99件中 81 - 90件表示
  • 亀井義行

    亀井義行から見た日本プロ野球80周年記念試合

    ''、2月26日の試合前練習中、内野ノックで捕球する際に右手に打球を受け、右手人差し指第一関節の骨折と診断される。その後手術を受け回復、5月17日の二軍戦で実戦復帰し、5月31日の対オリックス戦で一軍復帰。7番右翼手で先発出場すると0対0で迎えた延長12回表に馬原孝浩から決勝のソロ本塁打を放った。その後も右翼手のレギュラーとしてスタメン出場を続け、勝負強い打撃と守備でチームの勝利に貢献。チームを2度目の交流戦優勝に導き、交流戦MVPを獲得した。69試合の出場ながら3割近い打率を残した。クライマックスシリーズではファイナルステージで阪神と対戦。チームはストレートの4連敗で敗退したが、第3戦ではランディ・メッセンジャー、第4戦には能見篤史からそれぞれソロホームランを打つなど、不振だった打撃陣においてレスリー・アンダーソンと共に気を吐いた。オフの10月21日に、「日本プロ野球80周年記念試合」の阪神・巨人連合チームに選出された事が発表された亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た外野手

    亀井 善行(かめい よしゆき、本名:亀井 義行(読み同じ)、1982年7月28日 - )は、奈良県大和郡山市出身のプロ野球選手(外野手、内野手 )。右投左打。読売ジャイアンツ所属。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たオーストラリアン・ベースボールリーグ

    ''、開幕から5番に起用されたものの前年の活躍から一転して不振に陥り、度重なる故障もあって3度の二軍落ちを経験。ルーキー長野久義が台頭した影響で71試合の出場に留まり、打率.185、5本塁打、17打点の成績に終わった。11月6日、減額制限を上回る30%減の年俸4200万円で契約更改した。秋季キャンプでは「たぐいまれな器用さがある」と評する原辰徳監督の意向で三塁手へのコンバートが決まり、実戦における守備練習の機会を求めオーストラリアン・ベースボールリーグにも参加した。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たボーイズリーグ

    保育園時代に7つ上の兄にキャッチボールを教えてもらい小学校1年で野球を始め、中学時代はボーイズリーグ「オール大和」のエースとして全国大会、ボーイズリーグ日本代表として世界大会を制覇。上宮太子高等学校では3年春に第72回選抜高等学校野球大会出場。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た中央大学硬式野球部

    東都の中央大学商学部に進学後は内野手(主に遊撃手)として1年春からレギュラーで出場。上級生になると外野手にコンバートされた。東都大学野球リーグでMVP1回・ベストナイン3回を受賞し、4年時には東都通算10人目の通算100安打を達成、主将として秋季リーグで25年ぶりの1部優勝に貢献した。日米大学野球選手権大会、世界大学野球選手権大会の日本代表にも選ばれ、銀メダルに貢献している。東都大学リーグ通算108試合出場、401打数101安打、打率.252、13本塁打、53打点。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    '、谷佳知の不振により開幕6試合目で2番打者として起用されると、4月3日の中日戦で1番・高橋、3番・小笠原道大と共に川上憲伸から球団9年ぶりとなる3者連続本塁打を放ち、チームのシーズン初勝利に貢献。5月からは1番打者に定着したが、5月26日の対北海道日本ハムファイターズ戦で、右足関節を捻挫。7月25日に一軍復帰するが、谷との併用が続いた。中日ドラゴンズとのクライマックスシリーズでは第1戦で負傷した鈴木尚広に代わり第2戦から1番でスタメン出場。14打数7安打1打点の活躍でチームの日本シリーズ出場に貢献。日本シリーズにも出場し、第2戦では大沼幸二から同点適時打、第5戦は打線の7回の涌井秀章からの5連打の一人となったり、第6戦では帆足和幸からチーム唯一の得点となる適時打を放った。第7戦では5番を任され、初回に相手先発の西口文也が自身の打席で暴投し、先制点が入り、なおも1死2、3塁のチャンスだっただセカンドゴロに倒れ、得点できず、後続も倒れてしまった。2回に坂本勇人のソロ本塁打で2点にリードを広げるも、これ以降西武投手陣の継投の前に走者を出せず、8回に逆転され、日本一を逃した。第7戦は無安打に終わってしまい、前述の暴投で先制後のチャンスを逃したのが響く形となってしまったが、一定の活躍を見せた。翌年からは清水隆行の移籍により空いた背番号9'を着用することが決まった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た2008年の日本シリーズ

    '、谷佳知の不振により開幕6試合目で2番打者として起用されると、4月3日の中日戦で1番・高橋、3番・小笠原道大と共に川上憲伸から球団9年ぶりとなる3者連続本塁打を放ち、チームのシーズン初勝利に貢献。5月からは1番打者に定着したが、5月26日の対北海道日本ハムファイターズ戦で、右足関節を捻挫。7月25日に一軍復帰するが、谷との併用が続いた。中日ドラゴンズとのクライマックスシリーズでは第1戦で負傷した鈴木尚広に代わり第2戦から1番でスタメン出場。14打数7安打1打点の活躍でチームの日本シリーズ出場に貢献。日本シリーズにも出場し、第2戦では大沼幸二から同点適時打、第5戦は打線の7回の涌井秀章からの5連打の一人となったり、第6戦では帆足和幸からチーム唯一の得点となる適時打を放った。第7戦では5番を任され、初回に相手先発の西口文也が自身の打席で暴投し、先制点が入り、なおも1死2、3塁のチャンスだっただセカンドゴロに倒れ、得点できず、後続も倒れてしまった。2回に坂本勇人のソロ本塁打で2点にリードを広げるも、これ以降西武投手陣の継投の前に走者を出せず、8回に逆転され、日本一を逃した。第7戦は無安打に終わってしまい、前述の暴投で先制後のチャンスを逃したのが響く形となってしまったが、一定の活躍を見せた。翌年からは清水隆行の移籍により空いた背番号9'を着用することが決まった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た盗塁

    入団当初から遠投115メートルの強肩と広い守備範囲を首脳陣から高く評価されており、特に肩の強さに関しては12球団トップクラスとも言われており、それは第2回WBC出場時にチームメイトとなったイチローからも称賛されるほどだった。スタメンに定着した2009年には外野手と一塁手で日替わりで出場し、2010年からは三塁手、二塁手としてもプレーしたが、2013年からは本人の希望で外野手としての出場に専念するようになった。走塁面では一塁到達3.87秒の俊足を誇るが、盗塁は企図・成功ともに少ない。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た2004年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2004年のドラフト会議で読売ジャイアンツから4巡目指名を受け入団。背番号は25。同期入団に東野峻や野間口貴彦がいる。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    ''、2月26日の試合前練習中、内野ノックで捕球する際に右手に打球を受け、右手人差し指第一関節の骨折と診断される。その後手術を受け回復、5月17日の二軍戦で実戦復帰し、5月31日の対オリックス戦で一軍復帰。7番右翼手で先発出場すると0対0で迎えた延長12回表に馬原孝浩から決勝のソロ本塁打を放った。その後も右翼手のレギュラーとしてスタメン出場を続け、勝負強い打撃と守備でチームの勝利に貢献。チームを2度目の交流戦優勝に導き、交流戦MVPを獲得した。69試合の出場ながら3割近い打率を残した。クライマックスシリーズではファイナルステージで阪神と対戦。チームはストレートの4連敗で敗退したが、第3戦ではランディ・メッセンジャー、第4戦には能見篤史からそれぞれソロホームランを打つなど、不振だった打撃陣においてレスリー・アンダーソンと共に気を吐いた。オフの10月21日に、「日本プロ野球80周年記念試合」の阪神・巨人連合チームに選出された事が発表された亀井義行 フレッシュアイペディアより)

99件中 81 - 90件表示

「亀井義行」のニューストピックワード