361件中 111 - 120件表示
  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見た添加物

    中国政府は農産物の生産に対して監視するとともに、食品包装、容器、添加物、薬品製造、販売事業者に対して規制を課している。2003年、中国政府は国家食品薬品監督管理局を設立して食品の規制管理部門を統合したが、同局は食品の安全問題を解決するよう増え続ける国内外の圧力にさらされてきた。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見た中国地方

    冷凍餃子事件など比較的注目を集めた安全性問題が複数起こったことによりメディアによる中国産食品に関する報道が増えたため、中国産輸入食品の違反率や問題発生率が他国からの輸入食品のそれに比べて極端に大きいかのような印象がもたれ、中国産食品のイメージの悪化から、中国地方にある中国食品工業がその名前が中国と関連していることから風評被害を受けて2007年8月に倒産するという事態も生じた。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見たカビ

    また、作家の周勍が2006年に中国で発表した「民以何食為天」では、四川省の有名な漬物四川泡菜の工場では「食品不可」と書かれた工業塩が大量に使用され、漬物桶には殺虫剤として純度99%のDDTが使用されていたことが報告されている。また、貴州の名物酸湯魚スープでは違法のケシが混入され、北京市朝陽区平房郷のちまきの闇工場では濁った水でチマキの葉を洗い、汚水のなかに食品ケースが漬けられ洗浄されておらず、低賃金労働者(民工)は、カビなどで食用不適とされた米(民工米)をまかないとしているなど、劣悪な労働現場の問題も報告されている。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見た農産物

    中華人民共和国の主要な農産物には米、トウモロコシ、小麦、大豆、綿、リンゴ、主要な畜産物は豚肉、牛肉、乳製品と卵などがある。中国の農業のシステムはそのほとんどが小さな地主農家と自給自足の農家によって成り立っている。しかし中国の耕作可能地は他国より狭く、農家は高い生産性を維持するため肥料と農薬を集中的に使用している。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見たフカヒレ

    中国各地で高級食材であるフカヒレの偽せものが大量に出回っていると、国営メディアが2013年1月に報じた。そのフカヒレは、エイなど他の魚介類を用いた代用品ではなく、緑豆の粉と海藻由来コラーゲンを用いて人工的に製造した「人造フカヒレ」とされる。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見たペットボトル

    中国では「中国茶を飲むのは農薬を飲むのと同じようなもの」として農薬茶という言葉があり、最初の1杯目を捨てるのは農薬を落とすためともされる。2003年には各国で使用が禁止されているDDTなどの肝臓等に障害を引き起こす有害農薬が、市販の中国茶から検出された。2005年にも高級茶からDDTが検出される事件があった。こうしたお茶を長期にわたり飲み続けると、慢性中毒になるという。また、農薬よりも毒性の強い成分を含んだものを、毒茶という。2005年には、「碧緑春」(蘇州の高級茶)から大量の鉛が検出された。2005年の中国の国家質量監督検査検疫総局による中国茶の検査合格率は68.6%で、3割は不合格であった。その後もジャスミン茶から殺虫剤が検出されるなどしている。また、「ゴミ茶」 という農薬や重金属が含まれ、本来であれば廃棄されるべきお茶を指す言葉もあり、中国のレストランでタダででてくるお茶に使われることがあり、飲み続けると中毒や肝臓・神経に悪影響がある。日本ではペットボトルの茶系飲料の需要が急激に伸びた影響で、中国国内ではあまり売れない中級、下級の烏龍茶を輸出していたが、残留農薬等に関するポジティブリスト制度の影響で輸出量は大幅に減少した。地域によっては輸出量が半分以下になったという。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見たメチルアルコール

    2004年、広東省広州市と湖南省鐘落潭で4人が毒入りの酒を飲んで死亡し、8人が広州市人民医院に搬送された。行政調査によりメチルアルコールの混合が発覚したため、地方当局は販売業者を摘発しbulk 社工場を閉鎖した。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見た有機塩素化合物

    『週刊文春』2013年2月14日号によれば、2002年の日本を基準値とすると長江河口の汚染は、水銀244倍、鉛3500倍、ヒ素1495倍、カドミウム4.2倍となる。重金属以外でもBHCやDDTなどの有機塩素化合物などによる土壌汚染が指摘されている。中華人民共和国環境保護部の推計では、重金属汚染食料は年間1200万トンに上る。中国の富裕層は中国国内の野菜を信用せず、日本の野菜を食べているのに対して、中国産野菜の日本への輸出は年々増加している。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見たフェニトロチオン

    中国茶について、日本や中国国内では特に低級なお茶について安全性の問題が指摘されている。2000年の日本での食用花、ハーブ茶、健康茶の検査では中国茶サンプルのすべてから有機塩素系の残留農薬DDTやMEP(フェニトロチオン)が検出された。DDTは発癌性であるため日本では1971年に農薬使用が禁止され、1981年には化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律で製造も禁止された。同調査では日本製品サンプル、またその他の国のサンプルでも同様に検出され、検出農薬数は中国では14,日本では5,その他の国では7であった。日本の食用花からはエトフェンプロックス、MEP、PAP、クロルピリホス、プロチオホス、EPNが検出された。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見たトルエン

    2008年2月5日、日本生協連は福島県喜多方市で販売されていた「CO・OP手作り餃子」(2007年6月製)から高濃度のジクロルボスを検出したと発表。同日、生協連は中国の調査団によるサンプル要請を受けて、同じ製造日の冷凍ギョーザ8袋を未検査のまま中国側に提供していたことが後に明らかになり、証拠隠滅につながりかねないとして問題視された。2月8日には同商品からトルエン、キシレン、ベンゼンが、2月20日には仙台市のみやぎ生協から回収した同商品から、ジクロルボス、パラチオン、パラチオンメチルの計3種類の有機リン系殺虫剤が検出された。パラチオンとパラチオンメチルは、日本では毒性が強いため1971年に使用が禁止され、中国でも2007年に使用が禁止されたがそれ以前は一般的な農薬だった。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

361件中 111 - 120件表示

「中国の食の安全問題」のニューストピックワード

  • 女性はいくらでもうそをつけますから

  • 日清製粉グループpresentsバレーボール日本代表オンラインファンミーティング

  • 生地が薄くて動きやすい