109件中 11 - 20件表示
  • 原口元気

    原口元気から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    江南南サッカー少年団の主力選手として2003年の第27回全日本少年サッカー大会で優勝に貢献。その同年に行われた全日本少年フットサル大会に出場、決勝では6ゴール7アシストと全ゴールに絡む活躍で兵庫FCを圧倒し優勝二冠を手にした。中学進学と共に浦和レッズジュニアユースに所属。その後、飛び級でユースに昇格した。原口元気 フレッシュアイペディアより)

  • 手塚康平

    手塚康平から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    小学生時代は地元宇都宮市のともぞうSCでプレーし、小学6年時の2008年には全日本少年サッカー大会に出場した。手塚康平 フレッシュアイペディアより)

  • キャプテン翼

    キャプテン翼から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    南葛市では全日本少年サッカー大会県予選に備え選抜チーム「南葛SC」を結成。翼、若林、岬、石崎らは南葛SCの選手として県予選に出場し全国大会出場を決めるが、予選決勝で若林が負傷し大会出場を危ぶまれる。全国の舞台では翼らの前にハングリー精神の旺盛な日向小次郎、恵まれた才能を持ちながら心臓病を抱える三杉淳、双子の立花兄弟といったライバルたちが立ちはだかるが、激戦を制して決勝進出を果たす。決勝戦は日向や若島津健らを擁する明和FCとの再戦となるが、負傷の癒えた若林が合流し再延長戦の末に4-2のスコアで明和を退けて優勝を果たす。大会終了後、ブラジル行きに胸を膨らませる翼だったが、ロベルトは彼を残して帰国、友人の岬は転校、若林は西ドイツへ留学するなど新しいステージへ旅立っていく。キャプテン翼 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜F・マリノス

    横浜F・マリノスから見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    2004年 第28回全日本少年サッカー大会 優勝横浜F・マリノス フレッシュアイペディアより)

  • 愛知FC

    愛知FCから見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    2004年、ジュニア:全日本少年サッカー大会3位愛知FC フレッシュアイペディアより)

  • 内田利広

    内田利広から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    小学生時代に多比良少年団で全日本少年サッカー大会準優勝、中学時代に国見中学で全国中学校サッカー大会準優勝、高校時代に国見高等学校で全国高校サッカー選手権大会優勝の実績を持つ。またU-17サッカー日本代表やバルセロナ五輪予選代表にも選出されている。内田利広 フレッシュアイペディアより)

  • 水卜麻美

    水卜麻美から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    2010年8月7日、『全日本少年サッカー大会決勝戦中継』にてリポーターデビューを迎えた。水卜麻美 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢政輝

    平沢政輝から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    父親の転勤もあって小学時代は埼玉県浦和市(現在のさいたま市)、中学時代は広島県といったサッカー王国と呼ばれた地域で過ごし、小学時代はFC浦和の一員として全日本少年サッカー大会3位入賞と優秀選手に選出。中学時代はクラブチームの大河FCでサッカーを学んだ。平沢政輝 フレッシュアイペディアより)

  • 沖本辰也

    沖本辰也から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    選手としては無名だったが、小学校時代は広島県代表として全日本少年サッカー大会 に出場、中学時代も広島県代表として中国中学校サッカー大会に出場した。小学校時代は小沢通宏、高校時代は船本幸路、中国リーグ時代は小滝勇一 など全日本経験者の指導を受けている。沖本辰也 フレッシュアイペディアより)

  • 横河パイオニックス

    横河パイオニックスから見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    ジュニアは2011年に全日本少年サッカー大会で3位に入賞、2013年にはダノンネーションズカップ in JAPANで優勝して、2014年にダノンネーションズカップで優勝した。横河パイオニックス フレッシュアイペディアより)

109件中 11 - 20件表示

「全日本少年サッカー大会」のニューストピックワード