北海道日本ハムファイターズ ニュース&Wiki etc.

北海道日本ハムファイターズ(ほっかいどうにっぽんハムファイターズ、)は、日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグ所属。 (出典:Wikipedia)

「北海道日本ハムファイターズ」最新ニュース

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「北海道日本ハムファイターズ」のつながり調べ

  • 日本シリーズにおける各種記録

    日本シリーズにおける各種記録から見た北海道日本ハムファイターズ

    1962年第3戦・東映フライヤーズ 4-4 阪神タイガース(明治神宮野球場、日没のため引き分けコールドゲーム)(日本シリーズにおける各種記録 フレッシュアイペディアより)

  • 宮田征典

    宮田征典から見た北海道日本ハムファイターズ

    引退後はからまでアール・エフ・ラジオ日本解説者。に巨人の一軍投手コーチに就任するが最下位に低迷し、翌は二軍投手コーチを務め解任された。その後は卓越した投球理論や投手育成法が評価され、日本ハム( - 二軍投手コーチ)、からまで文化放送解説者。西武(一軍投手コーチ, 二軍投手コーチ)、巨人( - 二軍投手コーチ、 - ・一軍投手コーチ, 二軍投手総合コーチ, 一・二軍統括投手総合コーチ)、中日(一軍投手コーチ)でコーチを歴任。西武時代には当時若手であった工藤公康・郭泰源を指導したほか、年齢の壁にぶつかっていた高橋直樹を立ち直らせた。工藤は球速を10キロアップさせ、エースへと成長した。巨人ではコーチ2期目に桑田真澄を立ち直らせ、3期目には上原浩治らを指導した。中日のコーチになったのは星野仙一監督に招聘されたものであり、ルーキー時代の川上憲伸や、肩の故障から伸び悩んでいた野口茂樹らを指導。野口は1998年14勝、防御率トップのエース級へ育てた。3年連続で4点台と低迷していたチーム防御率を3.14とした(12球団1位)。中日のコーチを体調不良を理由に1年で辞任、その後巨人の投手コーチに復活したが星野によると巨人の上層部から「なぜ中日のピッチャーが急によくなったんだ。なぜ宮田を出した。絶対に奪い返せ」という大号令があったのだという。木田優夫は「宮田さんには、つきっきりで投げ方の指導や、すべてを教わりました。1年目が終わったオフは12月末まで練習して、1月5日くらいから始動。マンツーマンでもうキャッチボールの初球から「投げ方が違う!」と怒られました。それくらい徹底して教えてもらいました。また、抑え投手のルーティンなどが書かれたメモも見せてもらうなど、いろいろ教えてもらいましたね。」と述べている。巨人で選手、コーチで同僚だった関本四十四は「コーチとしても素晴らしい再生屋だった。一度フォームをバラバラに解体して、投手を作り直す。オレも巨人で一緒に投手コーチをやったが、宮田さんの見事な再生屋ぶりには、感嘆するしかなかったね。今でこそ誰も持っている、チャックのついた手帳を最初に使ったのも、宮田さんだった。ブルペンでの投球数から始まり、事細かに書き付けた宮田さんのチャック付きの手帳は、これまた元祖だったね。」と述べている。広島の長谷川昌幸も低迷時に球団の了承のもと当時解説者の宮田の指導を仰ぎ、翌年二桁勝利を挙げた。(宮田征典 フレッシュアイペディアより)

「北海道日本ハムファイターズ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「北海道日本ハムファイターズ」のニューストピックワード