前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
179件中 1 - 10件表示
  • 中島裕之

    中島裕之から見た相沢紗世

    中島 裕之(なかじま ひろゆき、1982年7月31日 - )は、オリックス・バファローズに所属する兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打で、妻はファッションモデルの相沢紗世中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た金村曉

    には、二軍のレギュラーに定着するとともに、イースタン・リーグ公式戦でただ1人全100試合に出場。リーグの最終規定打席へ到達するとともに、リーグ最多の安打、得点、犠飛、死球を記録した。併殺打(10本)、失策数(25失策)もリーグ最多であったが、リーグ2位の打率.299、チーム2位の11本塁打、リーグ4位の47打点という好成績を残したことから、ファームの優秀選手賞に選出。10月6日の対日本ハムファイターズ戦(東京ドーム)に「5番・指名打者」としてスタメンで一軍デビューを果たすと、2回表に金村曉から一軍での初安打を放つなど、一軍公式戦にも4試合へ出場した。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た川崎宗則

    は北京オリンピック野球日本代表に選出され、オールスターゲームにも4度目の出場。共に同じ遊撃手の川崎宗則、西岡剛が選出されたこともあり、オールスターゲームでは三塁手を務めたが、悪送球による失策を記録した。北京五輪では、川崎の故障によって主に遊撃手を務めた。4年ぶりに20本塁打を記録。前半戦終了時にリーグトップだった打率は後半戦に入って徐々に落ちていったが、楽天のリック・ショートと首位打者を争い、楽天との最終戦までもつれ込んだ。結果は7毛差で及ばなかったが自己最高の打率.331を記録。最終戦後には敬遠されなかった事について「勝負してくれて嬉しかった」と語った。シーズン成績はチームトップの55四球を選び、それぞれ自己最高を更新する出塁率.410、25盗塁で、初タイトルとなる最高出塁率を獲得した。遊撃守備ではリーグ2位の12失策を記録したものの、守備率は遊撃手部門2位を記録して送球ミスも減り、ゴールデングラブ賞とベストナインを初受賞した。同年、かつて西武で背番号「3」を着けていた清原が引退を表明し、オリックス・バファローズとの最終戦の日にユニフォームの交換を行なった。オフの契約更改で年俸2億円に到達。「野球をやっている以上、いろんな国の選手がいる中でやってみたいという夢はあります。メジャーに行けるような選手になりたい」と将来的なメジャーリーグ挑戦志向を明かした。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見たオリックス・バファローズ

    中島 裕之(なかじま ひろゆき、1982年7月31日 - )は、オリックス・バファローズに所属する兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打で、妻はファッションモデルの相沢紗世。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た美馬学

    100死球:2012年5月3日、対東北楽天ゴールデンイーグルス4回戦(西武ドーム)、6回裏に美馬学から ※史上17人目中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た中嶋聡

    西武時代の背ネームH.NAKAJIMAは同チームに名字が同じ読みの中嶋聡が在籍していたことによる。中嶋の退団後、中島がH.が付いた表記を気に入っていたことから継続された。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た伊東勤

    には、前年までの正遊撃手だった松井が海外FA権の行使によってニューヨーク・メッツへ移籍したことを背景に、一軍公式戦の開幕から「7番・遊撃手」としてスタメンに抜擢。その後も「正遊撃手は荷が重過ぎる」との声もある中で監督の伊東勤からスタメンで起用され、オールスターゲームにも監督推薦で初出場した。同年のパシフィック・リーグでは唯一フルイニング出場し、打率.287(リーグ19位)、27本塁打(リーグ8位)、90打点(リーグ7位)、18盗塁(リーグ4位)を記録してリーグ優勝と日本一に貢献。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た清原和博

    には、一軍公式戦44試合に出場するとともに、一軍での初打点、初本塁打、初盗塁を相次いで記録。イースタン・リーグ公式戦では、最終規定打席に達しなかったものの、チームトップの打率.306、チーム2位の13本塁打という好成績を残した。シーズン終了後には、背番号を、かつて清原和博が着用していた3に変更することが球団から発表された。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た宮本慎也

    早いボールカウントから積極的に踏み込んで打ちに行く傾向があり、ファーストストライク時の打率が高く広角に長打を放つことができる。これは高校時代に練習で打球が左翼後方のテニスコートやプールに飛び込むことが多く、他の部から苦情が頻出したことから監督に「危ないから右に打て」と指示されて取り組んだという。本人曰く「ゴルフのピッチング・ウェッジを打つ感覚」で右手を押し込む強さを加減して打球の飛距離を調節できると言い、宮本慎也からは「天才」と評された。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見たリック・ショート

    は北京オリンピック野球日本代表に選出され、オールスターゲームにも4度目の出場。共に同じ遊撃手の川崎宗則、西岡剛が選出されたこともあり、オールスターゲームでは三塁手を務めたが、悪送球による失策を記録した。北京五輪では、川崎の故障によって主に遊撃手を務めた。4年ぶりに20本塁打を記録。前半戦終了時にリーグトップだった打率は後半戦に入って徐々に落ちていったが、楽天のリック・ショートと首位打者を争い、楽天との最終戦までもつれ込んだ。結果は7毛差で及ばなかったが自己最高の打率.331を記録。最終戦後には敬遠されなかった事について「勝負してくれて嬉しかった」と語った。シーズン成績はチームトップの55四球を選び、それぞれ自己最高を更新する出塁率.410、25盗塁で、初タイトルとなる最高出塁率を獲得した。遊撃守備ではリーグ2位の12失策を記録したものの、守備率は遊撃手部門2位を記録して送球ミスも減り、ゴールデングラブ賞とベストナインを初受賞した。同年、かつて西武で背番号「3」を着けていた清原が引退を表明し、オリックス・バファローズとの最終戦の日にユニフォームの交換を行なった。オフの契約更改で年俸2億円に到達。「野球をやっている以上、いろんな国の選手がいる中でやってみたいという夢はあります。メジャーに行けるような選手になりたい」と将来的なメジャーリーグ挑戦志向を明かした。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
179件中 1 - 10件表示

「中島宏之」のニューストピックワード