅彦も一躍有名になった。その後も『王様のレストラン』、『竜馬におまかせ!』、『総理と呼ばないで』、『今夜、宇宙の片隅で』などの連続ドラマを手がけた。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た風と雲と虹と

    NHKの大河ドラマは1970年代からよく見ており、特に中学から大学にかけて放送されていた大河にはまり、特に『風と雲と虹と』が好きで、1976年の『風と雲と虹と』の最終回が放送された晩、三谷は夢遊病のような状態で、加藤剛演じる平将門と、その敵役で露口茂の演じる田原藤太を夢遊病のような状態で演じていたのを三谷の母に見られた、というエピソードもある。それらの背景から、『風と雲と虹と』で露口が演じた田原藤太の「黙れ小童!」という台詞を露口へのリスペクトとして、大河ドラマ真田丸の中で西村雅彦の台詞に使い、その台詞が話題になった。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たTHE 有頂天ホテル

    2006年1月には監督第3作となる映画『THE 有頂天ホテル』が公開され、興行収入60億円の大ヒットを記録した。同年の大河ドラマ『功名が辻』では、脚本の大石静に請われ、信長に翻弄される将軍足利義昭役で出演した。3月にはパルコ劇場で上演された『決闘!高田馬場』で、初めて歌舞伎の作・演出に挑戦する。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たこけら落し

    2007年は芸術座の後継劇場となる「シアタークリエ」のこけら落し公演『恐れを知らぬ川上音二郎一座』の作・演出を担当した。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た振り返れば奴がいる

    1993年に『振り返れば奴がいる』で連続テレビドラマの脚本家としてデビューする。しかし、プロデューサーの石原隆は三谷が喜劇専門であったことを知らなかったため、依頼された内容はシリアスな医療ものだった。結果、脚本の喜劇調の部分は制作スタッフに書き換えられ、三谷の意図からは外れた作品になってしまったが、この作品の成功により、翌1994年には田村正和主演の倒叙ミステリードラマ『古畑任三郎』の脚本を手がけることになる。番組は好評を得、気弱な刑事の今泉慎太郎を演じた東京サンシャインボーイズの劇団員、西村雅彦も一躍有名になった。その後も『王様のレストラン』、『竜馬におまかせ!』、『総理と呼ばないで』、『今夜、宇宙の片隅で』などの連続ドラマを手がけた。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た天下御免

    脚本家を目指したのは 早坂暁の『天下御免』、『天下堂々』に感動し、知人よりそれらのシナリオを入手し、こういうものを書きたいと思ったのがきっかけで、いつかはああいう(『天下御免』、『天下堂々』のような)ものを書きたいと語っている。また市川森一作品のドラマ『黄金の日日』、『淋しいのはお前だけじゃない』、『親戚たち』などにも影響を受け、それぞれの作品の出演者である松本幸四郎、西田敏行、役所広司を自作にも起用している。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たシアタークリエ

    2007年は芸術座の後継劇場となる「シアタークリエ」のこけら落し公演『恐れを知らぬ川上音二郎一座』の作・演出を担当した。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た功名が辻 (NHK大河ドラマ)

    2006年1月には監督第3作となる映画『THE 有頂天ホテル』が公開され、興行収入60億円の大ヒットを記録した。同年の大河ドラマ『功名が辻』では、脚本の大石静に請われ、信長に翻弄される将軍足利義昭役で出演した。3月にはパルコ劇場で上演された『決闘!高田馬場』で、初めて歌舞伎の作・演出に挑戦する。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

307件中 161 - 170件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード