上野裕一郎 ニュース&Wiki etc.

上野 裕一郎(うえの ゆういちろう、1985年7月29日 - )は日本の陸上競技選手、専門は中・長距離種目。長野県佐久市出身。佐久長聖高等学校、中央大学法学部卒業。エスビー食品を経てDeNA所属。第12回世界選手権男子5000m日本代表。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「上野裕一郎」のつながり調べ

  • 村上康則

    村上康則から見た上野裕一郎

    駅伝のために当初は 5000m や 10000m に出場していたが、大学2年生の時たまたま出た順天堂大学記録会の 1500m では、関東インカレの標準記録を切り、3・4年生時には日本インカレ 1500m を制した。4年生の時に日本選手権に初出場し2位、富士通陸上競技部所属1年目の日本選手権でも2位と日本一も時間の問題と思われていたものの、2年目は怪我のために痛み止めを打って無理やり走る状態だった。2009年の日本選手権は、世界選手権出場がかかっていたが、気負い過ぎて練習をやり過ぎてしまい調整に失敗して5位に終わった。こうした失敗を教訓に調整に注意し、2009年12月、東アジア競技大会で、上野裕一郎(エスビー食品)に勝ち優勝したことを自信に、1年間は駅伝も走らず翌年の日本選手権に集中した。(村上康則 フレッシュアイペディアより)

  • 村澤明伸

    村澤明伸から見た上野裕一郎

    全国高等学校駅伝競走大会や全国都道府県対抗男子駅伝など駅伝においても好成績を残した。全国都道府県対抗駅伝では高校の先輩であり憧れの選手であった上野裕一郎・佐藤悠基らと共に長野県代表として出場、2008年・2009年には区間賞を獲得し優勝に貢献。2008年の全国男子高校駅伝3区では、仙台育英高校の留学生で2007年・2008年のインターハイ5000m覇者ポール・クイラ を相手に食い下がると、31秒差の区間2位となる23分38秒の歴代日本人最高記録で走破し佐久長聖高校の初優勝に大きく貢献した。(村澤明伸 フレッシュアイペディアより)

「上野裕一郎」のニューストピックワード