88件中 71 - 80件表示
  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たUH-1 (航空機)

    北部方面ヘリコプター隊:OH-6D・UH-1J/H札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た住民運動

    定期便については「ジェット機は千歳、プロペラ機は札幌」という棲み分けができていたものの、1974年に運航機材のジェット機化により東亜国内航空が撤退。1980年代後半に入るとエアーニッポンが使用していた日本航空機製造YS-11が老朽化し、使用機材をジェット機に切り替え、発着空港を新千歳空港へ移転する公算が大きくなった。北海道および札幌市は、空港を引き続き活用させるべく滑走路を従来の1,400 mから延長し1,800 mとする計画を進めたが、騒音増大を危惧する住民運動が活発になったこと、それに加えて自衛隊による活用の幅が広がることを危惧する左派が強く反対したこと、一都市圏にジェット機が離着陸する空港を2つも抱えることの是非なども問題となり1997年にジェット機化を断念するに至った。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たアメリカ軍

    1945年 - 1952年(昭和20年 - 27年) - 連合国軍(アメリカ軍)により接収。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た左翼

    定期便については「ジェット機は千歳、プロペラ機は札幌」という棲み分けができていたものの、1974年に運航機材のジェット機化により東亜国内航空が撤退。1980年代後半に入るとエアーニッポンが使用していた日本航空機製造YS-11が老朽化し、使用機材をジェット機に切り替え、発着空港を新千歳空港へ移転する公算が大きくなった。北海道および札幌市は、空港を引き続き活用させるべく滑走路を従来の1,400 mから延長し1,800 mとする計画を進めたが、騒音増大を危惧する住民運動が活発になったこと、それに加えて自衛隊による活用の幅が広がることを危惧する左派が強く反対したこと、一都市圏にジェット機が離着陸する空港を2つも抱えることの是非なども問題となり1997年にジェット機化を断念するに至った。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た北洋大通センター

    大通6丁目(北都交通本社前)・大通3丁目(大通ビッセ前)・札幌駅南口(伊藤・加藤ビル前)・栄町駅 - 丘珠空港(12月1日から3月31日までは栄町駅 - 丘珠空港間のみ運行)札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た空港ターミナルビル

    空港ターミナルビルは、滑走路南側に1棟あり、地上3階、地下1階建て。ボーディングブリッジは設置されていない。札幌市、全日本空輸、北海道、日本政策投資銀行などを主要株主とする第三セクターの札幌丘珠空港ビルが運営している。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た北部方面航空隊

    北部方面航空隊 - (隊長は丘珠駐屯地司令を兼務)札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た北海道新聞

    北海道航空:北海道新聞、札幌テレビ放送、北海道テレビ放送、北海道文化放送札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た滑走路

    滑走路は14/32方向に1500 mであり、平行誘導路は無い。滑走路とエプロンの間には距離があり、2本の取付誘導路がエプロンと滑走路両端を結んでいる。着陸帯の幅は300 mであるが、計器着陸には対応していない。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た曲技飛行隊

    ※駐屯地開放行事の際には、当駐屯地所属のOH-6Dヘリによるアクロバットチーム「ノーザンレディバード(北のテントウ虫)」が臨時編成され、アクロバット飛行を披露する。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

88件中 71 - 80件表示
[an error occurred while processing this directive]