212件中 141 - 150件表示
  • 北京市

    北京市から見た北京地下鉄

    市中心部、郊外の交通は、北京地下鉄が担っており、全線2元(約32円、2013年8月現在レート換算)で利用することができる。また、2006年には北京市政交通カードとよばれるICカードが導入されており、自動改札機も全線・全駅で導入されている。オリンピックの開催時やその後に急速に路線網が拡大し、2017年現在計19路線、総延長は574kmである。北京市 フレッシュアイペディアより)

  • 北京市

    北京市から見たシンガポール

    アメリカのシンクタンクが2017年に発表した総合的な世界都市ランキングにおいて、世界10位の都市と評価された。アジアの都市ではシンガポール、東京、香港、ソウル、上海に次ぐ6位である。2017年9月のイギリスのシンクタンクによると、世界10位の金融センターであり、中国では香港や上海に次ぐ3位である。北京市 フレッシュアイペディアより)

  • 北京市

    北京市から見た市轄区

    下部には16市轄区を管轄する。北京市 フレッシュアイペディアより)

  • 北京市

    北京市から見た環状道路

    1960年代 - 70年代に街の交通の障害になるという理由で、明代の内城の城壁が撤去された。その跡には新たに移動の大動脈として一周約32kmの第二環状線が築かれている。その外側にさらに3つの環状線が敷かれており、現在5つの環状道路が開通。第6、第7環状道路は現在計画中である。さらに環状2号線から放射状に12の国道が国内各地にのび、北京から天津を経由して、渤海沿岸の塘沽までなど6本の高速道路が建設された。北京市 フレッシュアイペディアより)

  • 北京市

    北京市から見た興隆県

    1950年12月11日 - 密雲県の一部が熱河省興隆県に編入。(13県1鎮)北京市 フレッシュアイペディアより)

  • 北京市

    北京市から見た標準語

    日本人の語学留学生(標準中国語)の行き先は、北京が一番多い。これは語学留学生を受け入れている学校(大学)数が、中国国内で最も多いことが関係している。また、中国の中心地であるため有名な建築物が多く、比較的標準語に近い言葉を話している地域である。北京市 フレッシュアイペディアより)

  • 北京市

    北京市から見た元 (王朝)

    唐末五代の騒乱期、内モンゴルから南下してきた遼朝は、後晋に対し軍事支援を行った代償として北京地方を含む燕雲十六州を割譲された。遼はこの都市を副都の一つ南京と定めた。その後金朝が遼を滅ぼし支配権を獲得すると、金は北京に都城を定め中都とした。更にモンゴル帝国(元朝)が金を滅ぼすと大都として元朝の都城となり、カラコルムに代わってモンゴル帝国の中心となった。北京市 フレッシュアイペディアより)

  • 北京市

    北京市から見た唐音

    日本では一般的に「ペキン」と読む。このペキンという読みは中国南部の方言の唐音に由来する歴史的な読み方である。1906年制定の郵政式アルファベット表記でもPekingと表記されている。北京市 フレッシュアイペディアより)

  • 北京市

    北京市から見た北京南苑空港

    また、北京中心部から約13キロ南には、清の時代から続く中国最古の北京南苑空港がある。この空港は軍民共用であり、市内へのアクセスが北京首都国際空港よりも良い。北京市 フレッシュアイペディアより)

  • 北京市

    北京市から見た運命 (幸田露伴)

    江戸時代の書物(江原某『長崎虫眼鏡』など)では、「北京」のふりがなは「ほつきん(発音はホッキン)」となっている。幸田露伴の小説「運命」では読みを漢音で「ほくけい」としている。諸橋轍次「大漢和辞典」では「ほくけい」「ぺきん」の二つの読みを併記している。「ほっけい」とも言う。北京市 フレッシュアイペディアより)

212件中 141 - 150件表示

「北京」のニューストピックワード