109件中 41 - 50件表示
  • 小倉南FC

    小倉南FCから見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    小倉南フットボールクラブは福岡県北九州市小倉南区のサッカークラブチーム。これまでに全日本少年サッカー大会に5回出場、第22回大会で全国優勝している。小倉南FC フレッシュアイペディアより)

  • レオーネ山口

    レオーネ山口から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    全日本少年サッカー大会山口県中央大会 - 優勝1回(2009年)、3位2回(2004年、2008年)レオーネ山口 フレッシュアイペディアより)

  • 堀池巧

    堀池巧から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    大榎克己、長谷川健太と並ぶ「清水東三羽烏」として知られる。少年時代に清水FCの一員として全日本少年サッカー大会で優勝、高校時代に清水東高校の一員として高校選手権で優勝するなどサッカーの町清水が育てたエリート選手として名を馳せる。順天堂大学時代の1986年に日本代表に初選出、そのままレギュラーに定着し以降、1993年のハンス・オフト監督時代にドーハの悲劇を経験するなど58試合に出場している。堀池巧 フレッシュアイペディアより)

  • 羽中田昌

    羽中田昌から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    選手時代は切れ味鋭いドリブル突破が持ち味のフォワードとして少年時代から注目され、甲府市立春日小学校5年生の時に湯田少年団の一員として全国サッカー少年団大会(全日本少年サッカー大会の前身)に出場。翌年には春日少年団の一員として同大会に出場し2年連続で優秀選手に選ばれ全国的に名前が知れ渡るようになった。羽中田昌 フレッシュアイペディアより)

  • 池田伸康

    池田伸康から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    小学時代の1982年にFC浦和の一員として全日本少年サッカー大会に出場し3位入賞と優秀選手に選出された。中学時代は地元の浦和ルーテル学院へ通学しながら、クラブチームのロクFCでサッカーを学んだ。高校は強豪の帝京高等学校へ進学、2年次から日本ユース代表クラスの選手を多数擁する同校のレギュラーとなったが、1987年度の高校総体ベスト4、高校選手権ベスト8進出が最高成績に終わった。池田伸康 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井貴政

    酒井貴政から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    小学6年生からサンフレッチェ広島F.Cの育成組織に転進、広島ジュニアに入団した。同級生に平繁龍一がいる。早くからボランチとして活躍、広島ジュニア時代の2000年には全日本少年サッカー大会出場。同年全日本少年フットサル大会に出場し準優勝、大会優秀選手に選ばれる。広島ジュニアユース時代は上野展裕監督のもと、2002年にはナイキプレミアカップジャパン準優勝し2003年マンチェスター・ユナイテッド・プレミアカップ出場。酒井貴政 フレッシュアイペディアより)

  • 平繁龍一

    平繁龍一から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    旧賀茂郡黒瀬町出身。小学校3年生からサンフレッチェ府中サッカースクールに加入。横竹翔と共にFWとして活躍しすぐに才能を見出される。このころの同期に酒井貴政がいる。ジュニアIIからジュニアを経て、4年生の時にはすでにジュニアユースの練習に参加、2000年には全日本少年サッカー大会出場、全日本少年フットサル大会準優勝に貢献し大会優秀選手に選ばれる。2003年にはマンチェスター・ユナイテッド・プレミアカップ出場している。平繁龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷尚輝

    大谷尚輝から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    2000年5歳の時、サンフレッチェ広島のスクールを連日見学していた縁でスクール入りし、2007年小学6年生からDFを本格的に始める。同年、広島ジュニアの一員として全日本少年サッカー大会に出場している。大谷尚輝 フレッシュアイペディアより)

  • 青木亮太

    青木亮太から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    5歳の時に鶴川FCでサッカーを始めた。東京ヴェルディ1969ジュニア時代には全日本少年サッカー大会を制し、日本一を経験。中学校卒業後にジュニアユースからユースへ昇格することもできたが、「高校で自分を鍛えたい」という思いから流通経済大学付属柏高校へ進学。1年時は走力不足を理由にBチームに落ちたこともあったが、2年時からはレギュラーを獲得した。3年時の高円宮杯U-18サッカーリーグ プレミアリーグでは、東地区で得点ランク2位の15得点を挙げ、リーグ優勝に貢献。ヴィッセル神戸U-18とのチャンピオンシップも制した。青木亮太 フレッシュアイペディアより)

  • 河合竜二

    河合竜二から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    1978年、東京都板橋区に生まれ、近所にあった帝京高校のサッカー部の練習を幼少の頃から両親に連れられ観に行っていたという環境の下で育てられ 、埼玉県鶴ヶ島町(現・鶴ヶ島市)に転居直後の4歳の時にサッカーを始める。小学3年生から地元のFC鶴ヶ島に所属し、6年生次には全日本少年サッカー大会の決勝大会に出場しベスト8入りを果たしている。卒業後は地元の鶴ヶ島中学校に進学しサッカー部に入部。2年生でレギュラーを勝ち取り 当時はフォワードでプレーしていた。中学卒業後は西武台高校へ進学し同級生の田畑昭宏と共にサッカー部に所属。1995年の2年生次にはインター杯で準優勝を経験し、個人としても埼玉県選抜に選ばれ国体に2年連続出場するなど活躍していたが、全国高等学校サッカー選手権大会への出場は1度も叶わなかった。河合竜二 フレッシュアイペディアより)

109件中 41 - 50件表示

「全日本少年サッカー大会」のニューストピックワード