中畑清 ニュース&Wiki etc.

中畑 清(なかはた きよし、1954年1月6日 - )は、福島県西白河郡矢吹町出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)・監督・コーチ。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「中畑清」のつながり調べ

  • 清原和博

    清原和博から見た中畑清

    前述の通り疑惑が出てから一貫して否定していた中での逮捕であり、ファンの間からは「もったいない」「週刊誌で疑惑があることは知っていたが、憧れだっただけにショックだ」「日本を代表する野球選手なので、コーチや監督として活躍してほしかった」などの声が上がり、球界からも「最近は連絡を取っていなかったが、もし報道通りなら、野球人として、一緒に戦ってきた仲間として、非常に残念でならない」(桑田)「2年前の週刊誌の報道が出た時、そんなことはないと信じていたのでなおさら驚いている。事実なら体もボロボロになっているはず。早く解決してほしい。高校時代から素晴らしい先輩だった。野球の現場に戻ってきてほしいとずっと思っていた」(立浪)「本当にびっくり。噂が出た時も信じたくなかったが…」(中村順司)「驚いているとしか言いようがない」(松井秀喜)「寂しいというか残念」(高橋由伸)「(直接疑惑を否定されていただけに)裏切られた気持ちで悲しい」(佐々木主浩)「とにかく残念。あれだけのスターがね」(王貞治)などと衝撃の声が広がった。一方、同じマンションの住民は夜間に清原が出掛けていく姿を何度か目撃しており「外で男性が待っていて合流していたこともあったが、明らかにおかしいという印象はなかった」と語り、中畑清も「ああ、やっぱりと思わせる部分はある。野球バカでは駄目だということ。野球バカを俺は好きなんだけど、一人の人間として成長しないといけない」と語った。日本野球機構(NPB)の熊崎勝彦コミッショナーは「言葉を失うの一言に尽きる。元選手とはいえ、野球は特に青少年の憧れのスポーツの一つ。現役を去ってからも、模範であり続けなければならない。有害行為の禁止、反社会勢力の遮断、薬物の拒絶など、一層施策を強力に推し進めるほかない」との談話を発表した。球界にとっては前年に発覚した読売ジャイアンツ所属選手による野球賭博問題に引き続き球界のイメージを大きく傷つける大スキャンダルとなり、東京新聞は2月3日の朝刊で「熊崎コミッショナーは球界からの暴力団排除などに力を注いできた。野球賭博問題でも許されないものとして厳しい裁定を下した。薬物問題についても球界は本当に大丈夫なのか今一度調査すべきであろう。ファンの疑念、不振を晴らすことが第一だ」と報じた。また、2月4日の衆議院予算委員会では維新の党の石関貴史が安倍晋三内閣総理大臣に対し「清原和博選手が覚せい剤所持容疑で逮捕されたことは青少年に与える影響が大きい」と質問、安倍は「甲子園での大活躍を見て多くの青少年が心を躍らせた。かつては子どもたちのヒーローだった清原氏が逮捕されたことは残念だ。今後も政府として薬物依存対策にしっかりと取り組んでいく」と答弁した。(清原和博 フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・クロマティ

    ウォーレン・クロマティから見た中畑清

    は開幕から低調で7月まで打率.252、本塁打数5本という成績ながらチームが巨人軍史上最速ペースで優勝を飾るなど首位を独走していた事とクロマティのファンからの人気が高い事などが影響しオールスターにファン投票で選出された。その後、8月以降は136打数53安打で打率.390、9本塁打と打ちまくったものの、この年限りで巨人を退団。直後に「さらばサムライ野球」を出版する。中畑清が王貞治監督のことを陰で「ワン公」と呼んでいたなど、暴露本の様相を呈していたため話題となった。(ウォーレン・クロマティ フレッシュアイペディアより)

「中畑清」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「中畑清」のニューストピックワード