109件中 61 - 70件表示
  • 高木大輔

    高木大輔から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    あざみ野F.C.でサッカーをはじめ、東京ヴェルディ1969ジュニアに入団した。小学6年時には第31回全日本少年サッカー大会にキャプテンとして出場し優勝に貢献した。またこの年度、東京ヴェルディジュニアは、全日本少年サッカー大会(11人制)・ダノンネーションズカップ(9人制)・チビリンピック(8人制)・バーモントカップ(フットサル)のジュニア4大全国大会で優勝している(2014年現在この記録は他にどこも成し得ていない)。ジュニアユースに昇格し、中学3年時には天皇杯でトップチームの試合にベンチ入りした。14歳326日でのベンチ入りはJリーグ発足後の史上最年少記録である。また3兄弟がベンチ入りするのも史上初。2011年10月にはU-17日本代表として2011 FIFA U-17ワールドカップに出場し、ベスト8となった。高木大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 庄野数馬

    庄野数馬から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    スポーツ中継(全日本少年サッカー大会山口県予選決勝の実況などを担当)庄野数馬 フレッシュアイペディアより)

  • 森麻季 (アナウンサー)

    森麻季 (アナウンサー)から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    第37回全日本少年サッカー大会(日本テレビ、2013年8月2日)森麻季 (アナウンサー) フレッシュアイペディアより)

  • 礒貝洋光

    礒貝洋光から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    小学校時代に全日本少年サッカー大会に出場すると天才サッカー少年として脚光を浴びた。中学時代はU-17日本代表のエースストライカー。 1985年に高校サッカーの名門帝京高校に入学すると1年生から10番を背負った。1986年にはU-20日本代表としてFIFAワールドユースアジア予選に出場した。礒貝洋光 フレッシュアイペディアより)

  • 土橋正樹

    土橋正樹から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    神奈川県出身であるが小学時代は静岡県清水市(現在の静岡市清水区)で過ごし、6年生の時に清水FCの一員として山田隆裕らと共に全日本少年サッカー大会に出場。高校は宮城県の東北学院高校へ進学、3年次の1990年に高校総体でベスト4進出に貢献すると、日本ユース代表に選出され名波浩、藤田俊哉らと共にAFCユース選手権に出場した。土橋正樹 フレッシュアイペディアより)

  • 刈谷市のスポーツ

    刈谷市のスポーツから見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    刈谷市内の市立中学校6校、市立小学校15校にはいずれも男子サッカー部があり、また少年(U-12)年代には7クラブが加盟している。刈谷市立刈谷南中学校は1950年代から1960年代にかけての強豪であり、愛知県中学校総体サッカー競技では4連覇を含む9回の優勝を誇る。1970年には第1回全国中学校サッカー大会に出場し、1977年にも同大会に出場した。1977年には少年年代の刈谷サッカースクールが第1回全日本少年サッカー大会に出場し、1979年、1980年、1981年にも同大会に出場した。1994年(平成6年)には少年年代の各クラブから選手を選抜した刈谷第一FCが同大会で優勝した。刈谷市のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 新田瞬

    新田瞬から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    翼が優勝した翌年に南葛SCを率いて、5年生の沢田タケシを擁する明和FCを決勝で下し全日本少年サッカー大会2連覇を成し遂げており、ずっと翼に対して対抗意識を持っていた。初登場時は「翼と同等の素質を持つ」などと言われ、日向や他の翼のライバル達に対しても不遜で挑戦的な態度をとっていた。新田瞬 フレッシュアイペディアより)

  • 茂庭照幸

    茂庭照幸から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    東京都品川区に生まれ、小学校3年生の時に仲間内でキックベースが流行ったことをきっかけに神奈川県厚木市のゴールプランダーズ(GP)でサッカーを始める。FWとして活躍していたが、6年生の時(1993年)にセンターバックへのコンバートを言い渡され 以来このポジションを中心にプレー。県内のサッカー大会では同い年で後にチームメートとなるライバル石川直宏と熾烈なマッチアップを繰り広げた。同年の全日本少年サッカー大会では全国ベスト8に進出するも、小松原学が所属する群馬県代表のFC邑楽に敗れた。茂庭照幸 フレッシュアイペディアより)

  • JFA 全日本U-12フットサル選手権大会

    JFA 全日本U-12フットサル選手権大会から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    決勝大会は8月に駒沢体育館で開かれる。ハウス食品グループ本社(ハウス食品)が協賛しているため、バーモントカップとも呼ばれる。2014年度までは9月から11月まで予選、翌年1月に決勝大会が行われていたが、全日本少年サッカー大会決勝大会が冬開催移行に伴い、本大会も2015年度からは夏開催に変更される。JFA 全日本U-12フットサル選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦大輔

    杉浦大輔から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    伊奈サッカー少年団時代、第10回全日本少年サッカー大会に出場しグループリーグで敗退。伊奈町立南中学校時代にはサッカー部キャプテンとして、1989年の埼玉県学徒総合体育大会でチームを県ベスト8へ導く。その時のポジションはセンターハーフ。杉浦大輔 フレッシュアイペディアより)

109件中 61 - 70件表示

「全日本少年サッカー大会」のニューストピックワード