221件中 121 - 130件表示
  • 初音ミク

    初音ミクから見た全国放送

    9月23日 ? テレビ朝日の音楽番組『ミュージックステーション』の特番『30年目突入! 史上初の10時間SP MUSIC STATION ウルトラFES』に番組史上初のバーチャルシンガーとして初出演。尚、テレビ番組では過去2回『ボーカロイド歌謡祭』(フジテレビ系列)に出演経験がある為、これが3回目となる。また、『ボーカロイド歌謡祭』は関東ローカルの深夜放送だった為、全国放送の昼間〜ゴールデンタイムのテレビ番組に出演するのは初となる。初音ミク フレッシュアイペディアより)

  • 初音ミク

    初音ミクから見たベルギー

    ベルギー Image Line製のDAW。開発者の一人が初音ミクに影響を受けてフォーラム内でマスコットの提案を行い、それに答えた日本人のUruidoがキャラクターをデザイン、「FL chan」という公式のマスコットキャラクターが定められた。初音ミク フレッシュアイペディアより)

  • 初音ミク

    初音ミクから見たコーラス (ポピュラー音楽)

    ヤマハの開発した音声合成システム「VOCALOID」に対応したボーカル音源で、メロディや歌詞の入力により合成音声によるボーカルパートやバックコーラスを作成することができる。息継ぎ、強弱も入力可能。また、声に身体を与えることでより声にリアリティを増すという観点から女性のバーチャルアイドルのキャラクターが設定されている。初音ミク フレッシュアイペディアより)

  • 初音ミク

    初音ミクから見たKAITO

    投稿される楽曲の傾向は、発売当初こそ既存の楽曲を初音ミクに歌わせたカバー曲が多くを占めていたが、徐々にユーザーが作詞作曲を行ったオリジナル曲の割合が増えてゆく。オリジナル曲も当初は、9月20日に投稿されて大きな人気を集め、ニコニコ動画で一時は最も再生回数の多い動画にもなった「みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」のような歌うソフトという初音ミクの立場に立った歌詞の楽曲が多いという特徴があったが、同年の末にかけては12月7日にニコニコ動画へ投稿され大きな人気を集めたラブソング「メルト」のように普遍性のある楽曲が増えていった。また、ブームの広がりとともに「MEIKO」や男声VOCALOIDの「KAITO」にも注目が集まるようになり、12月27日にはCVシリーズの第2弾「鏡音リン・レン」も発売され、初音ミクだけでなく他のVOCALOIDをも巻き込んだムーブメントとなっていった。作品の発表の場となったニコニコ動画にとっても、こうしたユーザーのコミュニティが作り上げる作品による文化の定着は好都合だった。初音ミクが流行し始めた当時、ニコニコ動画ではMADムービーのような企業の著作権を侵害した動画への対応を進めつつあったためである。初音ミク フレッシュアイペディアより)

  • 初音ミク

    初音ミクから見たゲーム

    5月29日 - ニンテンドーDSソフト『13歳のハローワークDS』でゲームデビュー。初音ミク フレッシュアイペディアより)

  • 初音ミク

    初音ミクから見たzoome

    この一連の騒動については創作者とそれを受け取るユーザーがはっきり線引きされていることを前提とした著作権処理の仕組みが、一般のユーザー同士で無償でコンテンツを利用し合うという状況に対応していなかったことに問題の原因があったとされている。着うたの無断配信疑惑については、業界の慣行からは問題ないとされる契約書を交わす前に口頭での許諾で配信をはじめるといった手順が一般のユーザーの意識とずれていたことが行き違いの要因として挙げられている。また騒動の背景には、楽曲に関する著作権の他に、コミュニティ上で育ったコンテンツで収入を得る行為を好ましく思わない一部のユーザーの態度や、パブリックドメイン、クリエイティブ・コモンズに関する議論の影響が原因ではないか、との見解が出されている。この騒動ではクリプトンがクリエイター寄りの立場として支持された一方、プロのやり方を貫くドワンゴ・ミュージックパブリッシングや、JASRAC(ただし、JASRACについては単に事務手続きを行っただけである)が批判され、一時はニコニコ動画からzoomeへの初音ミクユーザーの流出も発生したが、クリプトンとドワンゴ・ミュージックパブリッシングの間で比較的迅速に関係修復が図られたこともあり早期に秩序を回復し、その後も流行は拡大を続けることとなる。また、この後にはネットでの流行に配慮した権利処理の仕組みづくりも進められている(詳細は初音ミクのメディア展開を参照)。初音ミク フレッシュアイペディアより)

  • 初音ミク

    初音ミクから見たデフォルメ

    2007年8月31日に初音ミクが発売されると初音ミクを用いた動画が動画投稿サイトに次々と投稿された。それらの中でも特に9月4日にニコニコ動画に投稿されたロイツマ・ガールをアレンジした動画『初音ミクに「Ievan Polkka」を歌わせてみた』は大きな支持を集め、初音ミク人気の発火点となった。この動画は初音ミクの歌声によるIevan Polkkaとデフォルメされた初音ミクが長ネギを振る映像をあわせたもので、初音ミクの定番アイテムとしてネギが定着するきっかけとなる(初音ミクとネギを参照)、派生キャラクター「はちゅねミク」が誕生するなど後に対し大きな影響を与えている。クリプトン側は後にこのはちゅねミクの登場について「創作ツールとしての初音ミクは何でもありだと直感してもらえただろう。可能性が思いっきり拡散して、本当に良かった」と評価している。こうした動画がニコニコ動画やYouTubeで人気となり、それを見た視聴者が初音ミクを購入、新たな動画を投稿するという好循環により初音ミクの人気は膨らんでいった。特にニコニコ動画は動画の視聴者が動画上にコメントを載せることができることを特徴としており、そうした視聴者の反応が得られることも投稿者のモチベーションを刺激した。初音ミク フレッシュアイペディアより)

  • 初音ミク

    初音ミクから見た関東ローカル

    9月23日 ? テレビ朝日の音楽番組『ミュージックステーション』の特番『30年目突入! 史上初の10時間SP MUSIC STATION ウルトラFES』に番組史上初のバーチャルシンガーとして初出演。尚、テレビ番組では過去2回『ボーカロイド歌謡祭』(フジテレビ系列)に出演経験がある為、これが3回目となる。また、『ボーカロイド歌謡祭』は関東ローカルの深夜放送だった為、全国放送の昼間〜ゴールデンタイムのテレビ番組に出演するのは初となる。初音ミク フレッシュアイペディアより)

  • 初音ミク

    初音ミクから見たねんどろいど

    3月31日 - グッドスマイルカンパニー、ディフォルメフィギュア「ねんどろいど 初音ミク」が発売。初音ミク フレッシュアイペディアより)

  • 初音ミク

    初音ミクから見た東北新幹線

    5月11日 - 2011年3月に営業運転を始める東北新幹線の新型車両E5系使用列車の愛称募集で「はつね」が応募数で2位になる。E5系のカラーリングが初音ミクを髣髴とさせるものであったことからネット上で「はつね」での応募を呼びかける動きが起こっていた。なお、愛称には7位の「はやぶさ」が選ばれた。初音ミク フレッシュアイペディアより)

221件中 121 - 130件表示

「初音ミク」のニューストピックワード