前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
132件中 1 - 10件表示
  • ボグダノフ事件

    ボグダノフ事件から見たル・モンドル・モンド

    最終的に、論争は主流メディアの注意を引き、物理学者たちのコメントが広まる新たな場ができた。『ル・モンド』紙は1982年のフィールズ賞受賞者アラン・コンヌの「自身の精通していない事について彼らが話していると私が確信するのに長くは掛からなかった」という言葉を引用した。またノーベル物理学賞受賞者の ジョルジュ・シャルパク はフランスのトークショー番組で、ボグダノフ兄弟の科学界における居場所は「存在しない」と述べた。ボグダノフ事件 フレッシュアイペディアより)

  • 石油食料交換プログラム

    石油食料交換プログラムから見たル・モンドル・モンド

    Le MondeM. Boidevaix aurait été "en contact constant avec le quai d'Orsay" ル・モンド2005年10月13日石油食料交換プログラム フレッシュアイペディアより)

  • 塙嘉彦

    塙嘉彦から見たル・モンドル・モンド

    東京府生まれ。実家は神官の家系。東京都立日比谷高等学校を経て1958年東京大学仏文学科を卒業。大江健三郎は仏文科での学友だった。最初のフランス政府技術研修生として、『ル・モンド』紙、『フランス・オプセルヴァトゥール』誌、『エクスプレス』で仕事をした。1959年中央公論社に入社。『中央公論』や『季刊中央公論・経営問題』でスター編集者として知られるようになる。『中央公論』編集部在職時には、ジャーナリストの松尾文夫に、キッシンジャーの電撃訪中の3ヶ月前の1971年5月号に「ニクソンのアメリカと中国──そのしたたかなアプローチ」というスクープ的記事を書かせた。またこの時期、山口昌男に『本の神話学』に所収される論考を書かせ、執筆活動を本格化させた。塙嘉彦 フレッシュアイペディアより)

  • トマ・ピケティ

    トマ・ピケティから見たル・モンドル・モンド

    2012年4月17日には、他の数多くの経済学者たちとともに、フランソワ・オランドへの支持を『ル・モンド』紙上で表明した。しかし、2015年1月1日にはレジオンドヌール勲章の受勲候補を「だれに名誉を与えるか決めることは政府の役割ではない」「政府はフランスとヨーロッパの経済回復に専念した方がよい」と述べて辞退するなどフランソワ・オランドと距離を置くようになった。トマ・ピケティ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件

    アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件から見たル・モンドル・モンド

    11月28日、251,287件の文書の内、219件がエル・パイス(スペイン)、ル・モンド(フランス)、デア・シュピーゲル(ドイツ)、ガーディアン(イギリス)、ニューヨーク・タイムズ(アメリカ)によるマスコミ報道によって同時に公開された。アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件 フレッシュアイペディアより)

  • 竹本忠雄

    竹本忠雄から見たル・モンドル・モンド

    1971年(39歳)3月、『ル・モンド』(Le Monde)に、評論「解放の笑い/寒山からジョルジュ・バタイユまで」(Le rire libérateur de HanShan à Georges Bataille)の掲載により、外国人でありながら巧みなフランス語を認められ、同新聞社から依頼を受け、「我は他者なりや/川端康成、安部公房、大江健三郎の日本三小説家作品」(4月19日)、「自らの起源を索める民族、日本」(1973年5月13/14日)を寄稿し、在パリ文芸評論家として定評を得る。5月5日、恩師ジャン・グルニエの葬儀。5月、ブルージュ武術協会において「肚について」を講演。6月22日、ベルリンからかけつけた黛敏郎とともに「パリ憂国忌」を主催する。エール・フランス機内誌『アトラス』10月号に「神道/鏡の霊性」(Le shintô/ La spirutialité d'un miroir)掲載し、フランスに伊勢神宮の写真西行などを紹介する。10月1日、昭和天皇の御来仏前夜、フランスラジオのインタビューで天皇とマッカーサーの会見秘話を語る。10月2日、昭和天皇皇后両陛下を日本大使館公邸にて、在留邦人二百人余とともに迎える。竹本忠雄 フレッシュアイペディアより)

  • ソルジェニーツィンの個人史

    ソルジェニーツィンの個人史から見たル・モンドル・モンド

    1973年8月中旬 「ル・モンド」紙「AP通信」記者との会見で「私が急死したと聞いたら、国家保安委員会の仕業だ」と衝撃的な発言をした。ソルジェニーツィンの個人史 フレッシュアイペディアより)

  • カイエ・デュ・シネマ

    カイエ・デュ・シネマから見たル・モンドル・モンド

    現在は、ジャン=ミシェル・フロドンをディレクターとして、エマニュエル・ビュルドーが編集長を務める。ローラン・ラボリウェブ編集長による同誌公式サイトでは、日本語を含む各国語で記事の翻訳紹介も行っている。2003年(平成15年)、ル・モンド傘下となるが、2009年(平成21年)、英国のファイドン・プレス(:en:Phaidon Press)に売却された。カイエ・デュ・シネマ フレッシュアイペディアより)

  • マルセル・レルビエ

    マルセル・レルビエから見たル・モンドル・モンド

    1952年 - 1962年、レルビエはテレビ製作に移行し、フランスのテレビ向けの文化番組の先駆者となり、ルクセンブルクやスイスのテレビでも仕事をした。レルビエは新聞に書く仕事をつづけ、1953年には『ル・モンド』紙の映画欄設立に助力した。1978年には回顧録『La tête qui tourne』(「撮影/回転する頭」の意、2006年再版 ISBN 2714412157)を出版した。マルセル・レルビエ フレッシュアイペディアより)

  • 第13回東京国際映画祭

    第13回東京国際映画祭から見たル・モンドル・モンド

    ジャン・ミッシェル・フロドン(仏「ル・モンド」記者)第13回東京国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
132件中 1 - 10件表示

「仏紙ルモンド」のニューストピックワード

  • 脱毛皮

  • BVLGARI AVRORA AWARDS(ブルガリ アウローラ アワード) 2018

  • 元日本代表FW柿谷曜一朗