1 2 次へ
18件中 11 - 18件表示
  • スティーヴン・ハーパー

    スティーヴン・ハーパーから見た中国の人権問題中国の人権問題

    近年、世界の政治、経済における中国の影響力が増大してくるにつれ、西側の指導者に中国の人権問題への批判を控える傾向がみられる中、ハーパーは中国の人権問題について強い関心を持ち、積極的に言及し中国を批判している。同時に日本の保守派の慰安婦問題や南京大虐殺に関する見解に対しても批判的である。また2008年6月11日に、カナダ国内の先住民への同化政策(民族文化の抹殺)をはじめとする数々の差別・抑圧を謝罪し、二度とあってはならない歴史であると述べた。スティーヴン・ハーパー フレッシュアイペディアより)

  • 週刊金曜日

    週刊金曜日から見た中国の人権問題中国の人権問題

    したがって、与党や政府や財界など体制を批判する記事が多い。近隣諸国の中では日本の政界・財界と深い関係を持つアメリカ合衆国を批判する記事が目立つが、チェチェン紛争などに絡むロシアの人権問題や覇権主義、「人体の不思議展」の疑惑など中国の人権問題、中国共産党の独裁と腐敗に言及した記事もある。週刊金曜日 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の外交政策

    アメリカ合衆国の外交政策から見た中国の人権問題中国の人権問題

    アメリカと中華人民共和国との関係は複雑である。関税や通貨レート、台湾問題など部分的に合意に至っていない面もあるが、両国間の貿易量は非常に大きく、政治的に良好な関係を必要としている。アメリカは中国の人権問題を批判している。アメリカ合衆国の外交政策 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た中国の人権問題中国の人権問題

    外交では、台湾独立運動、チベット独立運動、そして中国の人権問題といった政治的に敏感な難題にしばしば直面した。2003年12月、温はアメリカ合衆国を初めて訪問した。この訪問では、大統領ジョージ・W・ブッシュに対して中華民国総統の陳水扁(当時)に対する非難を訴えた。続くカナダとオーストラリアへの訪問では、経済問題が主要議題に上った。なお台湾問題について、2005年3月15日、全国人民代表大会で2896の過半数(棄権2)であった反分裂国家法が可決された際、温は「我々は外国からの干渉を望まないが、それを恐れない」と述べ、アメリカの姿勢を言外に批判した。温は中国の標準にしては珍しく長い拍手を受けた。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 反中

    反中から見た中国の人権問題中国の人権問題

    一般的には反共主義者や右派に多いと目されているが、中国の人権問題を重視する左派・人権派によるものもある。背景としては、日中相互の社会に対する理解不足や、社会主義・共産主義を名乗りながら労働運動や民主化運動を弾圧していることへの反感、歴史認識の違い、日本国内における中国人犯罪や中国人の民族主義的な示威行為、中国国内における日本に対する中国側民衆の過激かつ暴力的な抗議活動などが挙げられる。反中 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見た中国の人権問題中国の人権問題

    1989年に発生した六四天安門事件で米国をはじめとした主要国はこぞって中国の人権状況を非難し、米国は高レベル交流を中止し、対中武器禁輸及び経済制裁を課した。こうした米中関係の悪化をうけて、1995年、中国軍部副参謀総長熊光楷は「もし米国が台湾に介入したら、中国は核ミサイルでロサンゼルスを破壊する。米国は台北よりロサンゼルスを心配した方がよい」と、台湾海峡での武力紛争に米国が介入した場合、中国はロサンゼルスに対して核攻撃する可能性があると表明した。中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮民主主義人民共和国

    朝鮮民主主義人民共和国から見た中国の人権問題中国の人権問題

    1994年7月8日の金日成主席の死後も、中国政府は中朝友好協力相互援助条約を維持して北朝鮮にとって唯一の軍事同盟国となり、金日成主席死後に政権を把握した金正日国防委員長の訪問回数もロシアに比べれば多く、初外遊先も中国だった。また中国は北朝鮮の独裁体制を配慮し、例えば中国では北朝鮮批判の本を発禁にしており(詳細は中国の人権問題)、脱北者を不法入国者と見なし、強制送還に積極的である。2010年にはBRICsとして目覚しい発展を遂げる中国が北朝鮮に対し、北朝鮮の国家予算7割分を投資する事が決定した。金正恩体制に移行する直前の金正日体制での労働党創建65周年に行われた軍事パレードでも中国共産党の周永康政治局常務委員が金正日・金正恩親子と肩を並べて観閲するなど江沢民・胡錦濤体制の中国とは概ね中朝関係は安定していた。中国の主催する6か国協議に参加しつつ、国連安保理の対北制裁決議に拒否権を行使するどころか賛成してきた伝統的な友好国の中国とロシアへの不満も他国に漏らしていた。朝鮮民主主義人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 習近平

    習近平から見た中国の人権問題中国の人権問題

    習をリベラル派とみなす見解があるのに対し、西側諸国の価値観に否定的な保守派とする見解もある。人権問題を巡る米国を中心とした西側諸国からの中国批判に対し、習は2009年に外遊先のメキシコにて、「腹いっぱいでやることのない外国人が、中国の欠点をあげつらっている」と愛国心を全面に押しだし、米国による人権問題批判に反論し、物議を醸した。中国国内では、愛国的発言と受け止められたが、国外の海外のメディアには批判的に取り上げられた。習近平 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
18件中 11 - 18件表示

「中国の人権問題」のニューストピックワード