166件中 111 - 120件表示
  • 国策捜査

    国策捜査から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    この用語は検察自身が使用していたものが逆に検察を批判する文脈で一般に使用されるようになったものである。もともとは、1996年のいわゆる住専事件において、公的資金投入に対する世論の反発を緩和するために政府主導で行われた一連の捜査を指して使用されはじめた。2005年には鈴木宗男事件で逮捕・起訴された外交官の佐藤優による手記『国家の罠』がベストセラーとなったことで一般に広く知られるようになる。国策捜査 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た佐藤優 (作家)佐藤優 (作家)

    2013年12月 『特定秘密保護法案と日本版NSC』(共著者: 佐藤優)、株式会社金曜日、ASIN B00H6W56EA福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 河相周夫

    河相周夫から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    2013年(平成25年)6月、通常2年以上の在職期間となる外務事務次官職を10ヶ月弱で退任。次官就任前から作家の佐藤優による批判をたびたび受けており、佐藤はこの次官退任劇についても安倍首相による事実上の更迭であるとしているが、同月に小笠原倫明総務事務次官、真砂靖財務事務次官、金子順一厚生労働事務次官、坂篤郎日本郵政社長が、いずれも就任1年を満たずに退任した他、7月には森口泰孝文部科学事務次官も退任し、さらにこれに先立って3月に金沢博範防衛事務次官も退任、2012年(平成24年)12月には梅本和義内閣官房副長官補が就任1ヶ月ほどで退任していたなど、次官級職員の異例の退任が相次ぐ中での人事だった。河相周夫 フレッシュアイペディアより)

  • ライブドア事件

    ライブドア事件から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    ライブドアの株式市場の私物化、政治や経済までを牛耳ろうとする同社や堀江貴文の姿勢に対する政財界の危機感が理由にあげられている。また、東京地検元特捜部長の大鶴基成の、「額に汗して働く人、リストラされ働けない人、違反すれば儲かると分かっていても法律を遵守している企業の人たちが憤慨するような事案を万難を排しても摘発したい」という発言にみられるような国民感情を代弁したかったということもあげられている。このため、ライブドア事件の捜査は規制緩和が進んだ新自由主義の行き過ぎを是正するための国策捜査だったのではないかという指摘もある。佐藤優は、国策捜査は「時代のけじめ」をつけるためにおこなわれると述べているが、実際、日本が銀行の不良債権問題に起因した長期不況にあえいでいたころ、堀江は規制緩和と過剰流動性という金余りを享受していた。しかし、竹中平蔵が金融担当大臣に就任してからは銀行の不良債権問題は解決に向かい、それにつれ景気は回復し、日本銀行は2006年3月9日、過剰流動性を生んだ量的緩和の解除を決めた。そのような時代の転換点に強制捜査がおこなわれたという。ライブドア事件 フレッシュアイペディアより)

  • 副島隆彦

    副島隆彦から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    『暴走する国家恐慌化する世界 迫り来る新統制経済体制の罠』 佐藤優共著 日本文芸社 2008副島隆彦 フレッシュアイペディアより)

  • 特定秘密の保護に関する法律

    特定秘密の保護に関する法律から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    元外交官の佐藤優は、週刊金曜日の福島瑞穂とのインタビューの中で『今回の特定秘密保護法案は多くの公務員の「配偶者や家族が外国人かどうか」を調べる。実際は、特定の国の人と結婚している人はバツ。いまの日本の政治体制からすると、中国人や韓国人、ロシア人、イラン人などと結婚している外務省員は全員、特定秘密保護法案が定める適性評価に引っかかる。特定秘密保護法案は人種差別条項』と批判している。特定秘密の保護に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のラジオ (日本)

    2015年のラジオ (日本)から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    2月22日 - あさラジスペシャル 佐藤優の緊急提言 ニッポンに迫る危機はコレだ!(ニッポン放送、日曜日18:00。A:増山さやか、G:手嶋龍一、下村博文、又吉直樹(ピース))2015年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • キャリア (国家公務員)

    キャリア (国家公務員)から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    佐藤優『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』新潮社、2005年。ISBN 4104752010キャリア (国家公務員) フレッシュアイペディアより)

  • 関岡英之

    関岡英之から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    佐藤優)「アメリカが押しつけた『東京裁判史観』が封印した、戦前日本の知的遺産」 『アメリカの日本改造計画』2006年12月関岡英之 フレッシュアイペディアより)

  • 読売新聞

    読売新聞から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    2011年10月20日、読売新聞東京本社編集局社会部次長の恒次徹記者は、自由報道協会で行われた小沢一郎衆議院議員の記者会見において、事前に了解していたはずの「参加者は司会者の指示に従う」というルールを守らず、上杉隆や岩上安身と衝突した取材態度が問題視された。恒次記者は、会見の席上、司会者が静止しているにも関わらず繰り返し質問をおこない、ゲストが答えている最中に声をかぶせて持論を展開。主催者側では、動画中継されている記者会見自体を妨害する行為と判断。そこでたしなめた所、恒次記者が「対話がしたいもので…」「小沢さんがきちんと答えない。私たちはこれまでも数々の会見に出席し、追及してきた」と反論したばかりか、公平性を重視し外部のフリーアナウンサーを司会に起用しているにも関わらず、「司会者の司会が不当な場合もある」と司会に責任転嫁したからである。主催者側の上杉と岩上は激怒。恒次徹社会部次長の「失笑」ものの「不規則発言」「露骨な決めつけ」もあって、ネットでは大いに話題となった。2011年10月27日、読売新聞は、検証記事「本紙記者へ激しい抗議 自由報道協会」で「ルール違反と過剰に騒ぐことは、会見者を追及から守ることにしかならない」と反論。寄付金で賄われ、ボランティアが運営する記者会見に出席しても、あたかもルールなど守る必要はない、という見解を示して、さらなる自由報道協会側の反発をまねいた。なお、この事件については、「読売新聞の記者が、国民、つまり読者を見ていないから起きたのです。要するに『会社の方針』だから、そのために一所懸命、取材をやって紙面化してる。…、自説の開陳なんて、本来、会見でやることではない」(佐藤優)などの意見が出されており、読売新聞側を支持する人は、とりわけネット上では2割にとどまるなど、厳しい批判にさらされている。読売新聞 フレッシュアイペディアより)

166件中 111 - 120件表示

「佐藤優」のニューストピックワード