307件中 171 - 180件表示
  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たおはスタ

    2004年、初の一人芝居『なにわバタフライ』を戸田恵子の出演で上演する。2005年4月からは清水ミチコとの対談形式のラジオ番組『MAKING SENSE』の放送がJ-WAVEで始まる。同年11月から2006年1月にかけては、パルコのプロデュース公演として『12人の優しい日本人』が久々に上演された。この作品が東京サンシャインボーイズ以外の出演者で上演されるのは初めてのことだった。この舞台に出演した山寺宏一が大阪での公演中、テレビ東京でのレギュラー番組『おはスタ』を休まざるを得なかったため、1月10日から12日の間、三谷がその代役として「コーキー」の名で司会を務めた。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たMAKING SENSE

    2004年、初の一人芝居『なにわバタフライ』を戸田恵子の出演で上演する。2005年4月からは清水ミチコとの対談形式のラジオ番組『MAKING SENSE』の放送がJ-WAVEで始まる。同年11月から2006年1月にかけては、パルコのプロデュース公演として『12人の優しい日本人』が久々に上演された。この作品が東京サンシャインボーイズ以外の出演者で上演されるのは初めてのことだった。この舞台に出演した山寺宏一が大阪での公演中、テレビ東京でのレギュラー番組『おはスタ』を休まざるを得なかったため、1月10日から12日の間、三谷がその代役として「コーキー」の名で司会を務めた。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た恐れを知らぬ川上音二郎一座

    2007年は芸術座の後継劇場となる「シアタークリエ」のこけら落し公演『恐れを知らぬ川上音二郎一座』の作・演出を担当した。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たTHEATER/TOPS

    2009年には、かつて幾度も公演を行った新宿の小劇場THEATER/TOPSの閉館公演として、東京サンシャインボーイズが15年ぶりに再結成し、『returns』を上演した。相島一之の呼びかけに応じて三谷が新作を書き下ろし、短い準備期間ながら元劇団員のほとんどが参加し、三谷も「一橋壮太朗」として出演した。終演後には戸田恵子の声で「これより15年間の休憩に入ります」とアナウンスが流された。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・春 〜人気番組競演編〜

    仕事が行き詰まると、ティッシュを大量に箱から出したり、ベッドと壁の間に挟まる等の小さな奇行に走る。これは三谷が実体験を元にして脚本・主演を務めた『世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・春 〜人気番組競演編〜』の一話「台詞の神様」でも描かれている。戸田恵子によれば、執筆作業が佳境に入ると髪や髭がボサボサになってヨレヨレの姿になるという。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た笑の大学

    たとえば『笑の大学』は、もともと三宅裕司と坂東八十助 (5代目)に当てて書かれたラジオドラマであるが、後に西村雅彦と近藤芳正の出演で舞台化された際や、役所広司と稲垣吾郎の出演で映画化された際には、そのたびごとに脚本自体を一から書き直している。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たやっぱり猫が好き

    1989年から、フジテレビの深夜枠のドラマ『やっぱり猫が好き』の脚本を多くの回で担当し、翌年の同枠の『子供、ほしいね』のほとんどの回を担当したことからテレビドラマの世界でも注目を集めるようになる。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たコンフィダント・絆

    2013年には、『コンフィダント・絆』『国民の映画』に続く海外芸術家シリーズの3作目として、ウラディミール・ホロヴィッツとそのピアノ調律師のフランツ・モアを描いた舞台『ホロヴィッツとの対話』を作・演出した。同作はモア役を演じる渡辺謙の12年ぶりの舞台復帰作としても注目された。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たオフ・ブロードウェイ

    同年、『新選組!』以来、5年ぶりになるテレビシリーズ『連続人形活劇 新・三銃士』で、初めてNHKの連続人形劇の脚本を手がけた。11月には、ニューヨークのオフ・ブロードウェイでミュージカル『TALK LIKE SINGING』で世界への進出を果たす。日本のオリジナル作品がオフ・ブロードウェイで初演されるのは初めてのことだった。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た黄金の日日

    パルコのプロデュース公演では、歌舞伎俳優の松本幸四郎一家による演劇集団「シアターナインス」の企画による『バイ・マイセルフ』、『マトリョーシカ』の二作の脚本も担当した。松本幸四郎は、1995年のテレビドラマ『王様のレストラン』の主演でもあり、三谷にとっては大河ドラマ『黄金の日日』や舞台『ラ・マンチャの男』などで昔から強い印象を残している俳優だった。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

307件中 171 - 180件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード