146件中 111 - 120件表示
  • 内藤大助

    内藤大助から見たEXCITING TIME

    2012年6月よりフジテレビNEXTの『ダイヤモンドグローブ』に解説者として加わることが発表された。また、同月20日に行われ、TBSが中継した井岡一翔VS八重樫東のWBC・WBAミニマム級王座統一戦でも解説者として出演し、それ以降も同局で解説を務めている。フジテレビが地上波ゴールデンタイムで放送する『EXCITING TIME』には歴代世界王者のひとりとしてゲスト出演。なお、現役時代にもテレビ東京の中継にゲスト解説として出演したことがある。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た民宿

    北海道虻田郡豊浦町生まれ。母親は、大助を身ごもっている時に夫と離婚しており、アルバイトで大助と4歳上の長男を養った。後に小さな民宿を始める。一家の生活は楽ではなかったものの、学校での大助少年はマラソン大会や運動会の徒競走で必ず1位になるなど運動神経抜群で、クラスでは人気者だった。中学では卓球部に所属。しかし、中学2年になるといじめの標的にされるようになる。クラス替えがきっかけともされたが、はっきりとした原因は本人にも分からないという。生活が苦しかったため、兄のお下がりの制服やスキーウェアなどを着ていけば「ボンビー(貧乏)」というあだ名で馬鹿にされたり、給食のおかずや貴重品を取り上げられたり、教師に見つからないよう人目につかない場所で暴行も受けた。内藤は胃潰瘍を患うまでに追い詰められるも、教師からはいじめには気付いてもらえず、気の強い母親への相談も諦め、1人でいじめに耐える中学生活を送った。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た視聴率

    2008年 TBSテレビ年間視聴率トップ3(かっこ内は番組平均世帯視聴率)内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たリフォーム

    夫人は2歳年上で、2000年に結婚、2人の男児をもうけている。夫人の両親は都内で惣菜店を営んでおり、ボクシングだけでは生活するのが困難だった頃はよく惣菜を分けてくれたという。また、収入が不安定だったにもかかわらず、夫人との結婚を許してくれた義理の両親を敬愛しており、テレビ朝日系列の人気番組『大改造!!劇的ビフォーアフター』を通じて店舗兼自宅のリフォームをプレゼントしている。これが契機となり、「有名人の実家リフォーム相談スペシャル」がシリーズ化された。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たタイ王国

    2002年4月19日、敵地タイでポンサックレック・シンワンチャー(タイ)の持つWBC世界フライ級王座に挑戦し、世界フライ級タイトルマッチ史上最短記録となる1R34秒KO負けを喫する(参照)。しかし、復帰戦でKO勝ちすると、その後も菊井徹平(花形)を下すなど順調に勝ち進みランキングを上昇させる。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た白石区

    2013年7月には、北海道札幌市白石区に内藤がプロデュースするラーメン店「麺屋べんべ」が開業。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た反則行為

    当の試合は、序盤からガードを固めて突進する単調な試合運びだった大毅に対し、内藤がガードの上から有効打を浴びせるなど老獪な技術で最終ラウンドまで圧倒し、判定3-0で圧勝、初防衛を果たした。大毅はこの試合で序盤からサミングやローブローを出し、試合中のオープンスコアリングシステムで大毅不利が伝えられると、12Rではグローブの上からサミングを出し更に内藤を抱えて投げ飛ばすなど様々な反則行為を行った。これらを陣営の兄・興毅と父・史郎が指示していた事実も後に明らかになり、日本中からの批判に晒された。内藤は勝利者インタビューで「思った以上にやりにくかった。ただ、ポンサクレックより全然弱かったです」「亀田に初黒星をつけて国民の期待に少しは応えられたと思います」とコメントし、観客から喝采を浴びた。そして内藤は試合後の会見において、「(腫れ上がった両眼周辺を指して)これは全部サミングです。試合中はずっと目ばかり狙ってきた」と怒りを露わにし、「ボクシングは喧嘩ではなくスポーツ。あっちが反省しないのなら、もう亀田兄弟とはやらない」と宣言した。しかし、10月17日に亀田父子が会見で謝罪したのを受け、「ああいう態度の亀田父子を見るのは初めて。僕はもう終わったことだからと割り切っている。いがみ合って終わりになったので『お疲れさま』と讃え合いたい。」と述べ、和解に前向きな姿勢を見せた。大毅は会見の翌日に内藤宅を訪問し直接謝罪、史郎も電話にて謝罪をしたとのことで、「気持ちは伝わりました。この問題はこれで本当に終わりです。」とコメントし、遺恨は終息に向かった。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た国立代々木競技場

    2008年7月30日に国立代々木競技場第一体育館で、当時の日本王者清水智信(金子)と3度目の防衛戦。9Rまで清水のアウトボクシングに苦戦しポイントリードを許したが、10Rにカウンターを起点にしたラッシュでダウンを奪う。立ち上った清水に更に畳み掛けて2度目のダウンを奪い、逆転KO勝ちで世界王座3度目の防衛を果たした。なお、この日の興行ではダブルタイトルマッチとして当時のWBA同級王者・坂田健史の防衛戦も行われ、対立する同階級日本人世界王者の競演となった。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たトラック乗り継ぎの旅

    北海道〜東京2000キロ!トラック乗り継ぎふれあい旅(2012年1月28日)内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たローブロー

    当の試合は、序盤からガードを固めて突進する単調な試合運びだった大毅に対し、内藤がガードの上から有効打を浴びせるなど老獪な技術で最終ラウンドまで圧倒し、判定3-0で圧勝、初防衛を果たした。大毅はこの試合で序盤からサミングやローブローを出し、試合中のオープンスコアリングシステムで大毅不利が伝えられると、12Rではグローブの上からサミングを出し更に内藤を抱えて投げ飛ばすなど様々な反則行為を行った。これらを陣営の兄・興毅と父・史郎が指示していた事実も後に明らかになり、日本中からの批判に晒された。内藤は勝利者インタビューで「思った以上にやりにくかった。ただ、ポンサクレックより全然弱かったです」「亀田に初黒星をつけて国民の期待に少しは応えられたと思います」とコメントし、観客から喝采を浴びた。そして内藤は試合後の会見において、「(腫れ上がった両眼周辺を指して)これは全部サミングです。試合中はずっと目ばかり狙ってきた」と怒りを露わにし、「ボクシングは喧嘩ではなくスポーツ。あっちが反省しないのなら、もう亀田兄弟とはやらない」と宣言した。しかし、10月17日に亀田父子が会見で謝罪したのを受け、「ああいう態度の亀田父子を見るのは初めて。僕はもう終わったことだからと割り切っている。いがみ合って終わりになったので『お疲れさま』と讃え合いたい。」と述べ、和解に前向きな姿勢を見せた。大毅は会見の翌日に内藤宅を訪問し直接謝罪、史郎も電話にて謝罪をしたとのことで、「気持ちは伝わりました。この問題はこれで本当に終わりです。」とコメントし、遺恨は終息に向かった。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

146件中 111 - 120件表示

「内藤大助」のニューストピックワード