冲方丁 ニュース&Wiki etc.

冲方 丁(うぶかた とう、1977年2月14日 - )は、日本の小説家、脚本家。日本SF作家クラブ会員。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「冲方丁」のつながり調べ

  • 林原めぐみ

    林原めぐみから見た冲方丁

    映画『マルドゥック・スクランブル』ではキャスト選考に際し、林原は自身の都合としてオファーを2度断っている。ゴンゾによるOVA製作時は育児のため負担をかけられないという理由だった(1度目)。このとき、「今一度出演検討を」という再オファーがなされた後、仕事を引き受けている。しかしながらこのOVA製作は頓挫してしまったために当時の公開は実現しなかった。製作中止をFAX1枚で知った林原は、早川書房へ原作者の冲方丁宛てに、その心の内を記した手紙を林原本人とわかる業界用のサンプルCDを添えて送っている。また、劇場版製作によるキャスト選考時には「5年前に私だったから、スターチャイルドであるから、といって今私である必要はない。遠慮や気遣いは作品の方向性を見誤らせる」という理由だった(2度目)。しかし、この際にも前回と同様に再オファーがあり、最終的に仕事を引き受けることとなった。アフレコ作業に際して、主人公ルーン・バロットは火傷により声帯(肉声)を失っているという設定であったためにスタッフは試行錯誤を繰り返し、林原は通常のマイクとは別に首と喉に骨伝導用マイクも装着。合計3つのマイクを用いるという一風変わったアフレコを行うこととなった。(林原めぐみ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の近現代文学史

    日本の近現代文学史から見た冲方丁

    現在は一般文芸で活躍する乙一や冲方丁はライトノベル出身、唯川恵、山本文緒、角田光代などは少女小説出身であり、有川浩や桜庭一樹の一部作品など、ライトノベルとして出版されたものを一般文芸として再刊行する例もある。(日本の近現代文学史 フレッシュアイペディアより)

「冲方丁」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「冲方丁」のニューストピックワード