431件中 11 - 20件表示
  • 柳村

    柳村から見た五島列島五島列島

    柳村(やなぎむら)は、長崎県五島列島の北部、小値賀島にかつて存在した北松浦郡の村。1926年(大正15年)4月に近隣の村と合併を行い、小値賀村となった。柳村 フレッシュアイペディアより)

  • 平町 (長崎県)

    平町 (長崎県)から見た五島列島五島列島

    平町(たいらまち)は、長崎県五島列島の北端、宇久島の北部にかつて存在した北松浦郡の町。1955年(昭和30年)に南隣の神浦村と合併を行い、宇久町となった。平町 (長崎県) フレッシュアイペディアより)

  • 宇久町

    宇久町から見た五島列島五島列島

    宇久町(うくまち)は、長崎県北松浦郡の離島にあった町。五島列島最北端に位置する。近隣の文化圏は佐世保市。2006年(平成18年)3月31日に佐世保市へ編入された。宇久町 フレッシュアイペディアより)

  • 神浦村 (長崎県北松浦郡)

    神浦村 (長崎県北松浦郡)から見た五島列島五島列島

    神浦村(こうのうらむら)は、長崎県五島列島の北端、宇久島の南部にかつて存在した北松浦郡の村。1955年(昭和30年)に北隣の平町と合併を行い、宇久町となった。神浦村 (長崎県北松浦郡) フレッシュアイペディアより)

  • 伊号第三十六潜水艦

    伊号第三十六潜水艦から見た五島列島五島列島

    1946年(昭和21年)4月1日、日本潜水艦を処分する「ローズエンド作戦」に参加し、五島列島沖で海没処分された。伊号第三十六潜水艦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊号第五十三潜水艦

    伊号第五十三潜水艦から見た五島列島五島列島

    戦後は光と呉の間を1往復した後佐世保に回航され、11月30日除籍。翌1946年4月1日、の五島列島沖で日本潜水艦を処分する「ローズエンド作戦」に参加し、アメリカ軍の実艦標的として海没処分となった。伊号第五十三潜水艦 フレッシュアイペディアより)

  • 倭寇

    倭寇から見た五島列島五島列島

    これら後期倭寇は沿岸部の有力郷紳と結託し、さらに後期には、大航海時代の始まりとともにアジア地域に進出してきたポルトガルやイスパニア(スペイン)などのヨーロッパ人や日本の博多商人とも密貿易を行っていた(大曲藤内『大曲記』)。後期倭寇の頭目には、中国人の王直や徐海、李光頭、許棟などがおり、王直は日本の五島列島などを拠点に種子島への鉄砲伝来にも関係している。鉄砲伝来後、日本では鉄砲が普及し、貿易記録の研究から、当時、世界一の銃の保有量を誇るにいたったとも推計されている。倭寇 フレッシュアイペディアより)

  • 福江町 (長崎県)

    福江町 (長崎県)から見た五島列島五島列島

    福江町(ふくえまち)は、長崎県南松浦郡にあった町。五島列島南部の福江島東部を主な町域とした。1954年(昭和29年)に福江島東部の周辺各村と合併し市制施行、福江市となった。現在は五島市の中心市街地を成している。福江町 (長崎県) フレッシュアイペディアより)

  • 樺島村 (長崎県南松浦郡)

    樺島村 (長崎県南松浦郡)から見た五島列島五島列島

    樺島村(かばしまむら)は、長崎県五島列島の椛島にかつて存在した南松浦郡の村。1957年(昭和32年)に福江市へ編入された。現在は五島市の一部となっている。樺島村 (長崎県南松浦郡) フレッシュアイペディアより)

  • 久賀島村

    久賀島村から見た五島列島五島列島

    久賀島村(ひさかじまそん)は、長崎県五島列島の久賀島にかつて存在した南松浦郡の村。1957年(昭和32年)に福江市へ編入された。現在は五島市の一部となっている。久賀島村 フレッシュアイペディアより)

431件中 11 - 20件表示

「五島列島のできごと」のニューストピックワード