1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
99件中 91 - 99件表示
  • 亀井義行

    亀井義行から見た一本足打法

    無駄な動きのない安定したスイングから「内角低目を事もなげに打ち返す」巧打が特徴。2009年には第二回WBCで同僚だった稲葉篤紀の打撃フォームを参考に25本塁打を記録するなど過去最高の結果を残した。だが、上述のように2010年から2012年にかけてスランプに陥ったが、それは「さらなる長打力を求めて上半身の筋トレに励んだ結果、筋肉のバランスを崩したことが原因」との一説もある。2013年シーズンからは長打へのこだわりを捨て、グリップの位置を下げてオープンスタンス気味に構え、フォームを一本足打法からすり足打法に変えたことで、低めの変化球にも対応できるようになったと言われている。バットはミズノ社製のグリップを細くしたイチローモデルを使用している。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た左翼手

    ''、1月に登録を外野手から内野手に変更。サードの開幕スタメンは新外国人のラスティ・ライアルに譲ったが、そのライアルの不調や他の野手の負傷が相次いだことなどで、徐々に出場機会が増えた。5月14日の対広島東洋カープ戦では、本塁打・三塁打・二塁打を打ち、あと単打を打てばサイクル安打達成となる活躍を見せた(第4打席で凡退し、サイクル安打ならず)。ところが、この試合前の練習中にノック打球の直撃を受けて右手薬指を骨折していたことが翌日に判明、チームを離脱した。6月11日に復帰して不振の坂本勇人に代わって1番でスタメン出場し、自身初の先頭打者本塁打を放った。しかし、一時は3割を記録していた打率もシーズン中盤以降急落。右翼手、中堅手、左翼手、一塁手、三塁手と守れるすべてのポジションでスタメン出場し、打順も1・2・6・7・8番を経験したが、定位置確保には至らなかった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た二塁手

    入団当初から遠投115メートルの強肩と広い守備範囲を首脳陣から高く評価されており、特に肩の強さに関しては12球団トップクラスとも言われており、それは第2回WBC出場時にチームメイトとなったイチローからも称賛されるほどだった。スタメンに定着した2009年には外野手と一塁手で日替わりで出場し、2010年からは三塁手、二塁手としてもプレーしたが、2013年からは本人の希望で外野手としての出場に専念するようになった。走塁面では一塁到達3.87秒の俊足を誇るが、盗塁は企図・成功ともに少ない。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たオーバーエイジ

    ''、開幕前に第2回WBCの代表に選出され、3試合の出場で1安打1犠打1盗塁を記録。ペナントレースで規定打席に達したことすらなく実績に乏しい亀井が選ばれたのは、守備を高く評価していた高代延博内野守備・走塁コーチの強い推薦によるものだった。レギュラーシーズンでは1番・右翼手で開幕スタメン出場。当初は調子が上がらず谷と併用されたが、4月25日の対中日戦で左腕の岩瀬仁紀から代打逆転サヨナラ3ランを放ったことで投手の左右にかかわらずスタメンで起用されるようになる。中盤からは李承燁の不調により5番に定着、以降は一塁手としての起用も増えた。6月下旬に25打席無安打、8月には28打席無安打とスランプを経験したが、シーズン25本塁打のうち18本塁打、74三振のうち50三振を7月以降に記録した。球団記録に並ぶ3本のサヨナラ本塁打を放ち、初の規定打席に到達。日本ハムとの日本シリーズでも第5戦での武田久からの同点本塁打を放つなど、日本一に貢献し優秀選手賞を受賞。オフには初のタイトルとなるゴールデングラブ賞に選ばれ、年俸も倍増となった。U-26 NPB選抜 対 大学日本代表にはオーバーエイジで出場。日韓クラブチャンピオンシップも5番ライトで出場し勝利に貢献した。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た2015 WBSCプレミア12

    ''、7月7日のヤクルト戦でプロ入り初の四番打者を任される。巨人の第84代四番打者となった。これについて自身は「全く、想像していなかった。巨人の四番ですから。簡単じゃないのは分かっているし」と述べた。7月16日に、第1回WBSCプレミア12の日本代表第1次候補選手に選出された事が発表された。また、シーズンを通しては規定打席にはあと11打席足りなかったものの、4年ぶりの100試合以上出場を果たし、打率.272、6本塁打、35打点の成績を残した。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た札幌ドーム

    初打点:2005年7月13日、対中日ドラゴンズ10回戦(札幌ドーム)、8回裏に鈴木義広から右中間へ適時二塁打亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た沖縄県

    '、李承燁が背番号25をこの年から着用することが決まったため、背番号を35'に変更。1番打者候補と期待されたが、前年より出場機会を減らし20試合で23打席にとどまった。オフには高橋由伸と沖縄県で自主トレを行った。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た奈良県

    亀井 善行(かめい よしゆき、本名:亀井 義行(読み同じ)、1982年7月28日 - )は、奈良県大和郡山市出身のプロ野球選手(外野手、内野手 )。右投左打。読売ジャイアンツ所属。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たスカパー! ドラマティック・サヨナラ賞

    スカパー! ドラマティック・サヨナラ賞:1回 (2009年)亀井義行 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
99件中 91 - 99件表示

「亀井義行」のニューストピックワード