354件中 101 - 110件表示
  • チャイナリスク

    チャイナリスクから見た人民元人民元

    人民元の為替レートを意図的に操作する為替操作国疑惑チャイナリスク フレッシュアイペディアより)

  • 円明園十二生肖獣首銅像

    円明園十二生肖獣首銅像から見た人民元人民元

    豚の頭部は、2003年、中華海外流出文物救援基金がアメリカで所在を確認した。アメリカの所有者は同基金への譲渡に同意した。2003年9月、何鴻?(スタンレー・ホー)は同基金におよそ600万を寄付した。その後、頭部は保利集団に寄贈され、保利集団傘下の北京保利芸術博物館が公開している。円明園十二生肖獣首銅像 フレッシュアイペディアより)

  • 台州駅

    台州駅から見た人民元人民元

    2009年9月28日:甬台温線の運営開始に伴い開業した。駅前で式典が行われた。総投資額は6.5億である。台州駅 フレッシュアイペディアより)

  • 遠華密輸事件

    遠華密輸事件から見た人民元人民元

    遠華密輸事件(えんかみつゆじけん、ユエンファーみつゆじけん)は1996年から1999年にかけて、頼昌星を会長とする遠華電子有限公司という貿易会社が、約800億の関税を脱税したとされている事件。発生地をもって「アモイ事件」ともいう。建国以来最大規模とされているが、これらは全て「公式見解」であり、実態は謎である。遠華密輸事件 フレッシュアイペディアより)

  • 北朝鮮向けビラ

    北朝鮮向けビラから見た人民元人民元

    ビラの内容は朝鮮戦争は北朝鮮の南侵だったことや金総書記の私生活を暴露するものが多く、2008年4月からはアメリカドルや人民元を同封している。北朝鮮向けビラ フレッシュアイペディアより)

  • 杭州湾海上大橋

    杭州湾海上大橋から見た人民元人民元

    10年間にわたる調査の末、2003年に認可され、2004年6月8日起工式が挙行された。2007年6月30日に貫通、2008年5月1日に開通した。完成後は上海から寧波への路程が320キロ短縮され、輸送や観光に大きな役割をはたすものと期待されている。完工時期は2010年の上海国際博覧会にタイミングを合わせたものとみられる。総投資額は118億人民元に及び、このうち35%が寧波の私営企業から調達され、残りは国家開発銀行などの金融機関がファイナンスを担当している。開通時の普通車の通行料金は80元。開通当初は景色を見るために徐行運転をしたり駐車したりする者が多く、大渋滞が発生した。追突事故も多発したという。上海市から寧波市まで、長距離バスで3時間程で行ける。杭州湾海上大橋 フレッシュアイペディアより)

  • ラッキーフィルム

    ラッキーフィルムから見た人民元人民元

    2010年(平成22年)の総売上は、33億人民元を計上している。ラッキーフィルム フレッシュアイペディアより)

  • 阜陽駅

    阜陽駅から見た人民元人民元

    2007年:10億の費用をかけて改造を始めた。阜陽駅 フレッシュアイペディアより)

  • 呼和浩特黒馬足球倶楽部

    呼和浩特黒馬足球倶楽部から見た人民元人民元

    2007年 8月2日、オーナーの王珀がチームから600万人の賄賂を受けていた事により、選手及びファンが激怒。延辺長白虎との試合をボイコットし、これを最後に甲級リーグから撤退。事態を重く見た中国サッカー協会は10万元の罰金及び2008年度のリーグ参加資格を禁止した。これを受けて、10月23日チームは解散した。呼和浩特黒馬足球倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • 鯤鵬航空

    鯤鵬航空から見た人民元人民元

    2006年12月に当初出資額を5億(約7.5億円)として、深航空とメサ航空(Mesa Airlines)が出資して設立された。深圳航空の出資比率は51%を占めており、実質的には深圳航空の子会社である。2007年10月から運行を開始した。鯤鵬航空 フレッシュアイペディアより)

354件中 101 - 110件表示

「人民元政策」のニューストピックワード