住民基本台帳ネットワーク ニュース&Wiki etc.

住民基本台帳ネットワークシステム(じゅうみんきほんだいちょうネットワークシステム)、通称住基ネット(じゅうきネット)とは、日本において、地方公共団体と行政機関で個々の日本国民を特定する情報を共有・利用することを目的として構築され稼働したシステム。市区町村の住民基本台帳に記録されている者(=日本国民)に11桁の住民票コード… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「住民基本台帳ネットワークシステム」のつながり調べ

  • 佐藤一夫

    佐藤一夫から見た住民基本台帳ネットワークシステム

    2011年、国立市長選挙に自民・公明・みんな3党の推薦を受け、関口博市長が就任以来、反対し続けている住民基本台帳ネットワークシステムへの接続や市政改革を訴え出馬。3,533票差で関口市長を破り、初当選を果たした。(佐藤一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 戸籍統一文字

    戸籍統一文字から見た住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムで使用される文字についてもこの「戸籍統一文字」と同様に総務省が選定した住民基本台帳ネットワーク統一文字及びそれに付された統一文字コードという番号が存在するが、戸籍統一文字が5万6040字(漢字5万5267字のほか変体仮名、平仮名、片仮名、括弧類、ラテン文字、ギリシア文字、キリル文字、アラビア数字など非漢字773字)あるのに対して住民基本台帳ネットワーク統一文字は約2万字(住基ネット統一文字コードの文字数については2万1千字とするものや19,435字とするものなどがある。)と全体数が大きく異なっており、戸籍統一文字との互換性はなく、例えば戸籍統一文字で別番号が振られている字体が住民基本台帳ネットワーク統一文字では一つしか無かったり、逆に住民基本台帳ネットワーク統一文字では別番号が振られている文字が戸籍統一文字では無いなど統一されていない。(戸籍統一文字 フレッシュアイペディアより)

「住民基本台帳ネットワークシステム」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ