338件中 131 - 140件表示
  • 独考

    独考から見た道具道具

    として、女性としての自分の立場を語調強く訴える。そして、女子と小人は扱いがたいと記す孔子をして「心行き届かぬ」と述べ、みずからの教化不足を棚にあげて女子小人取るに足らないと見下すところが一番人に受け入れやすいと手厳しく批判する。そして、儒教道徳は、表向きの飾り道具であり、門外に置くべきものなのであって、「道具がぶきよう」なため怪我をすることがあるから、「家事」には用いるべきではないとする。さらに、独考 フレッシュアイペディアより)

  • くるみ割り

    くるみ割りから見た道具道具

    くるみ割り(くるみわり)は、胡桃の固い殻を割るための道具である。やっとこに似た形をしたものがもっとも一般的で、この場合やっとことは異なりジョイント部分は最末端部にあり、それより手前の窪みの部分に胡桃を挟み込んで、てこの原理を利用して割る。ほかに万力のようにねじを回していって圧力を加えて割るタイプのものや、通常のやっとこ型の先端に刃がついた和くるみ用のものなどさまざまな形状がある。くるみ割り フレッシュアイペディアより)

  • 骨抜き

    骨抜きから見た道具道具

    骨抜き(ほねぬき、オランダ語 Fishbone Pincet、英語 Fishbone Tweezers)は、魚類の骨を挟んで抜くために用いる道具。魚類を加工・調理する際に骨を抜く用途に使われることが多く、加工工場や厨房で使用される。また研究用途として、生物の解剖にも使用される。ピンセット状の物からペンチ状の物まで各種あるが、一般にピンセットの一種に分類される。先端形状は平らになっており、骨を掴む用途に特化してある。骨は斜めに抜き取る。骨抜き フレッシュアイペディアより)

  • 柄杓

    柄杓から見た道具道具

    柄杓(ひしゃく)は水や汁物を掬うための道具。柄がついた器状をしている。柄杓 フレッシュアイペディアより)

  • 櫂

    から見た道具道具

    櫂(かい)とは、人力により船の推進力を得るための道具である。櫂を使って船を進ませることを「漕ぐ」(こぐ)という。櫂は一般に長い棒状であり、一端の平らな部分を水に入れ、漕ぎ手はその反対側の柄の部分を握って操作する。 フレッシュアイペディアより)

  • 板谷波山記念館

    板谷波山記念館から見た道具道具

    工房:東京・田端にあった工房を移築したもの。波山の同僚であった平野耕輔が設計した三方焚口倒焔式丸窯や愛用の道具類を展示する。板谷波山記念館 フレッシュアイペディアより)

  • 計量器

    計量器から見た道具道具

    計量器(けいりょうき)とは、計量法では、計量するための器具・機械・装置を指す。なお計量法では「計量」とは、次に掲げるもの(以下「物象の状態の量」と言う)を計ることを指す。計量器 フレッシュアイペディアより)

  • 人文字

    人文字から見た道具道具

    人文字(ひともじ)は、マスゲームの一種で、多数の人間が様々な道具などを使い、色鮮やかな表現を使ってパフォーマンスをする。コレオグラフィー()とも。人文字 フレッシュアイペディアより)

  • 遠山品右衛門

    遠山品右衛門から見た道具道具

    狩猟生活に用いた道具など遺品が、多く大町山岳博物館(安曇野アートライン)に保管されている。遠山品右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • ゴーグル

    ゴーグルから見た道具道具

    ゴーグル()は、目を保護するため顔面に着用する道具。スポーツや作業時、前面ガラスが無い自動車やオートバイを運転するときなどに、目に水や埃のような異物が侵入したり、眼球が直接風を受けたりしないように保護する目的で使用される。紫外線を防ぐ機能を持ったものもある。それぞれの用途に応じて製品化されたものがあるほか、野球などのスポーツを行う際に汎用のものが着用される場合がある。また、花粉症対策用として花粉が目に付着することを防ぐ、薄くて透明なプラスチック製のゴーグルもある。ゴーグル フレッシュアイペディアより)

338件中 131 - 140件表示

「使うもの」のニューストピックワード