166件中 131 - 140件表示
  • 袴田茂樹

    袴田茂樹から見た佐藤優 (作家)佐藤優 (作家)

    元外交官の佐藤優によれば、袴田はロシア問題におけるオピニオンリーダーであり、外務省のブレーンとして対露政策決定に一定の影響力を持つという。袴田茂樹 フレッシュアイペディアより)

  • 山内昌之

    山内昌之から見た佐藤優 (作家)佐藤優 (作家)

    佐藤優)『第3次世界大戦の罠 新たな国際秩序と地政学を読み解く』(徳間書店、2015年) 山内昌之 フレッシュアイペディアより)

  • ゲンナジー・ジュガーノフ

    ゲンナジー・ジュガーノフから見た佐藤優 (作家)佐藤優 (作家)

    1996年6月 『ロシアと現代世界 汎ユーラシア主義の戦略』(黒岩幸子・佐藤優共訳)、自由国民社、ISBN 4426752000ゲンナジー・ジュガーノフ フレッシュアイペディアより)

  • 反米保守

    反米保守から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    2009年に民主党政権が発足してからは、民主党内の反米勢力の枠組みが変化し、評論家の天木直人や副島隆彦は、田中角栄や保守本流の正統な後継者であると位置付ける向きもある小沢一郎を軸にした「親小沢(反・三宝会)」(一新会・小沢グループ系)議員が唯一、対米自立を目指す勢力であり、それ以外の「反小沢」議員を対米隷属派に分類することができるとした。小沢一郎本人は『日本改造計画』において、日米同盟強化を前提とした『普通の国』論を主張し、新進党や自由党を率いて小選挙区制・二大政党制確立のための選挙改革、新自由主義・新保守主義寄り経済政策を主張するなどし、これが識者から親米傾向のある政策との批判もあるが、小選挙区制については戦前に既に原敬が導入済みであり、また二大政党制についても戦前には立憲政友会と立憲民政党という軸があった。また、新党大地の鈴木宗男など政界での反米保守派の議員数は少なくなりつつある。論評の分野では、新党大地を支援している佐藤優は原理日本社の蓑田胸喜を再評価している。反米保守 フレッシュアイペディアより)

  • 山口二郎

    山口二郎から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    国立大学の独立法人化に伴い教員が公務員でなくなったため、選挙では応援演説を積極的に行っている。佐藤優とともに、北海道に根を下ろした活動という点で鈴木宗男の「新党大地」を応援している。2005年の総選挙では、辻元清美などの応援演説を行った。また、普天間基地移設問題では和田春樹らと共に、アメリカ海兵隊が日本から全面撤収するよう求める声明を発表した。山口二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 米原万里

    米原万里から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    1966年4月、明星学園高等学校入学、1969年3月に卒業。同年4月、榊原舞踊学園民族舞踊科入学。1971年3月に同校を中退し、同年4月、東京外国語大学外国語学部ロシア語学科に入学、この頃に日本共産党入党。1975年3月に同大を卒業し、同年4月、汐文社に入社。1976年3月、同社を退社し、同年4月、東京大学大学院人文科学研究科露語露文学専攻修士課程に進学。1978年3月、同修士課程修了。が、死亡時『しんぶん赤旗』訃報欄には、党歴無記載ではあるが掲載された。後年(2002年5月13日)、逮捕直前の佐藤優に米原は「私は共産党に査問されたことがある。あのときは殺されるんじゃないかとほんとうに怖かったわ。共産党も外務省も組織は一緒よ」と語っている。また、日本共産党から離れた後「今の社会の仕組みや矛盾を説明するのに、カール・マルクスほどぴったりな人はいないわよ。絶対的とは言わないけれど、今読むことのできる思想家の中では、あれほど普遍的に世の中の仕組みや矛盾をきちんと説明できる思想家は他にいない」とたびたび語っていた。米原万里 フレッシュアイペディアより)

  • 平野貞夫

    平野貞夫から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    2010年1月18日、フォーラム神保町と現代深層研究会主催の緊急シンポジウム「『新撰組』化する警察&検察&官僚がニッポンを滅ぼす!」に、青木理、魚住昭、大谷昭宏、岡田基志、木村三浩、郷原信郎、佐藤優、鈴木宗男、田原総一朗、宮崎学らとともに参加した。平野貞夫 フレッシュアイペディアより)

  • 筆坂秀世

    筆坂秀世から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    筆坂秀世・佐藤優「(特別対談)度し難きかな、共産党と外務省:その共通性を斬る(上)」『月刊正論』7月号(通号412)、産經新聞社、54 - 69ページ、2006年。筆坂秀世 フレッシュアイペディアより)

  • 杉原千畝

    杉原千畝から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    佐藤優 『国家の罠 ? 外務省のラスプーチンと呼ばれて』新潮社、2005年 ISBN 4-10-475201-0杉原千畝 フレッシュアイペディアより)

  • 杉原千畝

    杉原千畝から見た佐藤優 (作家)佐藤優 (作家)

    しかし、当時外務省在モスクワ大使館に在職していた佐藤優は、その後刊行した『国家の罠』(2005) において、その名誉回復すら「当時の外務省幹部の反対を押し切」ってなされたものであったとし、千畝の不服従に対する外務省関係者の執拗な敵意の存在を証言している。杉原千畝 フレッシュアイペディアより)

166件中 131 - 140件表示

「佐藤優」のニューストピックワード