前へ 1 2 3 4 5 6 7
64件中 1 - 10件表示
  • クロピドグレル

    クロピドグレルから見たサノフィサノフィ

    Bristol-Myers Squibb official website Bristol-Myers Squibb/Sanofiクロピドグレル フレッシュアイペディアより)

  • サンテラボ研究所

    サンテラボ研究所から見たサノフィサノフィ

    サンテラボ研究所 フレッシュアイペディアより)

  • カメラヴェルク・ドクトル・クリューゲナー

    カメラヴェルク・ドクトル・クリューゲナーから見たサノフィサノフィ

    。卒業後すぐ染料会社マイスター・ルーチウス・ウント・ブリューニング(Meister Lucius & Brüning 、ヘキスト、サノフィ・アベンティスを経て現サノフィ)に化学者として就職、会社のあったフランクフルトに移住した。最初に取った特許は火災報知器だった。会社員時代から写真を趣味としていた。プラウベルの創業者ヒューゴ・シュラーダー(Hugo Schrader )の義理の父親でもある。カメラヴェルク・ドクトル・クリューゲナー フレッシュアイペディアより)

  • EAファーマ

    EAファーマから見たサノフィサノフィ

    1998年 - 森下ルセルがヘキストジャパン株式会社の医薬品部門、日本ルセル株式会社、マリオン・メレル・ダウと統合し、ヘキスト・マリオン・ルセル株式会社に商号変更する(現在のサノフィ株式会社)。EAファーマ フレッシュアイペディアより)

  • フェロジピン

    フェロジピンから見たサノフィサノフィ

    フェロジピン(Felodipine)は、高血圧の制御のために用いられるカルシウム拮抗剤である。アストラゼネカからPlendil、サノフィからRenedilの商標てま販売されている。合成法の特許は2007年に切れた。フェロジピン フレッシュアイペディアより)

  • H5N1亜型

    H5N1亜型から見たサノフィサノフィ

    2008年初頭現在、アメリカ合衆国では2,700万人分の仏サノフィパスツール社が開発したプレパンデミック・ワクチンを用意しているが、さらにアジュバントと呼ばれるグラクソ・スミスクライン社とノバルティス社が開発した物質によって必要な抗原量を12分の1程度まで減らせられる可能性がある。H5N1亜型 フレッシュアイペディアより)

  • インクレチン

    インクレチンから見たサノフィサノフィ

    リキスミア(1日1回)(サノフィ(株)インクレチン フレッシュアイペディアより)

  • インスリンアナログ

    インスリンアナログから見たサノフィサノフィ

    2003年にインスリン製剤の濃度が100IU/mLに統一されて以来、インスリンアナログ製剤の濃度も100IU/mLであったが、2015年7月、サノフィは製剤特性の改善を理由として300IU/mLの製剤を承認取得した。インスリンアナログ フレッシュアイペディアより)

  • リキシセナチド

    リキシセナチドから見たサノフィサノフィ

    リキシセナチド(lixisenatide)とはサノフィがZealand Pharma A/S(デンマーク・コペンハーゲン、www.zealandpharma.com )からライセンスを取得したGLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)受容体作動薬であり、2型糖尿病を対象とした治療に関して研究が進められ、2013年6月28日に承認を取得し、2013年9月17日に発売された。臨床試験で悪性腫瘍の増加が懸念された他、動物実験においても催奇形性が観察された。リキシセナチド フレッシュアイペディアより)

  • イルベサルタン

    イルベサルタンから見たサノフィサノフィ

    イルベサルタン(Irbesartan)はアンジオテンシンII受容体拮抗薬のひとつで、高血圧症治療薬。フランスの旧サノフィ社(サンテラボとの合併前、現在のサノフィ)で開発された。日本での製品名はアバプロ(大日本住友製薬)およびイルベタン(塩野義製薬)。また、アムロジピン(ベシル酸塩)との合剤としてアイミクス、トリクロルメチアジドとの合剤としてイルトラがある。イルベサルタン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
64件中 1 - 10件表示