96件中 71 - 80件表示
  • 1997年のテレビ (日本)

    1997年のテレビ (日本)から見た佐野浅夫佐野浅夫

    水戸黄門(第25部)(主演:佐野浅夫1997年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 山田風太郎 からくり事件帖-警視庁草紙より-

    山田風太郎 からくり事件帖-警視庁草紙より-から見た佐野浅夫佐野浅夫

    隅のご隠居(幕末・最後の江戸南町奉行・駒井信興):小林桂樹(第1話?第4話)/佐野浅夫(第5話?第9話)山田風太郎 からくり事件帖-警視庁草紙より- フレッシュアイペディアより)

  • わたしが・棄てた・女

    わたしが・棄てた・女から見た佐野浅夫佐野浅夫

    浅丘ルリ子、小林トシ江、河原崎長一郎、小沢昭一、加藤武、加藤治子、露口茂、佐野浅夫ほか出演わたしが・棄てた・女 フレッシュアイペディアより)

  • 劇団民藝

    劇団民藝から見た佐野浅夫佐野浅夫

    1971年には内部で対立が起こり、佐野浅夫・佐々木すみ江・下條正巳・鈴木瑞穂らが退団。劇団民藝 フレッシュアイペディアより)

  • 玉ねぎ横丁の花嫁さん

    玉ねぎ横丁の花嫁さんから見た佐野浅夫佐野浅夫

    定吉(加代子の父):佐野浅夫玉ねぎ横丁の花嫁さん フレッシュアイペディアより)

  • 西村晃

    西村晃から見た佐野浅夫佐野浅夫

    なお、80年代に入るとテレビドラマでの活動が目立ち、『水戸黄門』では、どこかとぼけた喜劇的要素を活かし、第14部から第21部まで9年間水戸光圀役を演じて、お茶の間の人気者となる。1970年代以前の生まれの世代には、それまでの代名詞だった月形龍之介や東野英治郎に比して若々しいイメージからシティボーイ黄門と呼ばれ、1970年代〜1980年代前半の生まれの世代には天下の副将軍に相応しい上品な振る舞いから、降板後に至るまで、水戸黄門の代名詞として親しまれた。1992年長年連れ添った則子夫人が亡くなったショックもあり光圀役を降板、佐野浅夫にバトンタッチした。光圀役としての出演回数は283回である。最後の立ち回りのシーンでは涙目になっていた。西村晃 フレッシュアイペディアより)

  • 犬神家の一族

    犬神家の一族から見た佐野浅夫佐野浅夫

    古館恭三(弁護士) - 佐野浅夫犬神家の一族 フレッシュアイペディアより)

  • 県警対組織暴力

    県警対組織暴力から見た佐野浅夫佐野浅夫

    倉島警察署刑事課の部長刑事である久能徳松(菅原文太)は、暴力団担当のやり手だがヤクザとの癒着も辞さない悪徳刑事であり、大原組の若衆頭である広谷(松方弘樹)とは盟友である。連続する抗争や違法捜査のさ中、二人は川手組の土地買収をかぎつけ、その計画を叩き潰す。祝杯を上げる二人であったが、川手組との抗争はさらにその激しさを増し、川手組と利害を共有する県上層部は、大原組を潰すために動き出す。倉島署に派遣された県警本部捜査第二課の海田警部補(梅宮辰夫)は、ヤクザと警察官の交際を禁じ、清廉潔白な捜査を久能たちに命令する。海田の強引なやり口に反発するベテラン刑事の吉浦(佐野浅夫)は居場所をなくし、大原組は追い詰められ、久能と広谷の関係にもヒビが入っていく……。県警対組織暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のテレビ (日本)

    1975年のテレビ (日本)から見た佐野浅夫佐野浅夫

    じゃがいも 第2シリーズ(出演:森光子、佐野浅夫、吉沢京子、三浦友和、志村喬 他)1975年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 水戸黄門外伝 かげろう忍法帖

    水戸黄門外伝 かげろう忍法帖から見た佐野浅夫佐野浅夫

    お馴染み『水戸黄門』の登場人物の一人であるくノ一・かげろうお銀を主役に配した水戸黄門唯一のスピンオフ作品。水戸黄門本編の第23部と第24部の橋渡し的なストーリーであるが、あくまでも「外伝」であり『水戸黄門』本編のシリーズナンバーにはカウントされていない。第1話では水戸光圀(佐野浅夫)や佐々木助三郎(あおい輝彦)・渥美格之進(伊吹吾郎)などの当時の『水戸黄門』の登場人物が出演しており、また本作の登場人物である名張の翔が本作の後日譚にあたる『水戸黄門』第24部にゲスト出演を果たすなど、『水戸黄門』本編も通じて本作の世界観・設定を『水戸黄門』シリーズと擦り合わせる演出がなされていた。水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 フレッシュアイペディアより)

96件中 71 - 80件表示

「佐野浅夫」のニューストピックワード