166件中 101 - 110件表示
  • 働かない権利

    働かない権利から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    新約聖書2 共同訳聖書実行委員会、日本聖書協会・訳 佐藤優・解説 文藝春秋 2010年 ISBN 9784166607822働かない権利 フレッシュアイペディアより)

  • 井戸正枝

    井戸正枝から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    佐藤優との対談) 井戸正枝 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の学生運動

    日本の学生運動から見た佐藤優 (作家)佐藤優 (作家)

    佐藤優 - 元外務省官僚。70-80年代の活動家。母方の伯父からの刷り込みがあり、埼玉県立浦和高校では社青同協会(向坂逸郎)派に所属、同志社大学では同派を脱退、神学部自治会・学友会運動に参加する、『私のマルクス』(文藝春秋、2007/12)より。後に鈴木宗男とともに逮捕され有罪確定。日本の学生運動 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎行太郎

    山崎行太郎から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    2007年11月、「沖縄集団自決裁判」関連では、大江健三郎の『沖縄ノート』の内容を擁護する立場から、『ある神話の背景』において曽野綾子が『沖縄ノート』の「罪の巨塊」を「罪の巨魂(魁)」と誤記・誤読したことが全ての原因であるとして、曽野や小林よしのりを攻撃したが、この山崎の発言に対して、曽野とも対談したことのある池田信夫が、誤表記は単なる編集者側のミスであり、曽野本人のミスではないと主張し、「著書といえば自費出版しかないような自称評論家は対談もしたことがないのか」と反論、その後も山崎も自らのブログ記事で池田に再反論し、「君の日本語は大丈夫か(笑)?」と揶揄した。この問題をめぐっては、佐藤優とも対談を行っている。山崎行太郎 フレッシュアイペディアより)

  • ビッグコミック

    ビッグコミックから見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    憂国のラスプーチン(作:佐藤優、画:伊藤潤二)ビッグコミック フレッシュアイペディアより)

  • 二島返還論

    二島返還論から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    北方領土問題が膠着化する中で二島先行返還論は政治家の鈴木宗男や外務省幹部の東郷和彦や佐藤優が知られており、森喜朗は現職首相として訪露した際、ロシア側へ提案したこともあるが、先方からは拒否された。鈴木宗男は、「二島先行返還論」はマスメディアによる造語であるとして、自らの立場を「段階的返還論」と呼んでいる。鈴木宗男の段階的返還論は、色丹島と歯舞群島の二島のみが日本領土であるとするロシア側の主張やかつての日本政府の主張とは異なり、四島とも日本固有の領土であるが、まずは二島を返してもらおうというものである。二島返還論 フレッシュアイペディアより)

  • ヤキマンカ

    ヤキマンカから見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    日本語ではヤキマンコと称されることがある。ロシア語転写方式から考えると誤りであるが、これはトリビアの泉でも紹介された。また佐藤優と西原理恵子の共著「とりあたま帝国 右も左も大集合!編」によると、この地区はイギリス大使館もある1等地であるが、ソ連時代に在ロシア日本国大使館の建て替えが必要になった際、当時のソビエト社会主義共和国連邦政府から、この地区内の土地の提供を打診されたものの、女性器の俗称を想起させるためか、日本側から断ったという。ヤキマンカ フレッシュアイペディアより)

  • 田原 総一朗

    田原総一朗から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    2009年3月15日、フォーラム神保町主催の緊急シンポジウム「青年将校化する東京地検特捜部〜小沢第一秘書逮捕にみる検察の暴走〜」に魚住昭、郷原信郎、佐藤優、鈴木宗男、平野貞夫、二木啓孝、宮崎学らとともに参加した。田原総一朗 フレッシュアイペディアより)

  • ENEOSプレゼンツ あさナビ

    ENEOSプレゼンツ あさナビから見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    8月25日 - 8月29日:佐藤優(文筆家、元外交官)ENEOSプレゼンツ あさナビ フレッシュアイペディアより)

  • 在ロシア日本国大使館

    在ロシア日本国大使館から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    佐藤優が1988年(昭和63年)から1995年(平成7年)まで勤務しており、佐藤の勤務当時のエピソードが多数明るみに出ている。在ロシア日本国大使館 フレッシュアイペディアより)

166件中 101 - 110件表示

「佐藤優」のニューストピックワード