前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示
  • ベル研究所

    ベル研究所から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    2006年4月、親会社のルーセント・テクノロジーズはアルカテルとの合併に合意した。2006年12月1日、アルカテル・ルーセントが業務を開始。ベル研究所はアメリカの国防関係の研究開発にも関わっていたため、この合併に対して合衆国政府は懸念を抱いた。ベル研究所およびルーセントとアメリカ政府との間の国家機密に関わる契約を扱うため、アメリカ人のみで構成される取締役会の別会社 LGS が創設された。ベル研究所 フレッシュアイペディアより)

  • ルーセント・テクノロジー

    ルーセント・テクノロジーから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    ルーセントは2006年12月1日、フランスの企業と合併し、アルカテル・ルーセントとなった。ルーセント・テクノロジー フレッシュアイペディアより)

  • ネイパービル (イリノイ州)

    ネイパービル (イリノイ州)から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    かつては農業町だったネイパービルは、1990年代に世界的に知られた公立学校などに職と環境を求めて入ってきた専門職がいたために、富裕な都市に変遷してきた。市内には、ナルコ・ホールディング社、テラブス、アルカテル・ルーセントおよびBPの北アメリカ化学事業本社などハイテク企業が多くある。2008年、フォーチュンが選定したアメリカ合衆国で「住みよく事業を始めるのに」適した場所として、100箇所のうちの29位にランクされた。2006年、雑誌「マネー」では、毎年のアメリカの住みたい小都市調査で第2位に位置付けた。2005年と2008年の調査では第3位だった。ネイパービル (イリノイ州) フレッシュアイペディアより)

  • ネクサンス

    ネクサンスから見たアルカテルアルカテル・ルーセント

    ネクサンス(Nexans S.A.)はフランスパリに本社を置くアルカテルグループの産業、建物及びデータ伝送のローカルエリアネットワークインフラを製造する総合電線メーカー。ネクサンス フレッシュアイペディアより)

  • パテントプール

    パテントプールから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    2008年4月、LTE(Long Term Evolution)に関連する、仏アルカテル・ルーセント、スウェーデン エリクソン、NEC、米NextWaveWireless Inc.、フィンランド ノキア、フィンランドNokia Siemens Networks社、英ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ社の7社がライセンス料の上限を1ケタ%とすべきとの共同宣言を行った。7社は特許所有者であると同時に特許使用者でもあり、LTEに限らずW-CDMA、GSMも含めた特許ライセンス料を「携帯電話であれば端末価格の10%未満、ノートパソコンであれば10米ドル未満」と広言することでパテントプールに加わらない特許所有者(アウトサイダー)を牽制している。パテントプール フレッシュアイペディアより)

  • ノキア

    ノキアから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    携帯電話の通信設備では世界第2位であり(世界第1位はスウェーデンのエリクソン)、GSM、W-CDMA (UMTS) 方式の携帯電話の通信設備を携帯通信事業者向けに開発して販売している。この携帯電話の通信設備のビジネスは2006年にシーメンス(ドイツ)との合弁事業とし、ノキア・シーメンス・ネットワークスが設立された。2013年にはノキア・シーメンスを100%子会社化し、2014年4月にノキア・ネットワークスと社名変更された。2016年にはアルカテル・ルーセント(フランス)を買収した。ノキア フレッシュアイペディアより)

  • アルカテル

    アルカテルから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    アルカテル フレッシュアイペディアより)

  • テレデシック

    テレデシックから見たアルカテルアルカテル・ルーセント

    通信衛星を用いてインターネットをサービスする同様な計画としては米モトローラ社が計画していたCelestri、仏アルカテル社が計画していたSkyBridge等があるがCelestriは早々に計画が中止され、またSkyBridgeもイリジウム事業失敗の後、立ち消えとなった。テレデシック フレッシュアイペディアより)

  • SES アストラ

    SES アストラから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    SES アストラの運用する人工衛星の設計は、ボーイング衛星システム(BSS、かつての Hughes Space and Communications)、EADSアストリアム、アルカテル・スペースが行っている。SES アストラ フレッシュアイペディアより)

  • VoiceXML

    VoiceXMLから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    1999年3月、AT&T、IBM、ルーセント、モトローラは、音声対話を記述するマークアップ言語を標準化すべく VoiceXML Forum を結成した。1999年9月、VoiceXML 0.9 が完成して査読され、2000年3月、VoiceXML 1.0 を公開した。その直後 VoiceXML Forum は、この標準を W3C に移管した。W3C は何度かこれを改訂し、2004年3月に VoiceXML 2.0 が最終勧告となった。VoiceXML フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示