仏サノフィ・アベンティス ニュース&Wiki etc.

サノフィ()は、フランス・パリを本拠とする製薬・バイオテクノロジー企業である。医薬品(処方箋医薬品)販売では世界有数の規模を持つ。ユーロネクスト・パリ、フランクフルト証券取引所、ロンドン証券取引所、ニューヨーク証券取引所に株式を上場しており(、、、)、ユーロネクスト・パリではCAC 40の採用銘柄となっている。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「サノフィ・アベンティス」のつながり調べ

  • アミノグアニジン

    アミノグアニジンから見たサノフィ

    1986年に発見されたアミノグアニジンはAlteon社(現:Synvista Therapeutics社)によって糖尿病性腎症治療薬として開発が始められ、1989年にはマリオン・メレル・ダウ社との共同開発契約が締結されたが、1995年にヘキスト社(現:サノフィ社)がマリオン・メレル・ダウ社を買収した後に資金提供が停止され、1998年に第III相臨床試験で有効性を示せず計画が頓挫した。(アミノグアニジン フレッシュアイペディアより)

  • フェキソフェナジン

    フェキソフェナジンから見たサノフィ

    フランスのサノフィ(旧アベンティス)が創製した。アメリカでは1996年から、日本では2000年から日本法人のアベンティス・ファーマ(現・サノフィ)から発売されている。同社の主力商品の一つであり、ロラタジン(クラリチン、2002年日本発売)やセチリジン(ジルテック、1998年日本発売)などと並び、世界で最も消費されている第二世代抗ヒスタミン薬の一つである。(フェキソフェナジン フレッシュアイペディアより)

「サノフィ・アベンティス」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ