88件中 41 - 50件表示
  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た計器着陸装置

    滑走路は14/32方向に1500 mであり、平行誘導路は無い。滑走路とエプロンの間には距離があり、2本の取付誘導路がエプロンと滑走路両端を結んでいる。着陸帯の幅は300 mであるが、計器着陸には対応していない。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た進入・ターミナルレーダー管制

    2008年(平成20年) - 進入・ターミナルレーダー管制が開始される。陸上自衛隊員による初のターミナルレーダー管制である。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た飛行情報区

    滑走路南端のほど近くには、国土交通省札幌航空交通管制部があり、ICAOが定める福岡FIR管制空域のうち、北海道全域および北東北の航空路管制を行っている。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た東千歳駐屯地

    第7飛行隊(司令部は東千歳駐屯地) : OH-6D・UH-1H/J札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たコードシェア便

    航空会社が2社以上の場合、最前(太字)の航空会社の機材・乗務員で運航する共同運航(コードシェア)便札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たロードヒーティング

    ターミナルビルから飛行機までの間は屋外を徒歩により通行することになるが、冬は路面凍結により歩きにくく転倒の危険性があった。このため2005年に、空港の駐機場としては全国初の歩行者用ロードヒーティングが整備された。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た三沢飛行場

    幹線を担う新千歳空港を補完し、道内各都市への定期便の発着のほか、札幌観光の遊覧飛行、ビジネスジェット、北海道警察・札幌市消防局・北海道防災ヘリコプターの防災基地、国土測量、報道取材としても使用されており、大都市札幌市の空の玄関口および北海道内の拠点空港として、重要な役割を担っている。2013年7月より就航した三沢線および2016年6月より夏季限定で就航した静岡線を除き、定期便は道内路線のみである。ジェット旅客機の発着は、プライベートジェットの飛来がある他、2016年6月よりフジドリームエアラインズの静岡線にはエンブラエル170が夏季限定で定期便として就航している。なお、2013年以降の夏季に同社のエンブラエル170によるチャーター便を名古屋飛行場との間で運行した実績があった。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た東区 (札幌市)

    札幌飛行場(さっぽろひこうじょう、)は、北海道札幌市東区丘珠町の陸上自衛隊丘珠駐屯地の飛行場であり、共用する民間施設や通称は丘珠空港(おかだまくうこう、)と呼ばれる。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た北海道中央バス札幌ターミナル

    札幌駅前・札幌ターミナルなど札幌都心へ向かう一般路線は2018年(平成30年)4月1日付で廃止。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たLR-2

    北部方面航空隊本部:LR-2札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

88件中 41 - 50件表示
[an error occurred while processing this directive]