伊勢神宮 ニュース&Wiki etc.

伊勢神宮(いせじんぐう)は、三重県伊勢市にある神社。なお「伊勢神宮」とは通称であり、正式名称は地名の付かない「神宮(じんぐう)」。他の神宮と区別するため「伊勢の神宮」と呼ぶこともあり、親しみを込めて「お伊勢さん」「大神宮さん」とも称される。神社本庁の本宗(ほんそう)である。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「伊勢神宮」のつながり調べ

  • 後奈良天皇

    後奈良天皇から見た伊勢神宮

    慈悲深く、天文9年(1540年)6月、疾病終息を発願して自ら書いた『般若心経』の奥書には「今茲天下大疾万民多阽於死亡。朕為民父母徳不能覆、甚自痛焉。窃写般若心経一巻於金字、(中略)庶幾虖為疾病之妙薬 (大意:このたび起きた大病で大変な数の人々が亡くなってしまった。人々の父母であろうとしても自分の徳ではそれができない。大いに心が痛む。密かに金字で般若心経を写した。(略)これが人々に幾ばくかでも疫病の妙薬になってくれればと切に願っている。)」との悲痛な自省の言を添えている。また、天文14年(1545年)8月の伊勢神宮への宣命には皇室と民の復興を祈願するなど、天皇としての責任感も強かった。(後奈良天皇 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の冠

    日本の冠から見た伊勢神宮

    木綿鬘は日本神話の「天石窟」の段で天鈿女命が用いた故事に遠由する。これは、麻苧を冠の磯に当て後ろへまわし、纓壷付近で諸鉤に結ぶ。木綿鬘は遷座時に用いるが、伊勢神宮では恒例大祭にも使用する。(日本の冠 フレッシュアイペディアより)

「伊勢神宮」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「伊勢神宮」
地図情報

「伊勢神宮」のニューストピックワード