88件中 21 - 30件表示
  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た北海道テレビ放送

    北海道航空:北海道新聞、札幌テレビ放送、北海道テレビ放送、北海道文化放送札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た東亜国内航空

    1974年(昭和49年) - 機材のジェット機化により、東亜国内航空が撤退。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た北海道放送

    朝日航洋:北海道放送、北海道防災ヘリ「はまなす2号」の運航を担当札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た日本航空機製造

    定期便については「ジェット機は千歳、プロペラ機は札幌」という棲み分けができていたものの、1974年に運航機材のジェット機化により東亜国内航空が撤退。1980年代後半に入るとエアーニッポンが使用していた日本航空機製造YS-11が老朽化し、使用機材をジェット機に切り替え、発着空港を新千歳空港へ移転する公算が大きくなった。北海道および札幌市は、空港を引き続き活用させるべく滑走路を従来の1,400 mから延長し1,800 mとする計画を進めたが、騒音増大を危惧する住民運動が活発になったこと、それに加えて自衛隊による活用の幅が広がることを危惧する左派が強く反対したこと、一都市圏にジェット機が離着陸する空港を2つも抱えることの是非なども問題となり1997年にジェット機化を断念するに至った。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た北都交通 (北海道)

    なお、北都交通や中央バスなど連絡バスも各航空定期便に合わせて札幌市内数カ所と結ばれている。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た北海道文化放送

    北海道航空:北海道新聞、札幌テレビ放送、北海道テレビ放送、北海道文化放送札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た札幌テレビ放送

    北海道航空:北海道新聞、札幌テレビ放送、北海道テレビ放送、北海道文化放送札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た朝日航洋

    朝日航洋:北海道放送、北海道防災ヘリ「はまなす2号」の運航を担当札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たサーブ 340

    最終的に滑走路の延長計画は当初より縮小され、1,500 mとなった。一方、エアーニッポンがYS-11の後継機種として騒音の少ないターボプロップ機のDHC-8を導入し、さらには地域住民合意のもと、日本航空グループの北海道エアシステムがターボプロップ機のサーブ 340を用いて参入した。結果、ダブルトラック化によって増便されたことで利便性が向上したことから、全国的にも都市型コミューター空港として注目されていた。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たエンブラエル E-Jet

    幹線を担う新千歳空港を補完し、道内各都市への定期便の発着のほか、札幌観光の遊覧飛行、ビジネスジェット、北海道警察・札幌市消防局・北海道防災ヘリコプターの防災基地、国土測量、報道取材としても使用されており、大都市札幌市の空の玄関口および北海道内の拠点空港として、重要な役割を担っている。2013年7月より就航した三沢線および2016年6月より夏季限定で就航した静岡線を除き、定期便は道内路線のみである。ジェット旅客機の発着は、プライベートジェットの飛来がある他、2016年6月よりフジドリームエアラインズの静岡線にはエンブラエル170が夏季限定で定期便として就航している。なお、2013年以降の夏季に同社のエンブラエル170によるチャーター便を名古屋飛行場との間で運行した実績があった。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

88件中 21 - 30件表示
[an error occurred while processing this directive]