109件中 71 - 80件表示
  • 杉森考起

    杉森考起から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    兄の影響で4歳からサッカーを始め、小学校3年の時に名古屋グランパスの下部組織へ入団。小学校6年時の全日本少年サッカー大会では9試合で17得点を挙げ、日本一の原動力となった。杉森考起 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島えりか

    徳島えりかから見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    2011年、日本テレビ入社。同期入社は山本紘之。同年7月24日、『真相報道 バンキシャ!』に鈴江奈々の代理として出演し、テレビ初出演。8月6日には『第35回全日本少年サッカー大会決勝戦中継』にて初のリポートを担当。8月20日・8月21日は『24時間テレビ34』の日産スタジアムチャリティーイベントにて司会進行を担当。徳島えりか フレッシュアイペディアより)

  • チビリンピック

    チビリンピックから見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    JA全農杯チビリンピック小学生8人制サッカー大会はチビリンピック最大の行事であり、毎年5月3日から5日に小机競技場と横浜国際総合競技場で開催される。冬の全日本少年サッカー大会と並ぶ少年サッカーの春の日本一決定戦。各地区の予選を勝ち抜いた10チームが2組に分かれてリーグ戦を行い、1位と2位各2チームが準決勝に進出。決勝は横浜国際総合競技場で開催される。試合時間は1ピリオド12分、3ピリオド制である。なお2011年は東北大会が東日本大震災のため中止となったため、関東地区が1チーム増枠された。2013年大会までは9チームだったが、2014年大会からは関東の出場枠が2チームとなった。チビリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソルのアカデミー

    柏レイソルのアカデミーから見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    全日本少年サッカー大会 : 3回 (1995年、1997年、2011年)柏レイソルのアカデミー フレッシュアイペディアより)

  • ディアブロッサ高田FC

    ディアブロッサ高田FCから見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    全日本少年サッカー大会 11回出場(1989、1991、1995、1998、2000、2002、2004、2005、2007、2009、2010)。2010年に準優勝を果たした。ディアブロッサ高田FC フレッシュアイペディアより)

  • 森晃太

    森晃太から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    小学校1年生の時から名古屋グランパスの下部組織に所属。6年時に出場した第33回全日本少年サッカー大会では、同期の杉森考起と共にチームの攻撃を牽引し、クラブ史上初の優勝を成し遂げた。森晃太 フレッシュアイペディアより)

  • BE BLUES!〜青になれ〜

    BE BLUES!〜青になれ〜から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    将来のサッカー日本代表入りを夢見る小学生の一条龍はサッカーノートに書いた将来の夢を実現させる第一歩として全日本少年サッカー大会での優勝を目指し幼馴染で双子の青梅優人と優希らとサッカーに熱中している。龍は大浦SCのエースとして埼玉県予選に出場すると、FC加賀谷の桜庭巧実や、麻倉キッカーズの渡辺健太(ナベケン)といった同年代のライバルの挑戦を退けて優勝を果たし、Jリーグクラブのユースチームのスカウトから注目を集める。その帰り道、龍は交通事故に巻き込まれそうになった優人を庇おうとした勢いで道路脇の階段から転落し、選手として致命的な重傷を負う。BE BLUES!〜青になれ〜 フレッシュアイペディアより)

  • 松木安太郎

    松木安太郎から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    暁星小学校時代からサッカーに打ち込み、小柄な体躯ながらゴールキーパーを務めていた。学校の代表チームである暁星アストラの選手に選ばれると小学6年生の時には全国サッカー少年団大会(全日本少年サッカー大会の前身)に出場した。松木安太郎 フレッシュアイペディアより)

  • Jヴィレッジ

    Jヴィレッジから見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    また、地域レベルの公式戦の試合会場として、規模の大きさ活かして日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会、日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会、全日本少年サッカー大会などの全国大会の大会会場として、幅広く使われていた。Jヴィレッジ フレッシュアイペディアより)

  • 森崎浩司

    森崎浩司から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    地元矢野小学校で兄・和幸と共に小学2年からサッカーをはじめる。山出久男から指導を受け、小学6年次に兄と共に全日本少年サッカー大会に出場している。佐藤康之・皆本勝弘は矢野中学校の先輩。矢野中学校からサンフレッチェ広島ユースへ入団。同級生は、兄・和幸、駒野友一、久保田学。木村孝洋から指導を受けた。攻撃的なMF・左アウトサイドとして活躍した。1999年高校3年次には2種登録選手となり、Jサテライトリーグでのパフォーマンスがエディ・トムソン監督に認められ、同年11月20日にガンバ大阪戦に初ベンチ入りした。森崎浩司 フレッシュアイペディアより)

109件中 71 - 80件表示

「全日本少年サッカー大会」のニューストピックワード