338件中 101 - 110件表示
  • ディバイダ

    ディバイダから見た道具道具

    ディバイダ(divider)とは、「区切るもの」を意味し、事物を分割する道具や物に使用される名前である。本棚などの間仕切りや、長さを測り取る文房具、電波の分配器、除算器などがこの名で呼ばれる。ディバイダ フレッシュアイペディアより)

  • 缶切り

    缶切りから見た道具道具

    缶切り(かんきり)とは、缶詰の蓋を切断しながら開封するために用いる道具である。缶切り フレッシュアイペディアより)

  • 時間地理学

    時間地理学から見た道具道具

    睡眠などの人間の生物的な限界、交通手段などの道具や技術などの利用可能性による活動の限界を指す。時間地理学 フレッシュアイペディアより)

  • ハイトゲージ

    ハイトゲージから見た道具道具

    ハイトゲージ()とは、定盤の上で工作物の高さを測定する道具である。また、平行線を精密にけがくためにも使われる。測定に使用する際は、場合により、ダイヤルゲージを取り付ける。ハイトゲージ フレッシュアイペディアより)

  • 擦文時代

    擦文時代から見た道具道具

    擦文時代には鉄器が普及して、しだいに石器が作られなくなった。普及した鉄器は刀子(ナイフ)で、木器などを作る加工の道具として用いられたと考えられている。他に斧、刀、装身具、鏃、釣り針、裁縫用の針など様々な鉄製品が用いられた。銅の鏡や中国の銅銭も見つかっている。これら金属器は主に本州との交易で入手したが、北方経由で大陸から入ってきたものもあった。製鉄は行わなかったと見られるが、鉄の加工(鍛冶)の跡が検出されている。また青森県五所川原窯で作られた須恵器が北海道各地から出土している。擦文時代 フレッシュアイペディアより)

  • アイスピック

    アイスピックから見た道具道具

    形状は穴開け用道具の千枚通しを大きくしたような、1本のニードルに柄をつけた形態のものが一般的である。柄尻は手や槌で叩いて力を加えられるように太く、さらに金具で補強されている場合が多い。大きさや形状は様様で、氷を細かく砕くのに特化した複数の先端(3本刃など)を持つもの、安全のため先端を覆うバネ付のものもある。アイスピック フレッシュアイペディアより)

  • 道具箱

    道具箱から見た道具道具

    道具箱(どうぐばこ)とは、ある作業を行うのに必要な道具類をひとまとめにして収納する持ち運びできる大きさの箱である。日本語では特に大工道具を収める箱を指していう。また、特に学童が学用品を収める箱のことを指していう場合は接頭辞の「お」をつけて「おどうぐばこ」という。一部の地方で机の中のことをお道具箱 フレッシュアイペディアより)

  • 森俊憲

    森俊憲から見た道具道具

    大学卒業後に京セラにて約10年間商品企画に携わる。その後ボーダフォン(現ソフトバンクモバイル)に勤務し、株式会社ボディクエストを立ち上げる。体型管理カウンセリングやパーソナルトレーニング指導を行う。特別な道具や広いスペースも必要とせず、自宅などで自分の体重を負荷にして、手軽に実践できるトレーニング手法で、自身のボディデザインを実現させたメソッドを体系化したフィットネスプログラムを開発し、オンライン(遠隔指導)でありながら、オーダーメイドのパーソナルトレーニングをマンツーマンで行う。また、NPO法人日本ホリスティックビューティー協会委員を務める。森俊憲 フレッシュアイペディアより)

  • 自作

    自作から見た道具道具

    例えば、何らかの道具を、自分が使うために、素材を加工して作ったり、部品を買い集めて組み立てること。自作 フレッシュアイペディアより)

  • 音具

    音具から見た道具道具

    音具(おんぐ、Sound Apparatus)とは音を出す道具のうち、音が出る(音を出す)が楽器とは言いにくい物のこと。音具 フレッシュアイペディアより)

338件中 101 - 110件表示

「使うもの」のニューストピックワード