199件中 161 - 170件表示
  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たプロ野球選手

    中村 紀洋(なかむら のりひろ、1973年7月24日 - )は、大阪府大阪市淀川区出身の元プロ野球選手(内野手)、アマチュア野球指導者。浜松開誠館高等学校硬式野球部非常勤コーチ。2013年に日本プロ野球名球会の会員となっている。愛称は「ノリ」。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た内野手

    中村 紀洋(なかむら のりひろ、1973年7月24日 - )は、大阪府大阪市淀川区出身の元プロ野球選手(内野手)、アマチュア野球指導者。浜松開誠館高等学校硬式野球部非常勤コーチ。2013年に日本プロ野球名球会の会員となっている。愛称は「ノリ」。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た選手分配ドラフト

    欠場中、団野村を代理人として、ポスティングシステムによるメジャーリーグ入りを企図していることが報じられる。11月3日にメジャーリーグ入りの意思を表明。会見で近鉄と2年前に結んだ契約にポスティングシステムによるメジャーリーグ移籍を容認する内容が含まれていたことを明かした。11月8日の選手分配ドラフトの結果、合併球団オリックス・バファローズに振り分けられた。12月1日に合併球団が発足、4年契約の2年目を終えた時点で球団が消滅してしまったため、残りの契約期間の年俸(2年分10億円)に相当する保証金を近鉄に要望、うち3億円が功労金として支払われた。近鉄在籍時代に記録した307本塁打は球団記録となった。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た宮城球場

    6月8日に一軍登録され、同日の楽天戦(Kスタ)に「7番・一塁手」でスタメン出場した。6月18日、横浜スタジアムでの福岡ソフトバンクホークス戦で代打で出場し、杉内俊哉から移籍後初本塁打。この本塁打で同点に追いつき、ターメル・スレッジの本塁打でチームは勝利した。この年は当初は代打要員がメインだったが、対左投手時のスタメンや守備固めでの起用も増えた。10月13日の阪神戦(横浜スタジアム)では、急遽プロ入り初めて二塁手でスタメン出場した。最後まで一軍登録を抹消されることは無く、62試合に出場したものの、打率.209、1本塁打、14打点の成績に終わった。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たリハビリテーション

    右膝のリハビリを兼ねてロサンゼルス・ドジャースのスプリングトレーニングに招待選手として参加した。渡米前に歯並びの治療を受けていたが、キャンプで守備練習中にノックの打球を歯に受け、帰国後にオープン戦を欠場し、治療を受けた。アテネ五輪の野球競技には日本代表として参加して銅メダルを獲得した。しかし、試合後の宴会で右足裏を負傷し、9月10日まで欠場した。オリンピック招集とオリンピック終了後の負傷の影響もあり、105試合の出場に終わったものの、打率.274と前年ほど悪くはなかったが、本塁打は19本にとどまり、7年ぶりに20発に届かなかった。打点も前年の67から一つ下回り66だった。そして、この年限りで近鉄はオリックス・ブルーウェーブへの吸収合併により55年の歴史に幕を閉じた。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たJA全農Go・Go賞

    JA全農Go・Go賞:1回 (好捕賞:2000年6月)中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たグリーンライト

    は新加入のアレックス・ラミレスの故障により、「4番・三塁手」で開幕スタメン出場。その後も主に三塁手や一塁手でスタメン出場。開幕直後から高い得点圏打率を維持し、4月15日の読売ジャイアンツ戦で、延長11回、サヨナラ本塁打を放つ。5月4日の中日戦で岩瀬仁紀から同点本塁打を打ち、史上22人目の全球団から本塁打を達成した(交流戦を除いた記録としては4人目)。2004年以来8年ぶりのオールスターにも選出され、7月20日のオールスターゲーム第1戦では逆転決勝2ラン本塁打を放ち、5人目となる両リーグでのMVP獲得。後半戦開幕後も好調を維持していたが、8月15日対阪神タイガース戦において、自身の打席で盗塁をした内村賢介にベンチで説教した。だが、内村には首脳陣からグリーンライトの権利が与えられているため、中村の叱責は采配批判にあたるとして中畑清監督から厳しく注意された。さらに、翌日の試合で右肘痛を訴え、試合途中にベンチ裏に姿を消したことが造反とみなされ、1軍登録を抹消された。9月4日に1軍に再登録。後半戦は数字を落とすも、チームは最下位を独走する中で主軸として活躍を見せた。ゴールデングラブ賞の投票では一塁手として2票差の2位。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たパシフィック・コーストリーグ

    4月2日にAAA級パシフィック・コーストリーグのラスベガス・フィフティワンズへ合流するように通告されたが、4月10日には故障者リスト入りしたアントニオ・ペレスに代わって、念願のメジャー昇格を果たした。しかし、5月8日の試合後、メキシカンリーグでプレーしていたオスカー・ロブレスが40人枠入りしたのに伴い、40人枠から外される。ウェイバー公示にかけられたが獲得を希望する球団が現れなかったためAAA級への降格を了承、再びラスベガスでプレーする。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た西武ドーム

    250本塁打:2002年8月18日、対西武ライオンズ21回戦(西武ドーム)、1回表に張誌家から左越2ラン ※史上43人目中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た神戸総合運動公園野球場

    初二塁打:1992年6月25日、対オリックス・ブルーウェーブ13回戦(グリーンスタジアム神戸)、2回表に星野伸之から中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

199件中 161 - 170件表示

「中村紀洋」のニューストピックワード