99件中 71 - 80件表示
  • 亀井義行

    亀井義行から見た第72回選抜高等学校野球大会

    保育園時代に7つ上の兄にキャッチボールを教えてもらい小学校1年で野球を始め、中学時代はボーイズリーグ「オール大和」のエースとして全国大会、ボーイズリーグ日本代表として世界大会を制覇。上宮太子高等学校では3年春に第72回選抜高等学校野球大会出場。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た大和郡山市

    亀井 善行(かめい よしゆき、本名:亀井 義行(読み同じ)、1982年7月28日 - )は、奈良県大和郡山市出身のプロ野球選手(外野手、内野手 )。右投左打。読売ジャイアンツ所属。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たあとひとつ

    FUNKY MONKEY BABYS「ちっぽけな勇気」(2010年開幕-7月)、湘南乃風「黄金魂」(2010年開幕 - 7月)、FUNKY MONKEY BABYS「あとひとつ」(2010年8月以降)亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たサイクル安打

    ''、1月に登録を外野手から内野手に変更。サードの開幕スタメンは新外国人のラスティ・ライアルに譲ったが、そのライアルの不調や他の野手の負傷が相次いだことなどで、徐々に出場機会が増えた。5月14日の対広島東洋カープ戦では、本塁打・三塁打・二塁打を打ち、あと単打を打てばサイクル安打達成となる活躍を見せた(第4打席で凡退し、サイクル安打ならず)。ところが、この試合前の練習中にノック打球の直撃を受けて右手薬指を骨折していたことが翌日に判明、チームを離脱した。6月11日に復帰して不振の坂本勇人に代わって1番でスタメン出場し、自身初の先頭打者本塁打を放った。しかし、一時は3割を記録していた打率もシーズン中盤以降急落。右翼手、中堅手、左翼手、一塁手、三塁手と守れるすべてのポジションでスタメン出場し、打順も1・2・6・7・8番を経験したが、定位置確保には至らなかった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た中堅手

    ''、1月に登録を外野手から内野手に変更。サードの開幕スタメンは新外国人のラスティ・ライアルに譲ったが、そのライアルの不調や他の野手の負傷が相次いだことなどで、徐々に出場機会が増えた。5月14日の対広島東洋カープ戦では、本塁打・三塁打・二塁打を打ち、あと単打を打てばサイクル安打達成となる活躍を見せた(第4打席で凡退し、サイクル安打ならず)。ところが、この試合前の練習中にノック打球の直撃を受けて右手薬指を骨折していたことが翌日に判明、チームを離脱した。6月11日に復帰して不振の坂本勇人に代わって1番でスタメン出場し、自身初の先頭打者本塁打を放った。しかし、一時は3割を記録していた打率もシーズン中盤以降急落。右翼手、中堅手、左翼手、一塁手、三塁手と守れるすべてのポジションでスタメン出場し、打順も1・2・6・7・8番を経験したが、定位置確保には至らなかった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た何かひとつ feat. JAY'ED & 若旦那

    FUNKY MONKEY BABYS「大切」(2011年開幕 - 4月)、JAMOSA「何かひとつ」(2011年5月以降)亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た上宮太子中学校・高等学校

    保育園時代に7つ上の兄にキャッチボールを教えてもらい小学校1年で野球を始め、中学時代はボーイズリーグ「オール大和」のエースとして全国大会、ボーイズリーグ日本代表として世界大会を制覇。上宮太子高等学校では3年春に第72回選抜高等学校野球大会出場。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たバット (野球)

    無駄な動きのない安定したスイングから「内角低目を事もなげに打ち返す」巧打が特徴。2009年には第二回WBCで同僚だった稲葉篤紀の打撃フォームを参考に25本塁打を記録するなど過去最高の結果を残した。だが、上述のように2010年から2012年にかけてスランプに陥ったが、それは「さらなる長打力を求めて上半身の筋トレに励んだ結果、筋肉のバランスを崩したことが原因」との一説もある。2013年シーズンからは長打へのこだわりを捨て、グリップの位置を下げてオープンスタンス気味に構え、フォームを一本足打法からすり足打法に変えたことで、低めの変化球にも対応できるようになったと言われている。バットはミズノ社製のグリップを細くしたイチローモデルを使用している。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た世界大学野球選手権大会

    東都の中央大学商学部に進学後は内野手(主に遊撃手)として1年春からレギュラーで出場。上級生になると外野手にコンバートされた。東都大学野球リーグでMVP1回・ベストナイン3回を受賞し、4年時には東都通算10人目の通算100安打を達成、主将として秋季リーグで25年ぶりの1部優勝に貢献した。日米大学野球選手権大会、世界大学野球選手権大会の日本代表にも選ばれ、銀メダルに貢献している。東都大学リーグ通算108試合出場、401打数101安打、打率.252、13本塁打、53打点。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たジョージア魂賞

    ''、三塁手として新加入の村田修一とレギュラーを争う予定だったが、チーム事情から主に外野手として出場。5月2日の対広島戦では自身の守備のミスでチームが敗北。試合後、原監督は「見苦しい。一晩中寝ないで反省してほしい」と厳しいコメントを出した。しかし、翌日の同カードで汚名返上となる決勝ホームランを放ち、涙ながらにヒーローインタビューに応えた。また、このプレーで5月のジョージア魂賞を受賞した。9月22日対ヤクルト戦の9回表に公式戦で初めて二塁の守備に就いた。しかし、4月に頭部死球で鼻骨骨折、7月に左親指捻挫など怪我に苦しんだこともありレギュラー再奪取は果たせず。打率.236に対し長打率.409と長打力を発揮したものの、2010年を下回る60試合、117打席の出場に留まった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

99件中 71 - 80件表示

「亀井義行」のニューストピックワード