146件中 121 - 130件表示
  • 内藤大助

    内藤大助から見た協栄ボクシングジム

    1996年10月11日、プロデビュー戦を1RKO勝ちで飾ると、1998年12月19日、全日本フライ級新人王決定戦で福山登(大阪帝拳)に1RKO勝ちし、9勝1引き分けの戦績で新人王を獲得。2001年7月16日、坂田健史(協栄)の持つ日本フライ級王座に挑戦するも、引き分けで王座獲得ならず(大串事件も合わせて参照)。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た大阪府立体育会館

    2011年11月12日放送のフジテレビ系番組『ジャンクSPORTS』出演中に現役引退を表明。後日正式に引退会見を開いた。12月31日に大阪府立体育会館で行われた井岡一翔のタイトルマッチの前座で引退セレモニー、年明けて2012年1月12日にかつての勤務先である長谷工コーポレーションで引退パーティーを開きエキシビションを披露した。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た白井・具志堅スポーツジム

    2007年7月18日、WBC世界フライ級王座3度目の挑戦で、王者ポンサクレック・ウォンジョンカムに12R判定勝ちし、32歳10か月にして悲願の世界チャンピオンとなる(参照)。内藤は同年1月から白井・具志堅スポーツジムの野木丈司トレーナーに師事し、綿密な作戦とスタミナの強化に努めてきた。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たプリモバイル

    ソフトバンクモバイル プリモバイル「ケータイもってないブラザーズ篇」(2010年)内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たライトフライ級

    WBCよりポンサクレックとの王座統一戦を行うことが義務付けられていたが、前述の熊戦の負傷の影響で延期が認められた。それを受け、ポンサクレックは8月28日に母国で升田貴久(三迫)を相手に初防衛戦を行い、6回TKO勝ちで防衛成功。一方の内藤も統一戦の前に防衛戦を1試合行うことを認められ、11月29日、兼ねてより因縁深かった元WBA世界ライトフライ級王者亀田興毅と対戦。試合は2Rに興毅の左ストレートが内藤の鼻を捉え、このパンチ以降鼻からの断続的な出血を強いられることとなる。その後アウトボクシングをする興毅を内藤が追い続ける展開となったが、興毅を捉えきれず0-3の判定で敗れて王座から陥落した(参照)。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たディファ有明

    2009年5月26日、当時WBC世界フライ級10位の熊朝忠(中国)を相手に5度目の防衛戦。当初は中国・上海での対戦予定であったが、現地のイベント代行業者の不手際によって、直前になり現地での開催を断念。急遽、東京のディファ有明において、前座試合無しのワンマッチ興行、試合チケットは全て当日会場で発売という異例の形で開催された。試合は150cmの熊に再三懐に潜り込まれ、その都度バッティングを受けるなどしてペースを掴めず、終始苦戦を強いられた。5Rに偶然のバッティングで右瞼をカット、6Rにはダウン、更に11Rには口内をカットして出血し、熊の猛攻に防戦一方となった場面もあった。しかし、内藤はパンチを的確に当ててポイントを稼ぎ、全体的には優位に試合を進め、3-0の判定勝ちで5度目の王座防衛に成功した。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た世界ボクシング協会

    2008年7月30日に国立代々木競技場第一体育館で、当時の日本王者清水智信(金子)と3度目の防衛戦。9Rまで清水のアウトボクシングに苦戦しポイントリードを許したが、10Rにカウンターを起点にしたラッシュでダウンを奪う。立ち上った清水に更に畳み掛けて2度目のダウンを奪い、逆転KO勝ちで世界王座3度目の防衛を果たした。なお、この日の興行ではダブルタイトルマッチとして当時のWBA同級王者・坂田健史の防衛戦も行われ、対立する同階級日本人世界王者の競演となった。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た公開採点制度

    当の試合は、序盤からガードを固めて突進する単調な試合運びだった大毅に対し、内藤がガードの上から有効打を浴びせるなど老獪な技術で最終ラウンドまで圧倒し、判定3-0で圧勝、初防衛を果たした。大毅はこの試合で序盤からサミングやローブローを出し、試合中のオープンスコアリングシステムで大毅不利が伝えられると、12Rではグローブの上からサミングを出し更に内藤を抱えて投げ飛ばすなど様々な反則行為を行った。これらを陣営の兄・興毅と父・史郎が指示していた事実も後に明らかになり、日本中からの批判に晒された。内藤は勝利者インタビューで「思った以上にやりにくかった。ただ、ポンサクレックより全然弱かったです」「亀田に初黒星をつけて国民の期待に少しは応えられたと思います」とコメントし、観客から喝采を浴びた。そして内藤は試合後の会見において、「(腫れ上がった両眼周辺を指して)これは全部サミングです。試合中はずっと目ばかり狙ってきた」と怒りを露わにし、「ボクシングは喧嘩ではなくスポーツ。あっちが反省しないのなら、もう亀田兄弟とはやらない」と宣言した。しかし、10月17日に亀田父子が会見で謝罪したのを受け、「ああいう態度の亀田父子を見るのは初めて。僕はもう終わったことだからと割り切っている。いがみ合って終わりになったので『お疲れさま』と讃え合いたい。」と述べ、和解に前向きな姿勢を見せた。大毅は会見の翌日に内藤宅を訪問し直接謝罪、史郎も電話にて謝罪をしたとのことで、「気持ちは伝わりました。この問題はこれで本当に終わりです。」とコメントし、遺恨は終息に向かった。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たU型テレビ

    U型テレビ(北海道文化放送、2011年4月4日 - 2012年3月) - 金曜日レギュラー内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た内定

    進学先の北海道豊浦高等学校にいじめ加害者らが進学しなかったことからようやくいじめから解放され、新しい仲間との出会いを通じて本来の明るさを取り戻す。同校ではハンドボール部に所属し、3年時には同校初の全道大会出場に貢献した。卒業後には洞爺湖そばにあるホテルに調理師として就職が内定していたが、春休みの研修中に些細な理由から上司と口論に発展、内定を取り消されてしまい、就職に失敗する。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

146件中 121 - 130件表示

「内藤大助」のニューストピックワード